TOKYOlife(東京ライフ)

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. Jedia
  4. ブートニエール(ラペルピン)。街中で見るとシンパシーを感じずにいられない。

2017.04.05 Wed

Jedia

ブートニエール(ラペルピン)。街中で見るとシンパシーを感じずにいられない。

LARDINI(ラルディーニ)

 

説明不要ともいえるフェルトフラワーのブートニエール。ジェディアな諸兄はもちろん、最近では女性認知も高く、このブートニエールのジャケット着てる人はオシャレ。といった認識もあるようです。(ジェディア調べ)

LARDINI(ラルディーニ)ウール×モヘア ウィンドペーン ネイビーシングル2Bジャケット【スーパーソフト】

 

男目線で見ても、やっぱカックいい。

 

そういった意味ではこちらのブランドも。

TAGLIATORE(タリアトーレ)

 

デザイナーでありオーナーでもあるピーノさんのセンスを感じさせるシルクハットのラペルピン。ラルディーニ同様に街中でも、TVでも観る機会が増えています。

TAGLIATORE(タリアトーレ)ウール×シルク×ナイロン×リネン 4者混ライトツイード ネイビーブルーチェック 2Bシングルジャケット【モンテカルロ】

 

これまた、いいね!

 

さらには近頃ジェディア周辺で人気もジワジワと高まる。

L.B.M.1911(エルビーエム1911)

 

ジェディアな皆さんならご存知?!当時Lubiam 【ルビアム】 として展開していたブランドでしたが2006年よりイタリアンラグジュアリー、ハイクォリティ、エレガンスを代表するテーラーのスポーツライン として発表したのがコチラ。

L.B.M.1911(エルビーエム1911)ガーメントダイ ライトウェイトコットンリネンデニム シングル2Bジャケット【L.B.M.Jack Slimフィット】

 

肩肘張らず、気負わずジャケットスタイルを楽しむにうってつけな今シーズンのコレクション。本国では上記2ブランドと肩を並べるステイタスを確立していますが、現在のところ若干プライスアドバンテージがあるところも魅力的。(生地のセレクションにもよりますけど 笑)

 

次シーズン(秋冬)に向けては、よりドレッシーなコレクション展開予定していますので、そちらもお楽しみに。

 

とっておきともいえるキングオブキング。

ISAIA(イザイア)

 

もう説明は不要でしょうけれど、ブランドを象徴するアイコン、そうコーラル(珊瑚)をモチーフにしたラペルピン。このモチーフはシーズン、コレクションを問わずISAIAの製品に使用されます。目を惹くコーラルレッドからも静かなるパワーを感じさせる極上のサルトリアジャケット。

ISAIA(イザイア)ブルーチェック シルクジャケット【SAILOR/SCRATCHED TUSSAH】

 

…。言葉を失うくらいに、素敵やん。。

 

私らが大好きなサルトリアブランド達。それぞれのブランドアイデンティティを感じさせるモチーフを襟元で、さり気なく表現。

 

街中ですれ違う、お、と思わせる着こなしの男性の襟元には必ずといっていいほどにこれらが見てとれます。

 

着脱可能なアクセサリのひとつですが、それはそのままに着こなすのが正解。ファッションの人間にありがちな、あえて外して着るような天邪鬼は逆にダサいかも。。分かりやすく格好良い。それで良いのです!

 

先日購入したラルディーニのパッカブルスーツを着てると、やたら褒められ、年甲斐もなく嬉しくもあり、恥ずかしくもあり。。

 

そんなこんなで、ついぞ調子に乗り、ちょい遅れで入荷した。

 

LARDINI(ラルディーニ)ストレッチウール ブルー パッカブルスーツ

 

生地違いだし、色合いも2トーンくらい明るいし、と物欲の芽がザワザワしはじめているのはここだけの話 笑。

 

サイクサ

この記事を書いた人

サイクサ

三度のメシよりファッションが大好物。最近は子供との時間が楽しくて仕方ないアラフォーです。カッコ良い大人カジュアル、オヤジスタイルを目指しTOKYOlifeで奮闘中。

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2019年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...