TOKYOlife(東京ライフ)

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. ASSOS PROSHOP TOKYO WEST
  4. ぶっちゃけ徹底比較?!レインジャケットのあれこれ

2019.07.22 Mon

ASSOS PROSHOP TOKYO WEST

ぶっちゃけ徹底比較?!レインジャケットのあれこれ

ASSOSのレインジャケット2種について、その違いを紐解いていこうというこのブログ、前提として共通点をご案内した前回ブログ(ASSOSレインジャケット2種【シュロスフントVSストームプリンス】)に続いて、今日は【比較編】です。

お付き合いくださいませ~~。

では早速…まいりますっ!  

 

ぶっちゃけ防水性が高いのはどっち?!

いきなりズドンと直球の比較ですが、ぶっちゃけストームプリンスです。(直球)

ストームプリンスは17,000mmの耐水圧を持ち…って

耐水圧についていきなり17,000mmとか言われてもピンとこないですよね。そこが詳しく知りたいという方は是非ともコチラ(過去ブログ:結局、雨の日に走るには何があればいいの…)で確認してみて欲しいのですが、

雨にも強さがあります。

小雨、中雨、大雨、嵐と、防水性が試されるシーン別で対応度を見ていきましょう。

小雨・・・約300㎜の耐水圧が必要

中雨・・・約2000㎜  〃

大雨・・・約10,000㎜  〃

嵐・・・約20,000㎜  〃

と、区分することができ、小雨、中雨では2モデルとも余裕でこなします。差が出てくるのは大雨から。

シュロスフント(カラー:ローリーレッド) を着ているオガワ

ストームプリンス(カラー:ナショナルレッド)

シュロスフントは大雨では少し厳しいかな、といった防水性。いけないことは無いですけど、濡れないとは言いにくい。その点、ストームプリンスは嵐がギリギリアウトかも…といったレベル。大雨はへっちゃらです。やるやん、ストームプリンス!

 

ただ、、嵐が来るときは自転車に乗らないでください…。危ないですから。

それなら、風を通さないのはどっち!?

こちらもストームプリンスに軍配が上がります。真冬の冷たい風に対応できるのはストームプリンスを選んでおいて間違いはないです。

実際、-2℃でもインナーのジャージの保温力を逃すことなく、厳冬期であっても快適なライドを可能とする、真冬必須といっていいジャケットです。シュロスフントも一般的なウィンドジャケットに比べても防風性が高いのですが、ストームプリンスの安心感には及ばず。

防水性、防風性と悪環境になればなるほどに、ストームプリンスが優位なのがお分かりになるかと思います。

…。シュロスフント、大丈夫?

 

レインジャケットの敵、蒸れに強いのはどっちなの

遂に、シュロスフントの良いところがやってきたようです!

それは、透湿性27,100g/㎡/24hという数値。

透湿性とは、24時間あたりで何グラムの水分を生地の外側に放出できるのかを数値化したものです。シュロスフントの場合だと、24時間で27,100gの水分を放出することが可能です。1時間だと約1,129g…。

1時間で1,129gの水分を放出?!

超びっくりです。

一般的な成人男性が、ランニングなどの激しい運動で1時間に発汗する量は約1,000gと言われており、それを放出しきる能力があるのだというのだから本当に驚き。。蒸れやすい比較的温暖なシーズン、特に梅雨時季にはベストマッチな性能です。

それでいて防水とは…。

やるやんシュロスフント!!!

とはいえ、ストームプリンスの透湿性も決して低い値ではない13,500g/㎡/24hという数値をマークしていて、1時間には約563gの水分を放出します。あまり汗をかかないシーズンにはピッタリです。

続いて、

持ち運びしやすくないと嫌です!!

という人には特に気になるのが「携行性」。要するにどのくらいコンパクトになるのか、ということ。

それは、コレを見れば一目瞭然。

ストームプリンス、畳むとこんな感じ

畳み方が雑ですみません、もう少し頑張ればもう少しコンパクトになります…

シュロスフント、畳むとこんな感じ。170gという軽さ

シュロスフントの携行性◎◎◎

シュロスフントはバックポケットに完全収納可能です。生地も薄く雑に畳んでもこんなにコンパクトなので、持ち運びのしやすさはピカイチです。

ただ、よく考えるとレインジャケットをバックポケットに収納すること自体、めちゃすごいことなんですけどね。。(それならもっとちゃんと畳めよ自分!)

 

  さて、2種類の大きな違いがお分かりいただけましたでしょうか。

同じレインジャケットのはずなのに、それぞれ変わった特徴があり、使用シーンで使い分けることができます。

シュロスフント

比較的温暖なシーズンには最適、春、夏、秋、初冬といった時期のレインジャケットやウィンドジャケットに

ストームプリンス

厳冬期や大雨といった、より過酷な環境下でのレインジャケットやウィンドジャケットとして最強の性能を発揮してくれます。

 

長くなってしまいました。。。ですが、他にもここに書ききれないほどの細かな仕様の違いがあり、性能も説明しきれていないのがモドカシイです…。

でもそれは、是非ともお店で聞いてくださいね(笑)

 

それでは今日はこの辺で失礼します~~!

 

あっ!

今週土曜は、「オガワの日」ですからね!

ASSOSの申し子オガワ氏のアドバイスもあり、アナタに合ったレインジャケットを一緒に選びましょう。

それでは、お店でおまちしておりま~~す!(笑)

 

ユミザ

>>ASSOSのレインウェアはコチラ

>>ASSOSの商品一覧へ

>>ASSOS PROSHOP TOKYO WESTはここにあります

この記事を書いた人

ASSOS PROSHOP TOKYO WEST

ASSOS PROSHOP TOKYO WESTスタッフがお店の情報や最新入荷情報、日々の出来事をつづっています。

▼ASSOS PROSHOP TOKYO WEST特設ページ
http://www.tokyolife.co.jp/feature/shop/assos.html

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...