TOKYOlife(東京ライフ)

TOKYO WHEELS TOKYO WHEELS

  1. TOKYOlife
  2. ニュース一覧
  3. ラファ一択だった人たちが着始めている、最新トレンド海外サイクルウェアブランド8選。

UPDATE:2020.08.12

特集|海外サイクルウェアブランド8選

ラファ一択だった人たちが着始めている、最新トレンド海外サイクルウェアブランド8選。


サイクルウェアは個性を主張する時代へ

いつの時代も感度の高い人は存在します。それはもちろん自転車業界にも。十数年前ラファの一時代を築いた人たちがそうだったように、高感度サイクリストたちは「Next to Rapha」にシフトし始めています。

今、サイクルウェア業界には一体どんな流れが起きているのでしょうか。

これまでヨーロッパから派生したサイクルウェア・デザインの大きな波はこうです。

第一波…チームレプリカデザイン
第二波…イギリスRapha(ラファ)の台頭
第三波…サードウェーブ・ニューウェーブ系

第二波のラファが誕生した2004年は、サイクルジャージと言えばチームレプリカしかなかった時代。突如現れた斬新なデザインに感度の高い人たちが即座に反応し、当時ラファ旋風が巻き起こりました。

ラファの台頭はそれまでの「サイクルウェア=レース用」という概念を覆し、「ビブショーツでおしゃれしていいんだ」という認識に変えました。それは現在におけるサイクルウェアの大きな基盤を作ったと言えるでしょう。

そして現在、海外で巻き起こっているサードウェーブとは、ここ数年で台頭してきた新進気鋭のサイクルウェアブランドの流れです。

そこでTOKYO WHEELSでは、厳選してセレクトした海外ブランド8選をピックアップ。

日本での取扱い店がまだ少なく、市場にまだ出回っていないブランドから、独自のポリシー貫き進化を遂げているこだわりのブランドまでご紹介します。

もう既に感度の高い人たちは、このニューウェーブの波に乗り「自分はこうだ!」と主張し始めています。


◆ INDEX ◆
1.Isadore(イザドア)
┗TOKYO WHEELSにて”日本初上陸”となるブランド。大胆ながら飽きのこないデザインに注目!
2.PAS NORMAL STUDIOS(パスノーマルスタジオ)
┗エアロ効果を想定したタイトシルエット。唯一無二の存在感を味わえるサイクルウェアブランド。
3.Velocio(ヴェロシオ)
┗元プロ選手”Velits兄弟”が設立。天然素材の取り入れ方に優れ、着心地やシーンに合わせたウェア作りにこだわったブランド。
4.Peloton de Paris(プロトン ド パリ)
┗若い夫婦が営むサイクリングカフェ「Peloton de Paris」から誕生した、お洒落系サイクルウェアブランド。
5.7MESH(セブンメッシュ)
┗アウトドアブランド出身のブランドだからこその最先端技術と機能。生地から手掛けるこだわりっぷりは本物です。
6.ASSOS(アソス)
┗プロ選手にも愛用者の多い、実力NO.1ブランド。ウェア選びに迷ったらASSOS!これだけ覚えておきましょう。
7.POC(ポック)
┗POCはヘルメットだけじゃない!ヨーロッパブランドならではの”色使い”にも注目です。
8.PISSEI(ピセイ)
┗イタリアンブランドならではのデザイン性は間違いなし!近年技術面でも急成長が感じられるブランド。



Isadore(イザドア)


元プロ選手が作った、レーサー目線から生み出されるウェアIsadore(イザドア)。チェコ出身のヴェリトス兄弟が立ち上げたスロバキアのウェアブランドです。

元プロ選手が...なんて聞くと本格的なレーシングデザインを想像しますが、リアルレーサーがシリアスに走らない日のウェア作りにも力を入れているIsadore。

ヨーロッパらしいシンプルで洗練されたデザイン展開にて、素材選びから縫製まで丁寧な物作りにセンスを感じるハイクオリティなブランド。走ることもお洒落も両方楽しみたい!という人にこそオススメしたいブランドです。

≫関連記事「Isadore特設ページ
≫関連記事「サイクルウェア界最強兄弟、現る。

イザドアのサイクルジャージ1

イザドアのサイクルジャージ2

イザドアのサイクルジャージ3




≪Isadoreオススメの一枚≫




クラシカルなデザインと、Isadoreらしい色付けが特徴的なサイクルジャージ。

メリノウールをブレンドしたベースの素材に、キルト仕上げの防風素材を胸元にオン。Isadoreの定番ジャージよりも気持ちタイトなフィッティングに防寒性の高い一枚となっています。

ウィンブレを羽織るには暑いけど、ジャージだけでは不安。そんな秋口から一枚で活躍してくれますよ!



PAS NORMAL STUDIOS(パスノーマルスタジオズ)


TOKYO WHEELSで、ラファから最も多くシフトしているブランドがPAS NORMAL STUDIOS(パスノーマルスタジオズ)。これまでラファ以上に納得がいくウェアが見付からなかった人たちを、遂に満足させるブランドが出たといえるでしょう。

その理由は、抜群に心地良いフィット感。エアロフィットにて一見締め付けが強いように感じるかもしれませんが、まるで第二の肌のように自然と身体に馴染みます。

レースに出場できる高い機能を持ち合わせ、かつ洗練されたハイセンスなデザイン。サイクルジャージを格好良く着こなしたい!という方におすすめです。

≫関連記事「今年も”PAS NORMAL STUDIOS”の勢いは止まることがないでしょう。
≫関連記事「着飾りたい日は、パスノーマルスタジオのレーパンを。

パスノーマルスタジオのサイクルジャージ1

パスノーマルスタジオのサイクルジャージ2

パスノーマルスタジオのサイクルジャージ3


≪PAS NORMAL STUDIOSオススメの一枚≫




表地はシルクのような素材感が滑らかな肌触り、裏地には程よく起毛させることで暖かく柔らかい着心地を実現。保温性、通気性を両立させたハイパフォーマンスな一枚です。

シルエットはレースフィットながらも、お洒落カフェに馴染む存在感を持っているサイクルジャージはかなり希少な存在といえるでしょう。



Velocio(ヴェロシオ)


アメリカはニューイングランドにて、2013年に誕生したブランド”Velocio(ヴェロシオ)”。

シンプルなデザインだけでなく、大胆なプリントやカラーを取り入れたアイテムも幅広く展開。飽きのこない、長く愛用できるデザイン展開が特徴です。

さらには、女性の”トイレ問題”を解決したビブショーツを展開するなど、世界中のサイクルリストの悩みの寄り添いながら、品質の高いサイクルウェアを提供しています。

なんとTOKYO WHEELSにて日本初上陸となるだけに、これからさらに注目されること間違いなし。サイクルウェアは人と被りたくない!という方におすすめのブランドです。

≫関連記事「日本初上陸!米国よりサイクルウェアブランド「Velocio(ヴェロシオ)」が登場です。

ヴェロシオ1

ヴェロシオ2

ヴェロシオ3

この投稿をInstagramで見る

Ride every day.

Velocio(@velocioapparel)がシェアした投稿 -


≪Velocioオススメの一枚≫




トレンドのミニマルデザインに、裾のパイピングが光る一枚。超軽量イタリア製フライス生地にて、優れた吸湿性と通気性を発揮。これからのシーズンに嬉しい”UPF30”もしっかり備えた、ブランドの定番モデルです。

手持ちのビブとも合わせやすいので、様々なライドシーンにて幅広く活躍してくれるでしょう。



Peloton de Paris(プロトン ド パリ)


ベルギーでカフェを営む男女のデザイナーが手掛ける新鋭ブランドPeloton de Paris(プロトン ド パリ)。その特徴は、まるで一枚の絵画のようなグラフィックデザインにあります。

自転車大国ベルギーで運営しているサイクリングカフェ「Peloton de Paris」は、自転車と人々の交流を繋ぐ場として2013年にオープン。その後サイクルウェアブランドを立ち上げると、地元サイクリストの間で瞬く間に広がり、現在では国内に留まらず海外へと普及しています。

もちろんトレンドに敏感なわもいち早く反応。日本国内での正式販売はTOKYO WHEELSが初となります。

スピードを求めて走っている姿よりも、カフェで休んでいる姿が似合うサイクルジャージ。走ることよりも、途中の寄り道が好き!なんて方におすすめしたいブランドです。

≫関連記事「ルーブル美術館に飾りたくなる美しさは本物。デザイン系ジャージの一歩先行く”Peloton de Paris”

プロトンドパリのサイクルジャージ1

プロトンドパリのサイクルジャージ2

プロトンドパリのサイクルジャージ3


≪Peloton de Parisオススメの一枚≫




裏地には吸汗性に優れたフリース素材を使うことで、柔らかい肌触りと汗処理に長けた秋冬用サイクルジャージ。

秋には一枚で、冬にはミッドレイヤーにも活躍できる汎用性の高さがポイント。

Peloton de parisならではの繊細なセンスを身に纏い、世界観に浸ってみるのはいかがでしょうか。



7mesh(セブンメッシュ)


元ARC'TERYX(アークテリクス)の主力メンバーが独立してカナダで立ち上げたサイクルウェアブランド7mesh(セブンメッシュ)

一番のこだわりは素材とパターン。アーク時代に培ったアウトドアの技術と機能を活かし、グラベル・ロード・シクロなどあらゆるライドに適応します。

製品開発において最も重点を置いているのは、ライダーの冒険心を満たす高い機能性。全ての製品は軽さ・耐久性・心地良さを最大限まで追求し、厳しい自然環境にあっても最大限の走行が可能となるよう設計されています。

サイクルウェアの常識に全くとらわれない格好良さも7MESHの魅力。アウトドアウェアを自転車用に使っていたという方にも入りやすいので、「初めてのサイクルジャージ」にもおすすめしたいブランドです。

≫関連記事「7meshの最涼ジャージは”汗を吸わない”って、知ってた?
≫関連記事「アウトドアの技術と機能をサイクルウェアに。7MESH(セブンメッシュ)の春夏新作が登場です。

セブンメッシュのサイクルジャージ1

セブンメッシュのサイクルジャージ2

セブンメッシュのサイクルジャージ3


≪7MESHオススメの一枚≫




ナチュラルな素材感が特徴のAshlu Merino Jersey。7MESHのお家芸でもある立体裁断により、動きに一切ストレスを感じさせることなく、肩の力を抜いて走りに行ける。

メリノウール×ポリエステルにて保温性を保ちつつ、汗冷えをセーブ。ロングライドから街乗りまで幅広い自転車乗りに愛されている一枚です。



ASSOS(アソス)


実力は間違いなく世界最高峰。「サイクルウェアのファーストクラス」と称されるブランドASSOS(アソス)

世界のトッププロ選手からの支持も厚く、スポンサードされていない選手がASSOSロゴを消してレースで着用するなんてこともあるほど。

近年”コラボ”や”限定デザイン”といったラインナップも充実し、販売後すぐに完売してしまうほどの人気。技術だけでなく、ルックス面でも注目度が高まっているブランドです。

世界最高峰の技術はプロだけに向けたものでなく、初心者だからこそ扱いやすいという一面も。ライドを少しでも快適にしたいと思っている方こそ、ASSOSを選ぶべきです。

≫関連記事「ASSOSのエントリーモデルは、玄人だって愛用します。
≫関連記事「自転車人生にて、試しておくべきビブショーツがある。

アソスのサイクルジャージ1

アソスのサイクルジャージ2

アソスのサイクルジャージ3


≪ASSOSオススメの一枚≫




ウィンタージャケットとありますが、ASSOSスキンフォイルの上に着用する“サイクルジャージであり、ウィンタージャケットでもある”一枚。

外側にはストレッチ性のある3レイヤーの防水ソフトシェル素材、風の当たりにくい袖裏からショルダー部分には薄手のソフトシェル素材、そして汗をかきやすい背面中部から脇下にはフリース素材を採用。

適材適所にて冬のライドシーンに安心の暖かさと通気性を確保。レギュラーフィットにて、リラックスして着用できる気軽さも人気の理由なんですよ。



POC(ポック)


各分野の専門家がそれぞれの視点から研究を重ね、優れた製品を開発しているブランドPOC(ポック)

ストックホルム郊外に位置する研究所は日照時間が短い土地柄もあり、研究気質のスペシャリストの感覚は日々研ぎ済まさせれています。

一般的なウェア作りとは一線を画すPOCが生み出す色彩や配色は、他には真似できない北欧らしいセンスが光ります。視覚からもやる気がみなぎるサイクルジャージをお探しの方におすすめです。

≫関連記事「僕らがヒルクライムに挑む理由。
≫関連記事「“アスリートを守る”、それが彼らの矜持。

ポックのサイクルジャージ1

ポックのサイクルジャージ2

ポックのサイクルジャージ3


≪POCオススメの一枚≫




ピタピタすぎないレギュラーシルエットにて、ビギナーさんにも手に取りやすいEssential Road Jersey。腹部の切り替えデザインはハイウエスト効果にてスタイルアップにもつながっています。

POCの配色や色の配置センスが光る一枚。途中カフェへ寄り道、なんてときにもお洒落に決まりますよ!



PISSEI(ピセイ)


PISSEI(ピセイ)は、お洒落系サイクルジャージの先駆け的存在。トレンドを意識しつつも、今までにない斬新なデザインにてヨーロッパからアジアまで注目を集めてきました。

目を引く派手なデザインの中にも品がある、PISSEIならではの存在感を持っています。最近は技術面でもさらなる進化を遂げ、ますます目が離せなくなっています。

最近のシンプルなお洒落ジャージに飽きていた方におすすめのPISSEIジャージ。新しい刺激を感じてもらえるはずです。

≫関連記事「サイクルジャージの最先端がここにある!PISSEI(ピセイ)の春夏新作が登場。

ピセイのサイクルジャージ1

ピセイのサイクルジャージ2

ピセイのサイクルジャージ3


≪PISSEIオススメの一枚≫




ボーダーデザインにてラフな一枚と思いきや、エアロフィットにて仕上げた”走れるサイクルジャージ”。

肌を常にドライな状態に保ってくれる特殊な素材を採用し、体を包み込むような柔らかい着圧が気持ち良い一枚。機能だけでなく、夏の暑さも吹き飛ぶ清涼感のあるデザインは見逃せませんよ!




サードウェーブの流れに乗り、次々と新しいブランドが台頭してきている現在。

それによりサイクルウェアの選択肢が広がり、普段着のようにファッションを楽しむ人たちが増えてきています。

一辺倒だったサイクルウェアも、今や個性を主張する時代へと移り変わっています。


◆ INDEX ◆
1.Isadore(イザドア)
2.PAS NORMAL STUDIOS(パスノーマルスタジオ)
3.Velocio(ヴェロシオ)
4.Peloton de Paris(プロトン ド パリ)
5.7MESH(セブンメッシュ)
6.ASSOS(アソス)
7.POC(ポック)
8.PISSEI(ピセイ)


--
TOKYO WHEELSでは、新入荷やお得情報を
TwitterBlogFacebookなどでもつぶやいています。是非フォローしてくださいね!


text by sasaki <STAFF PROFILE




関連キーワード
PAS NORMAL STUDIOSパスノーマルスタジオズPeloton de Parisプロトン ド パリIsadoreイザドア7meshセブンメッシュPOCポックPearsonピアソンPEdALEDペダレッド

ITEM SEARCH

ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...