TOKYOlife(東京ライフ)

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. もり氏
  4. 命みじかし、恋せよ乙女。

2022.05.10 Tue

もり氏

命みじかし、恋せよ乙女。

展示会地獄も終わりに近づいた4月頭の連休に、少しゆっくり(仕事)できるかな 、と思ったので娘を誘って映画「ウエスト・サイド・ストーリー」を見に行った。

六本木ヒルズに向かう車の中で娘が突然「いつか六本木ヒルズのVIPに通されるようになりたいな。」と言い出し、なるほどそんな風に考える歳になったんだな、と思いながらも、はて、なんと回答するべきか、と思考が止まってしまった。

中学2年生の言うことなので、大した意味はないだろう。YOUTUBERになりたい、パティシエになりたい、と同じレベルの話だ。ただ「そしたらパパも一緒にVIPに連れてってくれよう。」という無意味な回答だけはしたくなかった。

しばらくして思いついた回答が「恋をしろ、素敵な恋を。」だった。なんでかわからない。別に玉の輿を狙えという意味でもなく、なぜかその回答が頭にふと浮かんだのだ。

結局タイミングを逸して、その回答は本人には伝えなかったけど、映画が恋愛の話だったので、映画の前にそんなくさいセリフを言わなくてよかった、と思った。

恋はいい。いろいろな経験がぎゅーっと集約されている。良い感情も悪い感情も、悲しい気持ちも楽しい気持ちも、様々な想いを経験することができる。VIPに通されるような立派な人間になるためには、恋を通じて人間を熟成させろ、という意味だったのか。それとも経験を積めば、そんな願望がつまらないものだと思えるようになるよ、という意味だったのか。自分でもわからないけども。

今の世の中は人と会うことを規制し、マスクで顔を隠すことを推奨している。乙女が真に生きるという意味を理解する機会を奪っている。

「命みじかし、恋せよ乙女。」

昔の人は素晴らしい格言を残しているじゃないか。

この記事を書いた人

モリ

波乗り+バスケ+自転車+バイク+ファッション+LOVE=LIFE  好奇心旺盛、なんでもやらないと気が済まない!!

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2022年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

<<2013年12月以前の記事はこちら

ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...