TOKYOlife(東京ライフ)

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. TOKYO WHEELS 大阪店
  4. ALBA OPTICS(アルバオプティクス)人気サングラスSTRATOS(ストラトス)解体新書2021。

2021.01.23 Sat

TOKYO WHEELS 大阪店

ALBA OPTICS(アルバオプティクス)人気サングラスSTRATOS(ストラトス)解体新書2021。

雨が続きますね。

今ならゆったりお過ごしいただけますので、ソーシャルディスタンスを気にされているお客様も、ぜひぜひ大阪店に!お店のすぐ向かいにハイルーフ車OKのパーキングもできましたし!

 

さて

1/22(金)からはじまりましたALBA OPTICS(アルバオプティクス) のノベルティフェア!

この期間中にALBA OPTICSのサングラスをお買い求めいただくと、ブランドオリジナルの稀少なピンズセットが手に入ります(各店先着)。

大阪店、まだ在庫アリアリデス!

 

ちなみに、ピンズの裏側はよくあるこの感じ。

これ、ニッパーでカットしちゃって、クルマ外装用の両面テープ(3Mの”GT7108″など)で自転車に貼り付けたりするのもお洒落かもですよー。

 

さて、前回の続き・・・なのですが。

本日は「STRATOS」のレンズ交換方法をご説明します。

 

・・・っと、その前に!

最近、同ブランドでの人気ナンバーワンモデルになりつつある、このSTRATOS(ストラトス)について、おさらい的に少しご紹介です。

ヨーロッパや韓国のお洒落サイクリストの着用率が高いモデルで、目下流行のビッグレンズをフレームレスですっきりと表現。

 

フレームカラーは白と黒、そしてSNOWという名のクリアの3色展開です。

 

レンズは、赤系や青系のミラーからブラウン系、イエロー系、そして調光まで揃います。交換レンズも色々ありますよ!いやー、増えたもんです。人気者ですからね。

 

耳の位置やヘルメットの構造に合わせ、伸び縮みが可能なテンプルを備えているのもポイント。

 

なんと言っても、レンズカーブがアジア人に向いているところが嬉しいです!アジアンフットのノーズパッドも標準装備なので、無理のない気持ち良い着け心地を得られやすいです◎

女性の場合、小顔効果を狙ってのお買い上げも多いモデルです。

 

 

STRATOS(ストラトス)のレンズ交換方法。

1.レンズからフレーム(テンプル)を外す

V字と言うんでしょうか、谷折りの要領でフレームの端を押し上げると、意外なほど簡単に外れます。

外れました。一度外し方を理解すれば次からは簡単です!さほど力も要りません。

※左側フレームにも同じ作業をして下さい。

 

2.ノーズを外す

ノーズをつまみ、内側に力を入れながらレンズから外していきます。

フレーム素材が優秀でなかり強いので、安心して作業できます。

というわけで、無事バラバラになりました。

 

 

それではレンズを装着していきます。

3.レンズにフレーム(テンプル)を装着する

いきなりですがキモがあります!これを怠るとなかなかフレームとレンズが繋がってくれません。

レンズの突起(上側)を、フレームに彫られたレンズ溝にしっかりと乗せ、噛み合わせます。

真正面から見るとこうです。

 

レンズの突起(上)とフレームの溝がしっかりと噛み合った状態で、フレームを逆V字(への字?)方向に押し込みます。まだはまっていない、レンズの突起(下)をフレームの溝にはめてあげる要領です。

 

こうなるはずです。

同じ要領で逆側もセットしたら・・・

お次はノーズです!

 

4.ノーズをはめて完成

ノーズをつまみ、内側に力をかけながら・・・

レンズにはめ込みます。

ここも、一度要領を掴んでしまえば二度目はとても簡単。さして力も要りません。

 

完成!

STRATOSはちょうど補充分が入荷したばかり!今ならかなりのカラーを試せますよ!

もちろんオンラインにもです!
商品一覧はこちらです!⇒ALBA OPTICS STRATOS

(シゲマツ)

この記事を書いた人

TOKYO WHEELS 大阪店

TOKYO WHEELS 大阪店のスタッフがお店の情報や最新入荷情報、日々の出来事をつづっています。 ※TOKYO WHEELSのお得情報や新入荷情報をTwitterやFacebookをフォローしてGETしよう!

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2021年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

<<2013年12月以前の記事はこちら

ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...