TOKYOlife(東京ライフ)

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. Tokyo Motorist
  4. ここ数日で花粉症の症状に変化が出た方はこれが原因かもしれません。

2019.03.29 Fri

Tokyo Motorist

ここ数日で花粉症の症状に変化が出た方はこれが原因かもしれません。

ここ数日、急に花粉症の症状に変化が出た方、いませんか?

私の場合は、TokyoMotoristの撮影を行った火曜日から突如、鼻水・鼻づまりと目のかゆみ・充血の症状が酷くなってきました。桜も咲き、暖かくなってきたから飛散量が増えたのかな、日中はオートバイで移動していたのでいつもより多くを吸い込んでしまったのかな、くらいに思っていたのですが、どうやら違うようなのです。

違うと言った理由が、コレ。

3月上旬にピークを迎えた関東のスギ花粉は、その後に徐々に減少。一方、3月下旬からは少しずつヒノキ花粉が飛び始めており、関東ではヒノキ花粉がメインとなりつつあります。関東地方、今季のスギ花粉ピークを越える:ウェザーニュース>

そうです、ヒノキです!!


今や国民病とも言われる花粉症。私も例に漏れず発症しております。アレルギー検査ではスギとヒノキが同程度の陽性でしたが、体感的な症状としてはヒノキの方が重いです。
2月から3月にかけて、世間では「今日は花粉が多い」だの、「マスク無しでは外出できない」だの、「鼻づまりが酷くて眠れない」だの、あれこれ騒いでいる時に私はマスク無しでも問題なし。症状が無いわけではありませんが、朝起きた時の鼻の不快感と、ちょっと目がかゆいなくらいのこと。

それがここ数日は、ウサギのように真っ赤に充血した目、常に鼻が詰まっている息苦しさ、意思に関係なく垂れてくる鼻水。と花粉症症状のオンパレード。

これらの症状は、飛散する花粉がスギからヒノキへバトンタッチされた証だったのです。

ここ数日で症状に変化が出た方の中で、重くなった方はヒノキが増えたから、軽くなった方はスギが減ったから、変わらない方は両方の影響を受けている可能性が高いと思われます。

たとえ原因が分かったからと言って、花粉に対して真っ向勝負を挑んでもそうそう勝てるものでもありません。目指すは、いかに向き合って花粉のことを知り、共存するかです。

家に入る時に服に付いた花粉を払ったり、洗濯物を部屋干ししたりと、色々と対策をされていると思いますが、私的に押さえているポイントはこの4つです。

 
●夜ツーするなら深夜に、朝ツーするなら10時まで。
花粉は気温が上がってきた11時から14時頃までが飛びやすくなります。逆に夜はあまり飛ばないから安心と思っていませんか?私もそう思っていました。実は飛散のピークは1日2回あります。気温が下がり始め、17時から19時頃にかけてが2回目のピークで、日中に飛散した花粉が地表付近に落ちてくるのです。

暗くなったからといって油断は禁物。花粉が少ないと思って軽装備で夜ツーに出かけると、大変なことになりかねませんのでご注意を。極力花粉を避ける夜ツーなら日付が変わる頃から午前2時頃までの深夜が、朝ツーなら早朝から午前10時までに帰れるのがベストです。

 
●雨上がりのツーリングは特に注意を。
雨が降ってうれしいライダーは少ないはず。ツーリングの前日に雨が降っていると天気予報が気になると思います。で、ヤキモキしながら翌朝を迎えた時、カラっと晴れた晴天であれば否応なしテンションも上がります。「俺(私)は晴れ男(女)だ!!」と喜ぶ前に、持てる最大限の花粉対策を行いましょう。

雨が降ると花粉の飛散量は少なくなります。しかしそれは、飛ばなかった分が消滅するわけではありません。翌日晴れて気温が上がると前日のストック分も加わって大量に飛散します。晴れて嬉しい気持ちもわかりますが、あまり気温が上がらないことを願いつつ、万全の準備を忘れずに。

 
●雨だからと言っても油断は大敵。敵は自分自身。
雨が降ると花粉の飛散量が減ることは前出の通り。この情報はご存知の方も多かったのではないでしょうか。ただ、確かに飛散は少ないかもしれませんが、既に飛散している花粉たちが空気中に浮遊していることをお忘れなく。上空の花粉が雨と共に地表付近に落ちてくるのです。また「雨の日は花粉が少ない」というイメージから生じる油断。いつもなら万全の対策をするのに、雨だからと少し怠ったりしていませんか?

意外と少なくない花粉と、自身の油断によって症状が悪化してしまうことも。翌日どれだけ天候が回復しようとも症状が悪化した状態では楽しめません。気を緩めてもいいのはお風呂の中だけです。

 
●花粉を侵入は徹底的にブロック。
自転車でもそうですが、走行風をモロに受けるので何もしなければ過給機のようにどんどん花粉を吸いこむことに。普段はマスクをしていてもツーリングはバンダナだったり、ネックウォーマーだったりしませんか?

最近のマスクは高性能で(水に変えるとかいうのではないですよ!!)その代用品がバンダナやネックウォーマーではちょっと役不足。でもマスクではカッコワルイ。そんな時に使えるのがプロループ。花粉や粉塵をブロックする活性炭フィルターが付属しており、口元と鼻を覆うことができます。

ちなみに、目も気になる!!と言う方には走行風の巻き込みを抑えたオリジナルフレームのライダースグラスもおススメです。

 
●(番外編)簡単にできるバイザーやメガネの曇り対策。
マスクやネックウォーマーなどで口を覆ってヘルメットを被ると、メガネやバイザーが曇る!!そんな経験あるかと思います。特にメガネでフルフェイスな私は曇りとの闘いです。バイザーを少し開ければ曇りも解消しますが、花粉の侵入を防ぐ為にもできれば開けたくはありません。もちろん曇り止めを持っている方はそれをお使いになるのが良いかと思いますが、家庭に必ずあるものでそれの代用ができていしまいます。

それが台所用中性洗剤。チ〇ーミーとか、ジ〇イとかのアレです。1滴シールドやメガネのレンズに垂らし、ティッシュで薄く塗り広げます。たったこれだけで曇り知らず!!ムラがあると視界が歪みますので綺麗に伸ばすことがポイントです。多く塗りすぎてもムラになりやすいので少な目からお試しください。かなり昔に、テレビの情報番組(伊〇家の食卓?)で見た記憶があり、それ以来、やり続けている裏技です。

ふいに出たクシャミで転倒とか、笑い話ではすみません。目のかゆみは視界を妨げ、鼻詰まりは集中力を削がれます。楽しいツーリングにするためにも花粉対策は手を抜かずに常に全力を心がけましょう!!

この記事を書いた人

ノヅ

趣味はオートバイとバスケ、トライアスロン、ウインドサーフィン。 オートバイはDUCATI 1098とMV AGUSTA BRUTALE 800、HONDA MONKEY BAJAに乗っています。自転車はORBEAのカーボンTTとGIOSのアルミ。最近行けていませんがウインドは三浦海岸がホームです。 趣味は幅広く、好きなことはより深く。がモットー。雑学・知識の引き出しを日々増設中―。

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...