TOKYOlife(東京ライフ)

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. TOKYO WHEELS 三宿店
  4. beruf(ベルーフ)のNEWバッグに興味津々。

2019.10.08 Tue

TOKYO WHEELS 三宿店

beruf(ベルーフ)のNEWバッグに興味津々。

こんにちは。イキです。

遅ればせながらberuf(ベルーフ)のNEWバッグが気になっていたのでピックアップしようと思っていたら、、

タイムリーにもキタグチ氏が、berufバッグの選び方についてのエントリーしていたので、あわせてコチラもチェックして頂けるとより分かりやすいかも。

たくさんあるberufバッグの選び方(見分け方)。

さて、今回ご紹介しよう思っていたのはコチラのバックパック。

ミニマルスクエアバックパック【GEARED LINE/GO OUT DURON/16L】¥16,000 (税抜)

最近注目のライフスタイル向けGEARED(GR)ラインのバッグパックです。

相変わらずの洗練されたアーバンなミニマルデザインは健在。ファッションを選ばない全方位的におすすめなデザインは魅力的過ぎます。端的にカッコいい。

そして、その見た目同様、シンプルな構造が私的には非常に好印象。

メインコンパートメントへのアクセスはこのセンタージップのみ。

中は意外にも至ってシンプルで、一切無駄な内ポケット等はありません。berufのバッグと言えば、どちらかというと内ポケットやオーガナイザーの充実が魅力でもあったと認識していたのですが、、このバッグは違うようです。デザインに限らずミニマル化を突き詰めたような構造です。

まあ、とはいえ一応、背面にはタブレットなど収納可能なPCスリーブ、

お決まりの小物収納に優れたサイドポケットはちゃんとあります。(笑)

ちなみに、このサイドポケット今までは、左右独立していましたが今作では筒状に繋がっています。つまり、左右からアクセス可能な横長のポケットといった感じ。

正直、これらのポケットまで無くなってしまったら、全く興味をそそられないところですが、最低限のポイントをしっかり抑えてあるので問題なし。逆にシンプルなつくりのおかげで、非常に分かりやすくなり。俄然興味ありです。

確かに小物が多い方には、あまり適さないかもしれませんが、私としてはPC収納と、財布やスマホが入る程度のポケットがあれば十分ですし。最悪バッグインバッグとかあればいいですもね。

内ポケット多いと逆に手に余ることが多いので、、それならこういったシンプルなモノの方が好感が持てます。

サイズ展開は小振りな16Lに加え、デイリーユースに最適な22Lも展開され、使用されるシチュエーションやお好みによってサイズを選べるのも嬉しいポイントです。

ミニマルスクエアバックパック【GEARED LINE/GO OUT DURON/16L】¥16,000 (税抜)
ミニマルスクエアバックパック【GEARED LINE/WORK OUT DURON/22L】¥17,000 (税込)

無駄をそぎ落とした、ミニマルスクエアバックパックは、新たなバッグのトレンドになり得る存在かもしれません。ご興味ある方は是非店頭でチェックしてみて下さいませ~。

イキ

この記事を書いた人

イキ

地方出身の自分は、子供の頃から移動手段は自転車!中学、高校と片道40分の通学は正直辛かった...。その頃は電車通に憧れたものでしたが、上京し満員電車にカルチャーショックを受けうんざりしました。 東京ライフに入社し結局、自転車通を再開!!ストレスは激減しております。いやぁ、自転車って本当にいいもんですね~

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...