TOKYOlife(東京ライフ)

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. TOKYO WHEELS 大阪店
  4. narifuri『バックパック』解体新書?

2016.01.26 Tue

TOKYO WHEELS 大阪店

narifuri『バックパック』解体新書?

ここしばらく、アウトドアというか外遊びというか、アクティビティブームが追い風になって、バックパックの勢いは増すばかり。サイクルブランドに絞ってみても、その選択肢はずいぶん増えました。
大阪店では、規格外の人気をほこるUni&Co.を除くと、今やメッセンジャーよりバックパックの人気が勝っちゃってます。

c0 (1) 01l

バックパック【Sサイズ】/ narifuri(ナリフリ)¥34,560 (税込)

Mサイズ(¥42,120 TAX-IN)はこちら

 

これはその中でも特に安定した人気をほこる、その名もずばり『バックパック』。年数回のみ作られやって来る、narifuriの定番バッグの代表格。今回はやくも春夏分が入荷して、フルカラー&フルサイズ揃いました。

okDSC05410 okDSC05411 okDSC05412

あぁ壮観。ずっとこのままでもいいのに(笑)売れないと困りますけど!
このバックパック、ずっと売れ続けるにはやはり色々と理由があるようです。

 

希少なデザイン
世のバックパックの多くが、プラスチックのバックルやコーデュラナイロンを採用してますよね。あれはあれでそこに至った理由があって、良いものです。
ただ中には「ちょっと若いかな、安っぽいかな・・・」と感じる方も少なくないようで。そんな方にはこのバッグしか無いですよと、太鼓判を押したいです。フォルムはクラシカルでカジュアル、テイストは上品でハイクラス。こういうの、他にはあまり見かけませんので。

やや余談ですが・・・20年近く前、かつて一世を風靡した、某メゾン発のナイロン製高級バックパック。あえてどれとは言いませんが「あれね。」と思い出す方も居られるはず。PからはじまりAで終わる・・・。
もちろんデザインは大きく異なりますが、不思議とそのバッグにも通じる一種独特の高級感があります。30代~40代のお客様に特にウケるのも納得!

10l

具体的にはメタルのバックルと、やや硬めで「クシャッ」とつぶれにくいハリのある光沢生地が使われていて、それがこのバッグのテイストを決定づけているようです。

 

じゅうぶんな収納スぺース
メインの収納スペース(※PCスリーブ装備)のほか・・・

c0

19l

オレンジ丸の箇所も大きなコンパートメントになっています。財布やケータイスケジュール帳は余裕で収納。サイズに注意すれば、大型U字ロックもイケるかも。
サイドにも色々と収納できますが、後述します。

 

 

ジャパンブランドらしい使い勝手の良さ

・サイドファスナー
13l
毎度毎度、わざわざ上部を開けてモノを取り出す必要はなしです。サイドのファスナーで内部に簡単アクセス。これ、使ってみると分かりますが相当に便利ですよ。

・サイドポケット
02l
折り畳み傘やボトルを保持しやすい仕様です。水抜き穴も装備。このあたりがさすがジャパンデザインですよね。

・ショルダーハーネス上部のストラップ
okDSC05414 okDSC05415
本格的な登山用バックパックでよく見かける、ショルダーハーネス上部の調整ストラップを装備。より適正な位置にバッグを担ぎ置くことが出来、またストラップの絞りでアールの大きさを変えられるので、負担の軽減になります。負担が特定箇所ばかりに掛かるとしんどいですからね。負担箇所を好みで色々と変えられるというわけです。知ってる方には当たり前でも、知らない方には驚きの仕様。

・防水
言わずもがな、ですね。自転車に乗れる程度の雨には問題なく立ち向かってくれます。

 

広がったカラバリ
一部のアイテムを除けば、以前はブラックとパープルのみのライナップでした。
それが昨シーズンから一気に4カラーに増えました!(パープルはお休み。)
特にベージュは一部のお客様に強烈に指示されてるみたいで。確かに、他ではこんなベージュのバックパックは見かけませんね。
c2

 

 

これにやられた方も多い!
okDSC05413

下部バックルのデザイン。なんとペダルです!機能性も高いですよ。こういう細やかなデザインが所有欲を満たしてくれるんですよね~。

 

最後に、サイズ感。
SとMを並べてみました。ご参考まで~。
17l 03l

 

ちなみにこのバッグ、時期をハズすと色やサイズが選べないこともしばしば。春や秋は特に良く売れますから、狙っておられる方は要注意ですよ!勿論、今の時期がいちばん選べちゃいます。

 

(パウダースノー最高でした!!シゲマツ。)

この記事を書いた人

シゲマツ

ブロックタイヤの自転車たちとブロンプトンを相棒に、ダートライド・釣り・キャンプ・トレッキング・スノーボードなどお休みのほぼ全てをフィールドでの活動にそそぐチューネン。およびTOKYO WHEELS 大阪店店長。ボクにとって、ブログはご飯を食べるのとおんなじです。執筆頻度が高すぎてウザいことも多々あろうとは思いますが、何卒ご容赦のほどを・・。

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...