TOKYOlife(東京ライフ)

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. ASSOS PROSHOP TOKYO WEST
  4. ASSOSで決める、最強のアーバンライドウェア

2020.04.04 Sat

ASSOS PROSHOP TOKYO WEST

ASSOSで決める、最強のアーバンライドウェア

オガワです。

9年前の震災後には、自転車通勤が世間的に盛り上がりました。エコが叫ばれ、車や電車通勤を控え、二酸化炭素の排出量を減らそうという理由だったりもしましたが、一番の理由は「多くの人が帰宅困難となったこと」ではないでしょうか。

私もその日に限って電車通勤だったので、職場から世田谷の家まで18kmを歩いて帰りました。もちろん靴擦れしましたし、めちゃくちゃ疲れましたが、地元に着いた時の安心感を今でも覚えています。

それから9年。まさか世界的に疫病が流行し、このような事態になるとはだれも予想できなかったと思います。まさに「見えない敵」と戦っている、そんな日常です。


私たちのお店やWEBでもこのネックカバーが一日に10枚以上売れています。花粉の時期と重なった今回の新型ウイルス、なんとまぁタイミングが悪いというか。

マスクが未だに供給不足な今、この手のアイテムには高い需要がありますね。フィルターを取り外せば洗えますし、まさしく「エコ」でもあります(とか言いながら、もう在庫尽きたみたいです。ゴメンナサイ!

そして、今お店に来る方の声で多いのが「自転車通勤を始めようと思っている」というもの。寒さも峠を越え、ようやく春になり、また、密閉空間である通勤電車を避ける、ということでしょう。

世間的には「サイクリストはライドを控えよう」という風潮になっていますが、必ずしもライド全部がダメというわけではありません。免疫力向上のため、軽い運動はむしろ推奨されているぐらいです。ソロライドならありなのか、なぜグループライドはだめなのか、そういった論争があるようですが、ここではその点には触れません。

かく言う私ですが、できるだけ自転車通勤するようにしています。健康維持にも役立ちますし、何より、満員電車などの人混みを避けることもできます。マスクつけての自転車は酸素摂取量が減ってかなり厳しいトレーニングな感じになりますが(笑)

最近思ったのは、全員が私のようにトレーニング強度で自転車通勤しているわけではない、ということ。もっとラフな格好(楽な服装)でもいいじゃん!ということで、先日の撮って出しがコレ。

ASSOSで作る、究極のアーバンライドスタイルです。

今回着用しているのは、もともとはASSOSのオフロードコレクションのアイテム。マウンテンバイクに乗る時に活躍するようなものなんですが、「いや、実際これ着てMTB乗って走る人って日本に何人いるの?」的な話になりまして。

であれば、TOKYO WHEELS流の解釈で、「最上級のシティライド向けウェア」ってことでオススメしようと思っているわけです。

トップスはTシャツ以上、ジャージ未満のこちらのアイテム。適度に緩く、適度に細め。ボトムスはレーパンの上に穿くにはぴったりな「オーバーショーツ」。その上にフード付きのシェルを重ねれば完璧ですね。足元はSPDやスニーカーが気分です。ヘルメットも、気合入れすぎてる感じがしないGIROのSYNTAXがちょうどいい温度感。

ロードに乗る時に、ちょっとラフな格好だっていいじゃないですか。

こんな感じで、動きやすさと汗の処理などを考えながら、気兼ねなくカフェに立ち寄れるスタイル。

仲間とワイワイ走れる日が来るのはちょっと先になっちゃうかもしれませんが、一人でサイクリングに出かけたり、これを機に自転車通勤を始めようと考えているかたは、是非とも我々TOKYO WHEELSにご相談ください。ウェアのことなら可能な限りお応えしますよ。

オガワ

この記事を書いた人

オガワ

TOKYO Wheelsが好きすぎてついにはTOKYO Wheelsで働き始めてしまった自転車バカ。いわゆる坂バカでもある。今ではお店に立つことはほとんどなくレアキャラ化しており、基本的にはWebの中の人。自転車とファッションを融合させ、それをカルチャーとして発信すべく、日々奮闘中。

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2020年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...