TOKYOlife(東京ライフ)

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. TOKYO WHEELS 大阪店
  4. 期待のアクションカムとえべっさんと。

2020.01.10 Fri

TOKYO WHEELS 大阪店

期待のアクションカムとえべっさんと。

今週、まったく新しいコンセプトのアクションカメラが発表になりました。

 

中国のShenzhen Arashi Vision社のInsta360シリーズ、その最新モデルの【Insta360 ONE R】です。

専用バッテリーベースの上に、パズルのように好きなモジュールを配置することで、様々なモディファイが可能になるというアクションカメラ。
フルキットで買った場合、いわゆる従来のGoProタイプのアクションカムと、前後にレンズの付いた360°カメラ、そして1インチセンサーのコンパクトカメラが付属。全部乗せです。

しかもこの後、様々なモジュールが追加発売らしいです。

 

これ、自転車に良さそうですよね。
走行中は進行方向を録画して、降りて散策するときは自撮り棒をセットして360°で録画。
1インチカメラ(ライカと共同開発!)のモジュールも持って行けばコンデジとしてもガンガン使えそうです。

DJI社のドローンにセットできるモジュールも後で出るみたいですし。これは遊べそうです。

GoPro HERO8 BlackとGoPro MAXを同時に買うと11万円~ですが、Insta360 ONE Rは同等の機能を持ちながら6万円で収まるところもアツイです(1インチカメラ付きのキットは¥68,200)。

 

ちなみに、Insta360シリーズは先日、レンタルで使ってみました。
ライバル機種であるGoPro MAXよりもコスパが高いことで人気の【Insta360 ONE X】って機種です。

毎年毎年GoProを買い換える友人が2019年はGoProを買わなかったんです。GoPro以外の360°カメラが結構いいからって。それがこのONE Xでした。

これが使ってみたら確かに良い。
バカ広い画角で、自撮り棒が1メートル弱もあれば全身が余裕で入りますし、ソフト側で自動り棒も消せます。
あとで任意の撮影視点から動画を切り出すこともできます。例えば自分の真後ろ視点で切り出しつつ、シーンが変わったら別アングルに切り替えたりとか。

スペックもGoProに肩を並べる程ですし、手振れ補正もヤバイ。ウインタースポーツをする人間には神のような仕様でした。

↑撮ってキャプ出しなので自撮り棒消えてませんが。。っていうかド年末なのに新潟にあるまじきハゲ山でしたよ。こんな雪のない新潟ゲレって見たこと無い・・・板が傷だらけ。この後ドカ降りしましたが腰痛のため滑らず温泉へ。。

にしても、中国はぼちぼちアクションカム市場を掌握しつつあるなーと思わせる出来でした。バッテリーとかはやや難ありでしたけど。

 

ただ、カメラ本体が縦長なので自転車へのマウント事情がイマイチ!ヘルメットにマウントするとしても、縦長の不安定な物体がニョキっと。。

そこへきてこの【Insta360 ONE R】登場の報です。

アクティビティの全方位をカバーしそうなカメラ、メッチャ期待してます。
ウチのYouTube班、買わないかしら(笑)

 

 

 

全方位系と言えば!(ムリヤリ感・・・)

先日、メルマガでご紹介したCODE OF BELLの防水軽量メッセンジャーバック【X-PAC / CROSSPACK-L】

メッセンジャー持ち、ワンショルダー持ち、ブリースケース持ちという3WAYで使える、やたらと多用途な積層構造のバッグです。

大阪店では、年末の待望の再入荷のあとすぐに売り切れてしまいましたが、新年早々、再入荷がありそうですよ。

私も、このバッグとの付き合いがはじまってそろそろ一年くらいになります。使い勝手が良いので登場頻度は非常に多く、週4とか週5とか使ってます。実は次に狙っているバッグがあるのですが、このバッグとの付き合いはそれ以降も終わりそうにないですね。

過去Blogで詳しくご紹介しておりますので、お時間が許せばぜひご一読を。

CODE OF BELL(コードオブベル)最大モデルを丸ハダカにする。│TOKYO WHEELS 大阪店ブログ

 

ちなみに今夜はえべっさん(十日戎)です。戎神社に縁起物の福笹をお返しに行くのですが、大阪店の売り場を1年間ある場所からひっそりと見守っていただいたえびす様2019にもご隠居いただきます。

毎年のことですが、えびすさまも熊手もデカイんですよねー。電車の中でまぁまぁな存在感。仕方なく毎年毎年デカイバッグを携帯して人ごみにもみくちゃにされてきましたが・・・

防水軽量メッセンジャーバック【X-PAC / CROSSPACK-L】なら、このお方もなんとか運搬可能。ちなみにえびす様はヘルメットよりもデカいです。

 

(シゲマツ)

この記事を書いた人

シゲマツ

ブロックタイヤの自転車たちとブロンプトンを相棒に、ダートライド・釣り・キャンプ・トレッキング・スノーボードなどお休みのほぼ全てをフィールドでの活動にそそぐチューネン。およびTOKYO WHEELS 大阪店店長。ボクにとって、ブログはご飯を食べるのとおんなじです。執筆頻度が高すぎてウザいことも多々あろうとは思いますが、何卒ご容赦のほどを・・。

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2020年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...