TOKYOlife(東京ライフ)

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. TOKYO WHEELS 大阪店
  4. ベースレイヤーを使い分けてカシコク暖かく。

2019.11.10 Sun

TOKYO WHEELS 大阪店

ベースレイヤーを使い分けてカシコク暖かく。

ASSOS PROSHOP OSAKAです。
(本日の中の人はシゲマツです)

 

寒いのか丁度いいのかよくわかんないっすね。なんなの今年の秋は。
今年は暖冬だけど雪多いかもだぞー。という意味不明な長期予報もあり、いつも以上に悩ませてくれそうな冬越しウェア選び事情です。

特にトップスが難しい。
『薄いジャケットと厚いジャケット、両方持っておけば問題ねーわ!』というパワープレイ!?で冬に望まれる方は良いのでしょうが、そうも言ってらんないのが日本の平均的なオトーサンです。私もまた然り。

そこで、見直していただきたいのがベースレイヤー。下着ですね。
暖かさのコントロールには、肌に一番近い場所にある「下着」を変えてみるのが効果が高くて最もローコスト。
ジャケットの買い替えを検討する前にまず、下着をチェンジして様子を伺ってみるのも手ですよ。

 

いつもモデルが多くて悩ませてくれるASSOSのベースレイヤー『SKINFOIL』。昨シーズンまでは一体どれ買ったらええねん状態でしたが、今年のSKINFOILは明朗です!
たったの3つになりました。

①ショートスリーブベースレイヤー【SKINFOIL Spring/Fall SS Base Layer】¥11,900(税別)
秋冬用としてラインナップされる(冬も使えます!)ベースレイヤーの半袖タイプ。
夏の半袖ジャージを冬も使う方や、汗っかきさんに。
暖かさレベル★★★☆☆

 

②ロングスリーブベースレイヤー【SKINFOIL Spring/Fall LS Base Layer】¥12,800 (税別)
【SKINFOIL Spring/Fall SS Base Layer】と生地はまったく同じの、長袖タイプ。
意外と真冬でも愛用者が多いこのモデル。かく言う私も愛用してます。
★★★★☆

 

③ウィンターベースレイヤー【SKINFOIL Winter LS Base Layer】¥14,800(税別)
結構長い間ラインナップにあり、冬の人気No,1だったアーリーウインタータイプが昨シーズンで姿を消し、新たに登場したウインタータイプです。
ハイネックになり、より暖かくなりました。真冬のライドを見つめ、辿り着いたこのカタチ。
暖かさレベル★★★★★

 

・・・①と②は袖の長さが違うだけなので、気になるのは②と③の差ですよね。

体感ですが、ウィンターベースレイヤー【SKINFOIL Winter LS Base Layer】方が生地の厚さが1.5倍~1.8倍くらい厚い。重さもそのくらい差があります。
倍暖かいとまでは言いませんけど、体感温度にはかなりの差が。

でもそれだけじゃないです
実は両者、素材が大きく違います。
知らなかった方、多いのでは?

ベースの素材はどちらも、ASSOSのベースレイヤーにハズせない「ポリプロピレン」です。
汗はすぐ吸うけどすぐ外に吐き出す特性=上に着ているジャージなりに汗が素早く渡るという、ASSOSならではの素材チョイスです。

 

そして
ロングスリーブベースレイヤー【SKINFOIL Spring/Fall LS Base Layer】
ポリプロピレン82%+ポリエステル18%。
ポリエステルは速乾性をアップさせるための配合なので、これは夏のベースレイヤーの延長にあるモデルと言えます。

 

片や、ウィンターベースレイヤー【SKINFOIL Winter LS Base Layer】
ポリプロピレン97%+エラスタン(ポリウレタン)3%。
ポリプロピレンの配合率がかなり高く、エラスタンは主にストレッチ性を上げるためのもの。

実はこのポリプロピレン、あまり知られていませんが、もうひとつ特徴があります。
「肌に触れたときに暖かさを感じやすい」です。繊維表面が細かく毛羽立っているらしく、そのせいで暖かいようです。

そんな素材を97%も使っているわけですから、冬に極振りしているわけですね。

 

・・・両者を使い分けることで、ジャケットやジャージを買い足すよりローコストに快適性が得られるかも、ということです。

たとえば気温10℃前後、と仮定させていただいて。

・寒波が来ているなどでライド中の気温がまったく読めない
・はじめての場所で走る
・山間部を走る
・丸一日などライド時間が長い
・冷え性

いずれかに該当するならウィンターベースレイヤー【SKINFOIL Winter LS Base Layer】
今お持ちのジャケットの暖かさに不安がおありなら、やはりウィンターベースレイヤー【SKINFOIL Winter LS Base Layer】

 

逆に
・日中の暖かい短時間しか走らない
・運動強度が高い。ついついペダルを回しちゃう。
・暑がりさん、汗っかきさん
いずれかならロングスリーブベースレイヤー【SKINFOIL Spring/Fall LS Base Layer】
また、今お持ちのジャケットが暖かすぎるならやはり、ロングスリーブベースレイヤー【SKINFOIL Spring/Fall LS Base Layer】を。

などなど。

 

この二枚を効果的に使い分けることで、冬の快適度がグンと上がってくれるはずです。
店頭では、アンダーシャツをお持ちいただけましたらご試着も可能です。
その暖かさの違いを、肌で感じてみて下さいね。

(シゲマツ)

この記事を書いた人

シゲマツ

ブロックタイヤの自転車たちとブロンプトンを相棒に、ダートライド・釣り・キャンプ・トレッキング・スノーボードなどお休みのほぼ全てをフィールドでの活動にそそぐチューネン。およびTOKYO WHEELS 大阪店店長。ボクにとって、ブログはご飯を食べるのとおんなじです。執筆頻度が高すぎてウザいことも多々あろうとは思いますが、何卒ご容赦のほどを・・。

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...