TOKYOlife(東京ライフ)

2016.06.30 Thu

TOKYO WHEELS 大阪店

ハットのスゝメ

 

narifuri(ナリフリ)のカブリモノ。毎夏定評がありますね。
今期は特に、ハットが粒揃い。

バケットハットなどのアウトドア系のカブリモノ人気がひと段落して、今また注目されているのがハットです。

 

ロングブリム(長ツバ)やボーラーなどタイプはさまざまですが、まずはハードルの低い、スタンダードなソフトハット型がおすすめです。

 

c099

narifuri x CA4LA ヘビーメッシュハット / narifuri(ナリフリ)¥16,200 (税込)

 

DSC09009

 

narifuriが今回はじめて、あの「CA4LA(カシラ)」に別注。
通気性抜群のヘビーメッシュ素材を型崩れしないようハードに成型。
日本人の頭に合ったサイジングと形の良さはさすがCA4LAといったところです。

 

DSC09010

 

被る人を選ばない、長すぎず短すぎずのフロントフラットブリム(つば)と
軽快な印象を与えるテールの反り。自転車に乗ったときにテールが背中に当たりにくいのも良いです。

 

DSC09011

リボンはnarifuriオリジナルのジャガードカモ。
フロントブリム幅は6センチ強。初めてハットに挑戦される方にもベストな長さです。

 

 

・・・お次は流行の、麦わら風のストローハット。
しかも、国内の人気帽子デザイナーの多くがこぞってリコメンドする「ペーパー繊維」を使用(紙が練りこまれている布繊維)。

ma99

フォルダブルハット / narifuri(ナリフリ)¥14,040 (税込)

 

DSC09016

 

こちらもブリム幅は最も?使いやすい6センチ+。そしてリボンはnarifuriオリジナルのジャガードカモ。

 

DSC09018 DSC09019 DSC09020

 

更には、近年少しずつ数を増やしている、くるっと畳んで持ち運べるジャーニータイプ。

 

DSC09025 DSC09027 DSC09030

 

ノスタルジックでいて実は“最旬”。普通のようで実はかなりお洒落。そんなハットです。

 

DSC09022boller

凹んでいるクラウン(頭頂部)をわざと膨らませて、ボーラーハットのように被ってもお洒落ですよ。

 

 

ハットはただ被るだけで、スタイル問わずドレス寄りにまとめてくれる便利アイテム。
コーディネートがシンプルになり過ぎる夏こそひとつは持っていたいもの。
今夏はひとつ、サイクルキャップやBBキャップから脱却してみませんか?

 

(シゲマツ)

この記事を書いた人

シゲマツ

ブロックタイヤの自転車たちとブロンプトンを相棒に、ダートライド・釣り・キャンプ・トレッキング・スノーボードなどお休みのほぼ全てをフィールドでの活動にそそぐチューネン。およびTOKYO WHEELS 大阪店店長。ボクにとって、ブログはご飯を食べるのとおんなじです。執筆頻度が高すぎてウザいことも多々あろうとは思いますが、何卒ご容赦のほどを・・。

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...