TOKYOlife(東京ライフ)

2016.01.15 Fri

TOKYOlife STAFF'S NOTE

 

お気づきかと思いますが、私のアイコンはかの有名なAladdin Sane(の、お面を被ったヒロタ)です。
兄が熱狂的に好きだった影響もあり、私も小さいころから聴いてました。このアルバムだと特に3曲目のDrive in Saturdayが大好きで、いつかこの曲を聴きながら好きな人と夜お酒を飲んで過ごすんだ・・・!と、冒頭数十秒の色のある声にうっとりしてたものです。結果、初めて音楽好きな恋人ができたとき、彼の好きなバンドはBlink-182。時代を感じます。

「過激だからあんまり聴いちゃダメ!」と兄に制止され、代わりにTahiti 80の名盤puzzleを手渡され、それはそれで超良いアルバムでしたが、でももっとボウイを聴いてみたかったからこっそり兄の部屋に忍び込んで急いでカセットやMDに録音したりして。ていうかMD!

中学時代には念願の放送委員に就任して、毎週水曜日のお昼は自分の選曲で好きな音楽を流せることをいいことに、この曲は有名だし名曲だからきっとみんな好きになってくれるはずとStarmanやLife on mars?を流し、職員室の先生方は喜びましたが、クラスのギャル達の反感をかって放送室まで罵声を浴びせに攻め込まれそうになり、必死にドアを押さえて立てこもって難を逃れたり(超怖かった)。・・・とかとか、くだらない思い出も蘇ってきます。

 

今回の新譜の中に死を暗示させるような楽曲があったので、歳を意識してるのかな~なんてちょっと哀愁感じていたのですが、その数日後の訃報にただただ衝撃です。

20代の私にとって、過去の作品はすべて追いかけていたものだったので、2013年のThe Next Dayでは同じ時間を共有しているようで非常に嬉しく、今回の新譜も待ってましたーと楽しみにしながら、1回はライブ見てみたいね~なんて友人たちと盛り上がっていただけに、なんという、、という虚無感。
ルーリードと天野祐吉さんが同時期に亡くなった2013年も結構へこみましたが、今回も然り。赤の他人の死ですが、これほどに心揺さぶられるなんて。。

もっと好きだった方なんかはショックもさぞ大きかったと思いますし、好きを通り越してボウイになりたかった兄は、一時期世界を売った男を見事に模倣しそれは超きもかったんですが、そんな兄とは音信不通。大丈夫でしょうか笑

 

悲しいですが、生きとし生けるものの宿命ですからしょうがない。
遺してくれた多くの楽曲と、築いてくれた確固たる土台の上で新たな音楽を作り出す多くのアーティストたちをこれから自分の時間が続く限りずっと楽しんでいけると思えば幸せの限りですね。

ぼーぜんから少し立ち直ってきたので、今週末はお酒片手にDrive in Saturdayを聴こうかなと思います。

 

あっ・・・
今週末は大急ぎでSIVIGLIAの新商品をたくさんアップしましたよ!
https://www.tokyolife.co.jp/item.php?methods=ITEMLIST&pageFlg=new

悲しんでいても入荷は止まってくれません~~笑

 

Comments

この記事を書いた人

キクチ

趣味は食べ歩きと小旅行。美味しいものをチョイチョイ食べて、温泉につかっていれば幸せを感じる“ザ・日本人”です。ニンジンが無いと頑張れない軟弱気質なので、いつも自分に褒美を与えながらがんばってます!現在はCREA webstoreのステキ雑貨を模索中~♪

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2019年9月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...