TOKYOlife(東京ライフ)

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. TOKYO WHEELS 大阪店
  4. ASSOS PRO SHOP OSAKAレインウェア揃ってます。

2019.06.14 Fri

TOKYO WHEELS 大阪店

ASSOS PRO SHOP OSAKAレインウェア揃ってます。

ASSOS PRO SHOP OSAKAのキタグチです。

下の画像、これら全てASSOSのレインウェアです!ずらりと全部。

現在、ASSOS PRO SHOP OSAKAではレインウェアをいつもより多めに展開中です。

なぜだか分かりますか?

梅雨だから!!

張り切って言うまでもないですが必要な時ですよね。

それぞれ着比べて、お好みのレインウェアを見つけて下さい。

 

ASSOSのレインウェア一覧

ここで簡単にASSOSのレインウェアについておさらいしておきます。
ラインナップを書き出すと以下の通りです。

rS.sturmprinz EVO
rS.sturmPrinz EVO profblk
SchlossHund EQUIPE RS
climaJacket MILLE GT
LIBERTY RS23 thermo rain jersey

上の2つ、ストームプリンツは、ASSOSを代表するレインウェアの王様ですね。

3つ目のシュロスフントは、ストームプリンツの弟分と言うか「薄型軽量タイプ」です。
このシュロスフントが登場するまではストームプリンツを1年通じて使用していましたが、薄型の登場でサマーシーズンはシュロスフントを使うという方も増えてきています。
(どちらも通年モデルですが少し棲み分けされた感じ。)

4つ目は、レインフェアとウィンブレの中間的な存在で、両方のいいとこ取りをしたモデル。価格も抑えめなので入門者におススメのレインウェアです。

最後は、昨日のモガワblogでも紹介されていたレインジャージですね。気温や運動強度が高くジャケットだと暑すぎるというシーンで有効です。

 

キタグチお勧めは「城の守り神」

この中でキタグチ的お勧めは、薄くて軽量、透湿性も高いシュロスフントです。

SchlossHund=シュロスフント=城の守り神」こんな意味のあるレインジャケットです。

左袖に入る”SchlossHund”のロゴが非常にクールな1枚。

バックにはセンターラインにリフレクター、ポケットスロットも完備していますので、ジャケットの中に着用しているジャージのバックポケットに外からアクセスできます。そして、その切り込みがベンチレーションとしての役割も果たし背中の蒸れを放出します。

シュロスフントは蒸れにくいレインウェアなのです。

また、視認性はすこぶる高く曇天・雨天でも安全です。正に「守り神」。

 

レインキャップとレインシューズカバー

ASSOSのレインウェアはジャケットだけでなく、レインキャップやレインシューズカバーも揃います。

この辺りも明らかに天気が悪くなるけど走りに行くという方は、揃えておく方がいいでしょう。

冬場は防寒具代わりにもなりますしね。


RAINCAP_S7


ASSOSOIRES rain bootie

 

雨の日のサングラス

ASSOSからもサングラスが出ていますので、そちらで揃えて頂くのも良いのですが、残念ながら現在欠品中です。

そこでお勧めするのが、最近新たに調光レンズモデルが追加された100%のアイウェア。

調光レンズですから、レンズ交換不要で晴天時はスモークがかかり曇天時にはクリアに代わってくれます。

紫外線量に応じて自動でレンズの色が変わりますので、間違いなく便利。天気の変わりやすい日や日中から日没まで走る時は無くてはならない機能です。
100%サングラス一覧

このブログ撮影の日は今にも降り出しそうな曇天だったのでレンズがクリアな状態です。


SchlossHund EQUIPE RS

お天気悪くてもASSOS PRO SHOP OSAKAでお待ちしております。

ジャケット各種の違いは店頭でご確認いただけます。

ASSOSレインジャケット一覧
ASSOS製品一覧
ASSOS PRO SHOP OSAKAの記事一覧はこちら

キタグチ

 

・・・ASSOS PRO SHOP OSAKAこの時期のお勧めアイテム・・・

梅雨でジメジメ。梅雨が明ければ灼熱の夏が待ち受けるこの季節。共通して必要なのがドライな着心地のベースレイヤーです。

ASSOSベースレイヤー一覧

この記事を書いた人

キタグチ

私の身体は、自転車とファッションとユーモアで出来ています。自転車をファッションの一部と捉え、洋服を身にまとうように自転車に跨ります!自分の力でどこまでも自由に進む自転車は、乗り方もスタイルも全て自由で、縛るものはありません。自分の信じる”カッコいい”で楽しくペダルを回しましょう!!

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...