TOKYOlife(東京ライフ)

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. TOKYO WHEELS 三宿店
  4. 雨の日にこそサドルバッグ。

2019.06.11 Tue

TOKYO WHEELS 三宿店

雨の日にこそサドルバッグ。

こんにちは。イキです。

昨日のブログの続きではないですが、、梅雨になってしまいましたし、ここはサドルバッグをレイングッズという観点からご紹介しておこうと思います。

少し前にAPIDURA(アピデュラ)の待望の再入荷もありましたしね。

まあ、レイングッズの観点からとか言って、そんな大それたことを言うつもりは全くなく、ただ単に、ほとんどのサドルバッグが、まず基本的に防水性を持ち合わせているため荷物が濡れることがないということ。

あと、割と大きめのサドルバッグであれば、バッグ本体が泥除け代わりにもなってしまうという辺りで。実は、意外と雨との相性がピッタリだったりするんですよね。雨の日にこそサドルバッグなんです。

もちろん、防水性が高いことに越したことはないので、APIDURAの“ドライ”シリーズは、そういった意味では特にこの時季はオススメかもしれません。

合成繊維の中でも最強と囁かれる「ハイパロン」の派生素材「TPUハイパロン」と言われる、高い防水性を誇る頑丈な素材を採用し、素材同士を熱圧着処理。シームレスに仕上げることで、極めて高い防水性を実現しています。

雨の浸入の余地はなく、上から降ってくる雨に加え、下から巻き上げられる泥ハネも物ともせず、内部の荷物をしっかり守ってくれます。

とはいえ、基本的にドシャ降りのような雨の中を走ることは、誰も想定はされていないと思うので、FAIRWEATHER(フェアウェザー)や

REVELATE DESIGNS(レベレイトデザイン)、

RESTRAP(リストラップ)といった他ブランドのサドルバッグでも、全く問題ありません。

むしろ防水性に拘りすぎて、ご自身の自転車との相性が悪くなっては元も子もないですから、実際に色々合わせてみてお好みのモノをお選び下さい。

冒頭でも言いましたが、ちょうどAPIDURAの再入荷時期にも重なり、期せずしてサドルバッグのラインナップが充実しています。まだ、サドルバッグをお持ちでない方は、このタイミングで導入されてみては如何でしょー。

イキ

この記事を書いた人

イキ

地方出身の自分は、子供の頃から移動手段は自転車!中学、高校と片道40分の通学は正直辛かった...。その頃は電車通に憧れたものでしたが、上京し満員電車にカルチャーショックを受けうんざりしました。 東京ライフに入社し結局、自転車通を再開!!ストレスは激減しております。いやぁ、自転車って本当にいいもんですね~

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...