TOKYOlife(東京ライフ)

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. TOKYO WHEELS 大阪店
  4. 普通のアウターなんてやめちゃえ!

2018.11.07 Wed

TOKYO WHEELS 大阪店

普通のアウターなんてやめちゃえ!

皆さん、おやっとさーです。オオミヤ吉之助です。

アーバンライダーから多くの支持を得ているnarifuri(ナリフリ)のアウター。この冬は豊作でチョイスするのが難しくなりました笑

冬の定番のアウターと言えば、大きく分けて2種類。

①ウインドブレーカー/プルブレーカー
②2レイヤーマウンテンパーカー

でしたが、今年は第3のアウターが登場。

③デジカモマウンテンパーカー  2カラー展開

デザインこそ、②2レイヤーマウンテンパーカーと似たモデルですが、中身は①ウインドブレーカーとほぼ同等クラス。使用しているプリント生地が完全narifuri別注なので、値段が高くなってしまったのは仕方が無いことです。

写真か!?と間違うほどのクオリティの高さ。プリントとは思えない出来です。

今回このデジタルカモフラージュですが、2005年からアメリカ軍で採用された【ACU -Army Combat Uniform-戦闘服】をベースに、narifuriが独自のエッセンスを加えて手作業で完成させたものだとか。

裏地は総裏メッシュで袖の通りが良くなっています。(この裏地がメッシュなのは、他のモデルでも共通点です。)

非常に書くのが難しいのですが、防寒性能に関しては上記3モデル大差がありません。言い換えると、どれも保温性はありません。保温に関してはそれぞれインナーで補うことが前提となっています。がしかし、それぞれ違いはあります。

ウインドブレーカー   /  プルブレーカー ¥28,080~27,000
→撥水性があり、動きやすいソフトな生地。

2レイヤーマウンテンパーカー ¥43,200
→撥水加工された表地に裏から防水、透湿膜をラミネートした2レイヤー(2層)。確かな防水性があるが、やや生地がゴワつく。だが、デザインがかっこいい。

デジカモマウンテンパーカー ¥49,680
→①の動きやすさと②のかっこいいデザインを良いとこ取り。

ナニハトモアレ、自転車以外のシーン(例えば普段着、アウトドア)で使えるアウターです。自転車好きなら普通のアウターなんてやめて、自転車に向いてるアウターをチョイスしませんか?

以上 大阪店 オオミヤでした。

この記事を書いた人

オオミヤ

なんちゃってピスト乗り。ロードからMTB、そしてピストに辿り着く。時代の流れに逆らう男。

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...