TOKYOlife(東京ライフ)

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. ASSOS PROSHOP TOKYO WEST
  4. 【ASSOS】「タイツonビブ」という新しいスタイルの提案

2020.10.14 Wed

ASSOS PROSHOP TOKYO WEST

【ASSOS】「タイツonビブ」という新しいスタイルの提案

めっちゃ寒くなったと思ったら、平年並みの気温に戻ったり、忙しい陽気ですねぇ。夏の疲れも出始めて、体が追い付きません。

こんにちは、オガワです。

東京地方はここ最近、週末にかけては雨予報が続いてますね。どこにも出かけず家で過ごす、という方も多いのではないでしょうか。

知人が買い物に来てくれるというので先週の土曜日は久しぶりに少しだけお店にいたのですが、沢山のお客さんにご来店いただいてました。雨だと暇と思われがちですが、雨の日=ライド出来ない、ということで土日が天気悪いと思いのほか動員数が多かったりします(笑)

さてさて。今シーズンは数は多くないものの、秋冬の新作がリリースされています。一番の注目は、何といってもやはりS9シリーズのビブタイツが登場したこと。

かつてのBONKA TIGHTSの進化系というところですが、BONKAの生地の特性を活かしながらパッド部分のフィット感はS9に進化。これって最強のタイツだと思うんですよね。

このタイツについては今度じっくりご紹介するとして、今回ご紹介するのは別のタイツです。その名も【MILLE GT Winter Bib Tights no Insert】です。

注目すべきは、商品名の中に入っている「no insert」の文字。一般的には「without chamois」とかって書かれることが多いのですが、つまりは「パッドのついていないビブタイツ」ということです。

そう、ついにASSOSがパッド無しタイツをリリースしたのです!「パッドのついていないタイツなんて、必要?」と思われるかもしれませんが、意外や意外。これ、実は冬のライドで超活躍するアイテムと言えます。


この写真、分かりにくいかもしれませんが、S9ビブショーツの上にパッド無しタイツを穿いています。そう、いつものビブショーツの上からこのタイツを着用するだけ。寒くなるとよくある「洗濯したビブのパッドが乾いてなくて翌日穿けない!」という思わぬトラブルを回避できます。冬場でも、たくさん持っている夏用のビブショーツを思う存分穿くことが出来る、ということですね。


こうしてパッド付とパッド無しを比べてみると、その差は一目瞭然ですね。

裏返せば、尚更のことです。

また、このタイツは【MILLE】カテゴリーに属するアイテムなので、フィット感も優しめ。例えば自転車通勤などで、朝急いでいるときにはパッとすぐに穿けるのが嬉しいポイントでもあります。

パッドが付いていない分、ASSOSのタイツの中ではかなりお求めやすいお値段。もちろん、パッドが付いていないだけで、それ以外の機能的な部分は【MILLE GT Winter Tights】と全く同じです。

肌触りが良く、保温性の高いRXフリースは晩秋~初冬に最適ですよ(気温目安5~10℃)

初めてのASSOSの入り口が、こういうアイテムっていうのもアリだと思うんですけどねぇ。あとは、諸々の事情により「これ以上ビブを増やしたくない!」っていう人にもいいかもしれません。

各種ウォーマーを凌駕し、一番簡単に、低コストで温かさを手に入れられるこの「パッド無しタイツ」は覚えておいて損はありませんよ。

>>MILLE GT Winter Bib Tights no Insert<<

オガワ

この記事を書いた人

オガワ

TOKYO Wheelsが好きすぎてついにはTOKYO Wheelsで働き始めてしまった自転車バカ。いわゆる坂バカでもある。今ではお店に立つことはほとんどなくレアキャラ化しており、基本的にはWebの中の人。自転車とファッションを融合させ、それをカルチャーとして発信すべく、日々奮闘中。

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2021年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...