TOKYOlife(東京ライフ)

TOKYO WHEELS TOKYO WHEELS

  1. TOKYOlife
  2. ニュース一覧
  3. 着飾りたい日の、勝負ビブショーツ。

UPDATE:2019.06.25

PAS NORMAL STUDIOS(パスノーマルスタジオ)のビブショーツ「Mechanism Bibs」

着飾りたい日の、勝負ビブショーツ。


TOKYO WHEELSにて、「ビブショーツといえば、ASSOS」「ASSOSといえば、ビブショーツ」と、いうくらい”ASSOS(アソス)”がビブショーツ部門の人気を独占してきました。

しかし、今年はそんな状況が一転!昨年から徐々に注目度を高めてきたPAS NORMAL STUDIOS(以下、PNS)のビブショーツ”Mechanism Bibs(メカニズムビブ)”が、トップ争いに名乗りをあげてきたのです。


そもそもASSOSビブと、メカニズムビブの違いはなんなのか?
ASSOSビブは、世界のトップ選手も愛用するほどの優れた技術を持ったビブショーツ。だからこそ、どのブランドのサイクルジャージとも合わせやすいシンプルなデザインにて作られています。

その点、メカニズムビブの魅力は頭一つ抜け出たルックスが特徴。他にはない「デザイン」「生地感」「カラー展開」が、マンネリ化したライドスタイルを変えてくれる。


通常、サイクルジャージはビブショーツと対になったデザインにて登場することがほとんどです。とはいえ、サイクルジャージを手に入れたからといって、ビブショーツまで揃える人は全体の半数もいません。

ですが、PNSに関しては違います。サイクルジャージを手にしたら、ビブショーツまで揃えないと気がすまなくなるんです。


後ろ姿に惚れる。


メカニズムビブのポイントともいえるのが、背面側のロゴ。


ビブショーツって後ろから見た時はとても殺風景なのですが、こちらは腰の部分に大きく”Mechanism”とプリントされているんです。前を走っている人がこのビブを穿いていたら、オリジナリティのあるデザインについ目がいっちゃいますよね。

横から見たスタイルだって、太ももの両サイドにプリントされた”PNS”の文字がアクセントに。どの方向から見られても隙がない。


遠目で見るとわかりにくいのですが、ビブ全体に縞鋼板模様が施されているんです。シンプルながらも計算されたデザインに北欧ならではなのセンスを感じることでしょう。



染色から違います。


メカニズムビブは生地からではなく、糸から染色しています。

これがどういうことなのかというと、生地から染めたものは伸ばした際に染まりきっていない部分が白っぽく見えることがあるのですが、糸から染めているとそれがない。

本当にちょっとしたことなのですが、動いたときの見え方に、品や質の差が出るのです。

シンプルなデザインながらもどこか奥行きを感じるのは、こういった細かい見た目にも気を配っているからなんですよね。


黒だけじゃありません。


豊富なカラバリも、メカニズムビブならでは。ジャージのカラーに合わせることはあっても、同デザインを色違いで展開していることは珍しいです。


特に人気なのがネイビーカラー。オレンジやホワイトベースのPNSジャージにも、ビブにネイビーで持ってくることで垢抜けた印象になる。


もちろん、PNSのジャージとASSOSのビブなんて組み合わせでも全く違和感はありません。ですが外に出る直前に、やっぱりスタイリングに納得いかなくて着替える、みたいな。お洒落したいのに上手くいかない日の、あの不完全燃焼な気持ちになっちゃうんですよね。


昨年よりもフィット感やパッドも改善されたことで、ギミック面でも評価されているメカニズムビブ。
淡白なビブに飽きた方も、ちょっとお洒落したい日の勝負ビブにいかがでしょうか。




PAS NORMAL STUDIOS
ビブショーツ【Mechanism Bibs】
¥26,722 (税込)




PAS NORMAL STUDIOSのアイテム一覧はこちら

--
TOKYO WHEELSでは、新入荷やお得情報を
TwitterBlogFacebookなどでもつぶやいています。是非フォローしてくださいね!


text by sasaki <STAFF PROFILE



関連キーワード
PAS NORMAL STUDIOSパスノーマルスタジオビブショーツMechanism Bibs

ITEM SEARCH

ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...