TOKYOlife(東京ライフ)

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. ASSOS PROSHOP TOKYO WEST
  4. 【ASSOS】国内最速!?オガワがMILLE GTSのレビューをしてみた!

2021.02.17 Wed

ASSOS PROSHOP TOKYO WEST

【ASSOS】国内最速!?オガワがMILLE GTSのレビューをしてみた!

オガワです。

二週間ほど前に発売開始されたASSOSの2021年新作であり、目玉商品でもある【MILLE GT SUMMER BIB SHORTS GTS】(略称:GTS)。会社内でASSOSの主(ヌシ)ともいわれる私が早速通勤で使ってみましたので、そのファーストインプレッションをお届けします。

前半は画像多めですので、飛ばして読みたい方はこちらへ

パッケージ開封の儀からいきたいと思います。

まずは外観。上部に大きく入ったGTSの文字。



サイドには何やらいろいろ書いてありますね。
「過酷な環境下でのストレステスト」
「洗練された細部の仕上げ」
「サドル上で最高の機能を発揮」
(すべて意訳)

そして、GT、GTSの横にはGTOという見たことない単語が…(詳細は不明です)



本体ボックスはスリーブケースの中に入っています。




蓋を開けるとASSOSモノグラム柄の柔らかい紙に包まれ、さらにその中にはプロダクトカードが。




やっと出てきました。


まず注目すべきは、新素材<OSSIDIA>(オシディア)です。40ゲージの縦編生地を使い、肌触りの良さ(柔らかさ)とコンプレッションを両立した生地。特に顕著なのが太もも回り。ホールド感が違います。


裾のバンドが新しいものになりました。幅広となり、締め付けソフトになりながら、ドット上のシリコンストッパーが施されています。

透けるほど通気性が高いので、特に真夏で効果を発揮してくれそうですね。


サスペンダーについているこのタグは、デザインと機能を兼ね備えたもの(サスペンダーの安定性やねじれ防止のためらしいですよ)


腹部の端の処理が少し変わりました。生地を折り返しているので、耐久性は確実に上がっている、というところ。

S9の処理と比べると、改良されていることがよくわかりますね。


さて、このGTS最大の特徴は、8㎜+4㎜の合計12㎜にもなるパッドフォーム!具体的にどこが12mmになっているのかというと、この付箋で示した部分なんです。


ゴールデンゲートの横部分からパッドを除くと、その様子がよくわかります。上部が4㎜パッド、下部が8㎜パッドとなっているようです。これ、それぞれで微妙にパッドのクッション性が違うようなので、大きな振動・細かい振動ともにしっかり軽減してくれるんです。


「ハンガー等にかけたとき、立体的なシルエットになるビブは良いビブだ」と言われることがあるようですが(しっかりしたパッドや立体構造は色々とコストがかかるため)このGTSもご多分に漏れず、しっかり立体的シルエットを維持していますね。

さて!ここからが国内最速で最短のインプレッションです。

<着用感>個人的にはS9に引けをとらないコンプレッションだと感じました。特に、ハムストリングス~大腿四頭筋にかけての太もも回りの締め付け感が秀逸です。程よいコンプレッションが効いてて、心地良さすら感じます。と共に、引き締まる感じ。これを穿くと「よし!自転車乗るぞ!」そんな意欲さえ湧いてきます。

<パッド>分厚いパッドの場合、股下(サドル高)に影響することもありますが、僕自身がそこまでシビアではないため、サドルの高さを変える必要ありませんでした。驚いたのは、はやりその振動吸収性の高さ。普段の通勤路はそこそこの大通りを通り、路肩が劣悪な場所もあるのですが、体への振動やダメージは以前に比べ大幅に・確実の軽減されました。
また、私の場合、ライドで必ず発生するお尻へのダメージ(痛み)も、一切なし!という状況。これなら、150kmなどでのロングライドでもまったく恐れることなくライドに出られそうです。

<デザイン&見た目>個人的にはASSOSのロゴはエリプスマークよりプリントのAマークが好みですが、このエリプスは今までのビブについてきたものより少し大きめで目立ちますね。ASSOSであることを強調したい派なので、少し大きめのこのロゴは大歓迎です。


背中側のサスペンダーが白っぽいので、白系ジャージを着ても透けにくい、というのもポイントかもしれません。ジャージから透けるのが嫌で、黒系のサスペンダーを避ける人も少なからずいるようなので。

<総評>全体的に本当に良くまとまっていると思います。完成度が高すぎて、逆にネガポイントを見つけるのが難しいくらい。機能的にも価格的にもMILLE以上でEQUIPE S9以下というところで、本当に「痒い所に手が届く」商品が出てきたと思います(むしろ、機能的にはS9に肉薄する勢いだと感じます)。体系的に通常のMILLE GTは緩いので、GTSのフィット感は最高に気持ちいいです。サイズはいつも通りのXSです。S9でもXSですので、そこは変わりません。個人的にはS9とほぼ同等のフィット感に思えます

こんな人に向いているかもしれません、というのは以下の感じ。
ロングライドでお尻が痛くなるなど、何かしらお尻のトラブルがある人
ビギナーからステップアップでちょっといいビブが欲しい人
屋内ローラートレーニング用
昨年からの流れでスマートトレーナーを使ったインドアトレーニングはもはや定番化し、完全に新しいマーケットになっていると思います。そんな中、ポジションの変化が少ないローラー台での走行はお尻へのダメージも実走に比べて大きいと言われています。実走よりローラー中心!なんて方には結構いいアイテムなんじゃないかな~と思った次第です。

現状、ほぼ無敵に近いビブが出てきたと思います。S9を使っている人にはセカンド用として、MILLE GTを使ってる人にはステップアップとして。今までは向き不向きで提案できるビブもそれぞれ、という感じでしたが、ここまで万人におすすめできるアイテムもなかなか珍しいと思います。それくらい、久々に良い商品に出会ったなーという印象!


(この手の説明文は世に溢れてますが、こんな定型句じゃちっともわからないですよね。だから、いち早く使用者の声を届けたかったのです…)

まだ在庫はある方ですが、ライドシーズン真っ盛りな5月6月には在庫切れのサイズが出てくるかもしれませんので、本当に早いうちに買った方がいいです(毎年口を酸っぱくして言ってることですけどね)

次回は、ロングライドや高強度での使用について書けたらと思います~。

>>MILLE GTSの商品ページへ<<

オガワ

この記事を書いた人

オガワ

自転車が好きすぎてTOKYO WHEELSで働き始めてしまった自転車バカ(坂バカ)。今ではお店に立つことはほとんどなくレアキャラ化しており、基本的には中の人として仕事に従事。様々なサイクルウェアブランドの仕入れを行い、実際に身に着けて走る中で、それぞれの良さを見つけ出し情報発信し続けていく。

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2021年4月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...