TOKYOlife(東京ライフ)

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. HUMIDiT
  4. 新ブランド「ENCENS|エンソン」のコスパの高さに驚愕する。

2020.09.18 Fri

HUMIDiT

新ブランド「ENCENS|エンソン」のコスパの高さに驚愕する。

 

日中はまだまだ暑いですが、夕方になると秋らしい気候になってきましたね。半袖じゃないと少し厳しいですけど、秋っぽいアイテムや色合いを着たい気分になってきました。

そこで今気になっているのが、今シーズン立ち上がったドメスティックブランド「ENCENSエンソン


(※20年秋冬の展示会風景 / ブラックウォッチの裏地が洒落てるスイングトップ

複数の著名パタンナーがデザインしている一風変わったENCENSですが、パタンナー視点の堅実な作りと着心地の良さは言わずものがな。

余計な装飾や意匠を施さない合理的なパターンは、生産も効率的になり価格が抑えられるというメリットも!!


ステンカラーコート¥57,200 / ENCENS
スイングトップ¥46,200 / ENCENS
バンドカラーャツ¥24,200 / ENCENS
ロングパンツ¥24,200 / ENCENS
スニーカー¥33,000 / LUNGE

 

著名なパタンナーが手掛けるオール日本製の高クオリティなコレクションでありながら、セレクトショップのオリジナル商品と遜色のないプライスっていうのも驚き。(このコートが5万円台ってあり得ないでしょ!?)

特に肌に一番近いところで着用するシャツに至っては、そんじょそこらのブランドにはない着心地の良さがあります。


(※20年秋冬の展示会風景)

今シーズンのコレクションは、ブラックでもベージュでもなく「ネイビー」縛り。ここ数年、無意識にネイビーから距離を置いていたので新鮮に見えるのは、僕だけ!?w

トップス類はそれらに映えるモノのみのラインナップとシンプルな構成となっていますが、それだけに誤魔化しが効かないのでモノの良さがよくわかります。


(※20年秋冬の展示会風景)

トレンドを深追いしないベーシックなアイテム達は、時代に左右されず大人の所有欲を満たしてくれるに違いありません。

 

ヨシザキ

この記事を書いた人

ヨシザキ

その昔、煎茶一杯を銭一文で提供する「一服一銭」により、喫茶が一般に広まったそう。 そこで私も厳選した逸品を広めるべく、5分で読める【逸服一選】をご提供。ここらでちょっと一服しませんか。

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2021年4月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...