TOKYOlifeおしゃれな自転車ファッションアパレル

  1. TOKYO WHEELS
  2. Isadore(イザドア)
Isadore(イザドア)を着て街並みを走るサイクリスト

2013年に元UCIプロチーム所属のVelits兄弟によって立ち上げられたサイクルウェアブランド「Isadore(イザドア)」。

第一線で活躍していた彼らが作るイザドアのウェアは、理にかなった着心地、洗練されたデザイン、そしてヨーロッパらしい洒落た色使いで、多くのサイクリストを魅了しています。


COLLECTIONS

Isadore(イザドア)のオルタナティブジャージを着てヒルクライムをするサイクリスト

自分にピッタリのIsadoreが
きっと見つかる

イザドアの魅力は、乗り方に応じて豊富なラインアップが揃えられていること。そのためジャージやビブ、アクセサリーなどメイン商品には「Performance (パフォーマンス)」「Lifestyle (ライフスタイル)」「City Ride (シティライド)」と、大きく分けて3つのカテゴリに分かれています。


Lifestyle

Isadoreでいうライフスタイルは、ファンライドやホビーライドを想定したもの。ビブショーツは着用していることを想定しているので、グループライドやコーヒーライドなど100km程度を走る際に最適なウェア。メリノウールを使ったアイテムが多く、素材感や着心地の良さにハマってしまう自転車乗りが急増中。Isadoreが気になるけど、何から選べばいいのかわからない!なんて方は、まずここから手にしてほしい。


Performance

名前の通り、ロングライドや激しいトレーニングライド向けのラインナップ。メリノウール以外にも、ライクラやスパンデックスなど化繊を積極的に採用し、より通気性や汗処理能力を高めたウェアが中心。空気力学に基づいたエアロデザイン、快適な着心地をカッティングにて実現。パフォーマンス性能に、洗練されたデザイン性を融合したラインナップといえるでしょう。


City Ride

ビブは履かないけど、快適なライドを求める方へ。ライディングショーツやデニム、襟付きシャツなどカジュアルウェアといった、日常にそっと溶け込むデザインが特徴のシティライドラインナップ。




ABOUT ISADORE

Isadore(イザドア)のウェアを着て走るサイクリストたちの後ろ姿

Isadoreの魅力とは

プロとして世界中のツアーを走っていたVelits兄弟自身が企画から開発、テストまで行って製品化される渾身のサイクルウェアは一から開発されており、ただプリントしただけの「なんちゃって」ウェアはありません。

またウェアやそのパッケージの作り方についても環境に配慮しており、Oeko-TexR認定を受けたサプライヤーから材料や生地を調達。
地元であるスロバキア近郊のファクトリーを選び、リサイクルまたはリサイクル可能な紙で製造されたパッケージを作っています。


快適な着心地

Isadore(イザドア)のウェアを着て談笑するサイクリストたち

Velits兄弟がイザドアを立ち上げた理由を、 「プロ時代は“速さのみ(Only for Speed)”を求めたタイトな化繊ジャージを着ていた。 でも、純粋に自転車を楽しめる“快適な(Comfortable)”ウェアが欲しかったんだ。」 と語る。

そこでイザドアが目を付けたのが、本場ニュージーランド産の上質な「メリノウール」。

メリノウールは暖かくて防臭抗菌機能を持っており、「快適さ」を体現するのに相応しい素材。 イザドアの多くのアイテムに使用されています。



確かな品質

Isadore(イザドア)のウェアを生産する工場風景

ラインナップの多くはスロバキアの近隣国で作られており、その大部分がイザドアのオフィスから1km圏内ある工場で生産されています。

実はこの工場では大手メゾンブランドのアイテムも手掛けており、品質にはかなり信頼がおける工場。

開発から生産までVelits兄弟の目が届く場所で行うことで、確かな品質を維持できているんです。




街に溶け込むデザイン

Isadore(イザドア)のウェアを着て食事をするサイクリストたち

イザドアが提唱する「快適さ」とは着心地(フィジカル)の良さだけでなく、「生活に馴染むデザイン」がメンタルにも快適さを与えると考えています。

都会的な街並み、お洒落なカフェ、ふと気になったお店に入るにも、派手なウェアでは周りに溶け込めないというストレスが生まれがち。

そこでイザドアは、自己主張の強い大きいロゴや無駄な装飾を省き、身も心も快適なサイクルライフを送れるウェアを作るに至たりました。



STORE LOCATION

Isadore(イザドア)のウェアを着て子供たちと戯れるサイクリストたちの後ろ姿

直営店

  •   
    Isadore(イザドア)の直営店TOKYO WHEELS 東日本橋店の内観   
  •   
    TOKYO WHEELS 東日本橋店

    東京都中央区東日本橋2-27-2 日機会館ビル1F
    ☎ 03-5820-0042
      
  •   
    Isadore(イザドア)の直営店TOKYO WHEELS 大阪店の内観   
  •   
    TOKYO WHEELS 大阪店

    大阪府大阪市西区西本町1-2-1 AXIS本町ビル 1F
    ☎ 06-4400-5070
      

  •   
    Isadore(イザドア)の直販サイトTOKYO WHEELSのロゴ   
  •   
    TOKYO WHEELS Online Store

    https://www.tokyolife.co.jp
      


全国の取扱店

  •   
    Isadore(イザドア)を取り扱うImpress Cycle Worksの外観   
  •   
    Impress Cycle Works

    札幌市中央区北3条東5丁目357 ザ・タワーフロンティア札幌1F
    ☎ 011-522-8901
      
  •   
    Isadore(イザドア)を取り扱うハヤサカサイクル仙台中央店の外観   
  •   
    ハヤサカサイクル仙台中央店

    仙台市青葉区中央2丁目4-6
    ☎ 022-398-8195
      

  •   
    Isadore(イザドア)を取り扱うRIDEWORKS(ライドワークス)の外観   
  •   
    RIDEWORKS

    神戸市東灘区本山中町2丁目1-32
    ☎ 078-806-8639
      
  •   
    Isadore(イザドア)を取り扱うCycleZ(サイクルゼット)の外観   
  •   
    CycleZ

    岡山県岡山市北区島田本町1-1-47
    ☎ 086-252-7744
      

  •   
    Isadore(イザドア)を取り扱う正屋本店の外観   
  •   
    正屋 本店

    福岡県福岡市南区塩原1-14-4
    ☎ 092-555-3200
      
  •   
    取り扱い店舗募集中   
  •   
    ※販売店を募集しています※

    卸での取り扱い希望は、下記メールアドレスにお問い合わせ内容を記載頂きましてご連絡ください。

    E-MAIL:wholesale@tokyolife.co.jp








Isadore(イザドア)のロゴ

Isadore | イザドア

Isadore(イザドア)は、スロバキア出身のヴェリトス兄弟が立ち上げたサイクルウェアブランド。元々プロ選手として走っていた二人の頭の中には、引退前からすでにブランドの構想がありました。そして、「現役時代とは違う走り方を楽しみたい」という思いでブランドがスタート。化学繊維を使ったピチピチでレーシーなプロ選手たちのウェアはいわば「広告塔」や「戦闘服」であり、それを着ることに少し疲れてしまった彼ら。そこで、最強の天然繊維であるメリノウールを主原料としたウェア作りをスタート。生地由来の柔らかい着心地やカラーリングを重視した商品構成が中心のブランドです。 一つ一つのアイテムがとても丁寧に作られており、ブランドロゴの縫製やパターンなど、細部にまでこだわりが見られます。ウェア類はすべてリサイクルボックスやリサイクルバッグに入っており、エコに気を配る一面もあります。 巷に溢れるブランドとは一線を画す、まったく新しいサイクルウェアブランド、それがIsadore(イザドア)です。








ページトップ
Loading...