TOKYOlife(東京ライフ)

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. TOKYO WHEELS 大阪店
  4. 冬のパンツならお手の物。神戸の「あの」ブランドが仕掛ける『最暖系』カジュアルサイクルパンツ。

2020.12.20 Sun

TOKYO WHEELS 大阪店

冬のパンツならお手の物。神戸の「あの」ブランドが仕掛ける『最暖系』カジュアルサイクルパンツ。

\暖かい自転車パンツが足りない!!欲しい!!/

とお嘆きな方、結構居られるのではと思います。

突如押し寄せた今年初の寒波。冬の入り口で既に心折れそうになっていたサイクリストを救った(かも知れない)rin project(リンプロジェクト)の鬼起毛ジョガーパンツ。その名の通り、鬼のように裏地が起毛され、表地も防風系というトップクラスに暖かい逸品でした。

「でした。」そう・・・残念ながら現在はすっかり売り切れ。カラッポでございます。鬼は滅されてしまったのです。

・・・ボクも狙っておりましたがまんまと買い逃し(T-T)

 

で、その次に暖かいと目されるnarifuriのダウンファブリック6ポケットパンツ【NF5057】も、既に在庫は虫の息。大阪店はSOLD状態です。

『こんなに寒いのに、最暖系パンツはもうないのか・・・』と、スマホの画面を見ながらため息を漏らすあなた。

 

なんの!まだございまっせ~~(手をこねこね

サーマル3レイヤーストレッチニッカ―【ニッカボッカーズ plus7】/ doesnotmanufact(ダズノットマニファクト)

神戸発。サイクリストが望む「ニッチ」にめっぽう強いブランドが放つ、防風+保温の両方を兼ねる、それでいて丈が少し短いウインターパンツです。

 

8分丈にはワケがある

膝下17.5センチに設定された、ざっくり言うと8分の丈。この長さはスポーツユースとファッションユースの両立を目指したものです。
そして裾の巻き込み防止策としての設定でもあります。

そのまま履くと足首が出てしまいますので、長いソックスやスパッツ、レギンスと合わせていただくのが真冬の基本です。

 

防風+保温で盤石の暖かさ。

裏地はしっかりと目の詰まったフリースタイプで、体温をがっちりキャッチ。

でもそれだけでは、走行風で暖かい空気が流れていってしまいます。

だから表地は防風タイプなのです。

 

ストレッチもしっかり。

真冬対応の防風系の生地は、硬くて動きにくいものが少なくないですが、サーマル3レイヤーストレッチニッカ―【ニッカボッカーズ plus7】に使われる生地は適度にストレッチ性とソフトさがあり、ペダリングがスムーズに行えます。

 

doesnotmanufact(ダズノットマニファクト)は、ウィールズでのお取り扱い当初(そろそろ10年?)から特にパンツの評価が高かったブランド。言わば得意分野でもあります。
しかも国内製造のアイテムが殆どで、その製品レベルの高さはウィールズ取り扱いブランドの中でも突出してます。

本日12/20(日)まではフェイスゲーターがもらえるノベルティフェアもやっております。
売り切れる前にぜひっ!

(シゲマツ)


 

<年末年始の営業と福袋につきまして>

まずは年末年始のお店の営業についてご案内いたします。

12/27(日):年内最終営業日
12/28(月)~1/2(土):休業
1/3(日):初売り
1/4(月):臨時営業日(三宿、大阪) ※東日本橋店は通常営業

 

続きまして、店頭で販売する福袋についてのご案内です。

2021福袋のご案内

1/3(日)12:00より販売を開始します。
大阪店は入り口が二箇所ございますが、阪神高速側の入り口に

大阪入り口_ASSOS PROSHOP側_阪神高速ヨコ

お並びいただければその後のご案内がスムーズです(ASSOSの売り場が目印)。

本町通り側は福袋をお求めにならないお客様に開放いたしますので、そちらにお並びにならないようご注意下さいませ。

ソーシャルディスタンスを保ってお並びいただければ幸いでございます。

再度、年末の大阪店Blogでもご案内させていただきます。

この記事を書いた人

TOKYO WHEELS 大阪店

TOKYO WHEELS 大阪店のスタッフがお店の情報や最新入荷情報、日々の出来事をつづっています。 ※TOKYO WHEELSのお得情報や新入荷情報をTwitterやFacebookをフォローしてGETしよう!

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2021年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

<<2013年12月以前の記事はこちら

ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...