TOKYOlife(東京ライフ)

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. Jedia
  4. 金額と重さは比例しないのだ。

2019.01.25 Fri

Jedia

金額と重さは比例しないのだ。

 

HERNO。70周年を超えてますます充実するブランドの勢いは、さきのPITTIレポートでも早くも19秋冬シーズンが楽しみなプレゼンテーション。そしてコレクション。

PITTI UOMO95レポート【HERNO/HERNO Laminar】

 

ですが、その前にこちらも楽しみな今シーズンのアイテムも静かにスタートしています。なかでも、先シーズン好評いただき早い段階で完売となった。

GORE-TEX®PACLITE SHELL® フーデットブルゾン【Herno Laminar/ヘルノラミナー】

 

は、一度置いといて。(またの機会に改めてご紹介します?!)

 

個人的に気になって仕方ないのが。

GORE-TEX® SHAKEDRY パッカブルフードコート【Herno Laminar/ヘルノラミナー】

 

上記、商品ページへいってもらえれば全貌が見れますが、フード付きのジップステンカラーコート。このところの携行トレンドもあり、もともと旅(トラベル)をコンセプトにもつ同社らしいパッカブル仕様。

 

素材は、いまやアウトドアブランド以外ではGORE TEX使いの名手といって過言ではないHERNOがセレクトした先端のテクノロジーをもつ SHAKEDRYを採用。

-GORE-TEX SHAKEDRY™ ガーメント-

全力を尽くして急斜面を登るときも、職場から家へ走って帰るときも、背中には何も背負わずにいたいものです。スピードを重視して開発された、GORE-TEX SHAKEDRY™ プロダクトは、非常に軽く、優れた透湿性を兼ね備えているほか、持続的な撥水性のある表地により、水が染みこむのを防ぎます。水分は表面で水滴となって流れ落ちるため、冷えを感じることがほとんどなく、ウェアが濡れることによって重くなることもほとんどありません。

GUARANTEED TO KEEP YOU DRY™ のプロミスに裏打ちされた防水耐久性により、GORE-TEX SHAKEDRY™ プロダクトは、さらに上を目指す人たちにとって理想的な製品となっています。

【機能】表地:なし

GORE-TEX SHAKEDRY™ ガーメントの表地をなくした画期的な構造により表面が水を含むのを防ぎますGORE-TEX SHAKEDRY™ プロダクトは、使用中もこの特性が持続するため、表地が濡れて起こる冷えを感じることはなく、ジャケットも早く乾きます。

(以上、GORE TEXホームページより引用)

 

スピード、という男心をくすぐるキーワードにあるように、軽さ、耐久性にも特化している素材の特徴は、まるでペーパー(紙)。紙といっても多種多様ありますので、近しい感覚でいくと、ファッションでも春夏素材に多くみられる“ペーパーコットン”のような質感。

あえて個人的な感覚でいうんなら、高級ブティックのショッパー(手提げバッグ)ではなく、その前段階で商品を包む高級紙?のような感じ??(気になる方は三宿でチェック!)

 

いずれにせよ。HERNOがLaminerで採用するファブリックですから、オーラというか、安っぽさは皆無。それでいて、上記機能を有するわけですから、近代のテクノロジー、見えない部分で進化しているのです。

 

その特徴もあるので、バッグに忍ばせる最上位のレインコートとしてはもちろんなのですが、せっかくならば、ユニークな素材感、HERNOらしいスマートなシルエットを活かして、スプリングコートとして天候問わず活用するのがおススメです。

 

そうそう、カラーについて補足しておきます。商品ページにはダークブラウンとありますが、店頭で実品見る限り、スミクロのようであり、グレーのようでもあり、確かにダークブラウン?といったカラーにもみえます。ダークトーンで合わせやすい。けれど、単調な色味でなく、インポートブランド特有の色合い?(こちらも三宿でチェック!)

 

お値段はHERNOらしいプライスではありますが、HERNOファッション×先端テクノロジーファブリックという意味では妥当なんだと思います。

 

オンラインでご注文、あるいは店頭で購入頂き、そのショッパー(包材)の重さには、よもや12万円の商品が入っているとは感じれないケースもあるかもしれません。(昭和40年代生まれとしては。。)

 

しかし、ストレスを感じることなく、あらゆるシチュエーションに対応してくれる現代的なガーメントは、今やこうした重さ(軽さ)が本流なのです。

 

そろそろ、重い=高い、長い=高い、などといった無意識の感覚もアップデートしたがよさそうですね。

 

サイクサ

 

 

 

この記事を書いた人

Jedia スタッフ

Jediaのバイヤー/スタッフが展示会情報やトレンドについての雑感、ヨモヤマ話などを書いています。 オフィシャルなニュースなどでは書けないことも書きたいと思います。ただ、スピード重視でいきますので、多少不正確な情報の記載があるかもしれませんが、ご容赦のほど!

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2021年6月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...