TOKYOlife(東京ライフ)

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. Jedia
  4. PITTI UOMO95レポート【HERNO/HERNO Laminar】

2019.01.11 Fri

Jedia

PITTI UOMO95レポート【HERNO/HERNO Laminar】

どーも、オザキです。

PITTI 3日目もしっかり回っておりますよ。

刺激的な日々も流石に3日もすれば慣れてくるもので、やや惰性になってきてしまうところですが、こういったブランドを発見して目を覚まします。

SUSHI・・MANEKINEKO・・( ^ω^)・・・


マジデテンプラ揚げちゃう5秒前。「I△×JPN」ってどう読んだらええねん。

こういった日本ライキーなブランドは出ては消えてを繰り返しているようで、毎年新しい日本系パロのブランドが出展されています。しかしながらイギリス発信の「極度乾燥しなさい」の例もあるので、意外と馬鹿にできないマーケットなのかもしれません。

さて今回のPITTI UOMO95レポートは【HERNO/HERNO Laminar】です。


HERNOブースにあるこのモニターからHERNO Laminar別館の様子がウォッチ出来る仕組みとなっています。細かい!

Laminar別館。

HERNO/HERNO Laminar
今年からヘルノとヘルノラミナーは別枠で出店しています。察するに世界的にもかなりイケイケな雰囲気が漂っています。

ではまずHERNOから。実は初日の空いている時間を狙ってチェックしていました。



HERNOはダウンやコートのスポーティライクなアウターブランドですが、基本的にはドレス市場と同じトレンドをしっかりと捉えています。

英国調のチェック系はもとより、ムートン系、レザー系をミックスさせたものから従来のスポーティなもの、そしてカラーバランスもドレスブランドとほぼ同じ傾向にあります。


キャメルやブラウンはしっかりと抑えているし、ネイビー系もやや青味のあるものを使いこなしており、ボルドー系(オレンジ)やイエロー系(マスタード)といった差し色使いも絶妙。

恐らくJediaのようなドレスカジュアルのショップにはビッターン!!とハマルことでしょう。うーん、彼らのマーケティング能力恐ろしや。


続いては別館で単独開催のHERNO Laminarです。



今回のHERNO Laminarはモダンとギアの調和からサルトリアへの挑戦となっています。ウェットスーツのような生地で仕立て上げられたトルソーなども良い演出方法です。

確か「我々は常にチャレンジし前進する」的な格好良いムービーが流れていました。


また色使いが黒だけではなく、サルトリアを取り入れることによって、多色展開されるのも一番の変更点。

ゴアテックス生地などの高機能な素材が多く、その上でプリントを施すなど、素材的にも非常に高度なモノが多い印象です。しかし、サルトリアのせいでクラシカルよりになり、通常のHERNOラインとの混同が見受けられます。

モノは素晴らしいけれど、正直この提案ってHERNO同士が分ける必要あったのか?と感じます。まぁモノはピカイチなんですけどね。

個人的にはHERNOのこのチェックがイイナーって勝手に思ったり。やっぱり日本人は世界的に見てもチェックが好きなようです。マジです。

それではさらなる続報をお待ちください~!!

オザキ

この記事を書いた人

オザキ

靴、洋服、靴、靴、洋服。あと自転車。四六時中何かしらで頭が一杯なJediaのお喋り野郎。ファッションの幅は無限で人の個性もそれぞれ。皆様に素敵なライフスタイルをご提案出来るように日々修行中。Jedia担当?と思われがちですが、愛車はピストBianchiとロードバイクPINARELLOの2台持ち。通勤は主にロードバイクでゆる~く頑張ってまーす。

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2019年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...