TOKYOlife(東京ライフ)

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. TOKYO WHEELS 大阪店
  4. 【ガチ乗り】夏の自転車バックパックは「洗える」が大正義!【カジュアル】

2020.08.08 Sat

TOKYO WHEELS 大阪店

【ガチ乗り】夏の自転車バックパックは「洗える」が大正義!【カジュアル】

バックパックを背負っての真夏のライドに、背中の汗はつきもの。
どう工夫してもバッグは汗で汚れてしまうんだから、いっそ洗えるバッグであればいいなって思いませんか?

多くは無いですけど、ありますよー。ちゃんと。

ロードバイクに跨ってのガチめなライドに向くものがひとつ。
そして、カジュアルなサイクリングにマッチするものがひとつ。

しかも、どちらも小さく折り畳めるタイプです。

さっそくご紹介します!

サイクルジャージを着て走るロードバイク乗りに!

ASSOS(アソス)というブランドのこと、ロードにお乗りの方なら耳にしたことがあると思います。スイスに居を構え、日々ウェアの研究開発に心血を注ぐウェアのトップブランドです。40年以上の歴史を持ってます。

 

最高峰レインジャケットと同じ生地

ボディバッグ【GTAssos SPIDERBAG】

そんなブランドの最高峰レインウェア【RS.sturmPrinz EVO】に使われるものとまったく同じ生地を使って作ったのがこの【GTAssos SPIDERBAG】というバッグです。
レインウェアなので元々水に強いだけでなく、ネットに入れて洗濯機で洗えます。

この生地は耐水圧:17,200mmもあるので、内部に汗が染みにくいという特製もあります!

 

畳むと凄くコンパクト

畳んでクルクル巻くとこのくらいのボリュームになり、バックポケットにも収まります。用がある時だけ取り出せるのでライドの邪魔になりません。135グラムと言う軽さも自慢。

 

ジャージのバックポケットを塞がない

このバッグの「なるほど!」とつい声が出てしまうポイントがここ。
バックポケットを邪魔しないようにデザインされてます。当然、背中を覆う面積も狭いので、オーバーヒートを起こしにくい。

ローディー(ロードバイク乗り)の事を最優先に考え設計された、安心のロングセラーモデルです。

 

カジュアル大好き!マイペースで自転車を楽しむあなたに。

FAIRWEATHER(フェアウェザー)と言えば、大容量サドルバッグ等、自転車に取り付けるバッグが有名な東京発のブランド。
実はずいぶん昔からバックパックをはじめとしたバッグも作っていまして、PACKABLE PACKは近年登場したばかりのNEWモデル。

軽量パッカブルバックパック 【packable pack 15L】

 

トレンドの超軽量バッグ

アウトドア、特にソロキャンプに明るい方はご存知と思いますが
「ウルトラライト系」「UL系」と呼ばれる、小規模ブランドが手掛ける超軽量のアウトドアギアが密かに盛り上がってます。
このムーブメントを日々のファッションに取り入れる方も増えてます。

PACKABLE PACKはそんなウルトラライトウェイトの流れを汲むバッグで、とにかく軽い!
15リットルと言う、デイパック以上の容量がありながらも204グラムしかない重量はちょっと驚きです。

 

パッカブル仕様

このPACKABLE PACKのもうひとつの特徴が、このパッカブル仕様。小さくまとめれば手のひらサイズに。輪行にも持ってこいです。

 

高級テントにも使われる強靭な撥水生地

インビスタ社のシリコンコートコーデュラリップという、高級山岳テントにも使われる撥水生地をフルに使った贅沢仕様。
それでいて¥12,650 (税込)。しかも日本製なんですよ、コレ。驚きです。

・・・こちらはさすがに、洗濯機でガシガシ洗うというのはおすすめしませんが、ぬるま湯シャワーでザっと洗い流す程度であれば大丈夫。
洗うと痛みがちな顔料プリントもないですし、そもそも生地は防水系ですし、芯地を使っていない一枚布の、いわゆる「ザック」なので型崩れの心配もないです。

バッグ自体の重さで背負うのが億劫になってしまうバッグが多い中、このくらいの軽さなら夏でも気軽に背負う気にさせてくれます。
コーデュラリップ素材ならではの「透け感」も可愛いですよね。夏っぽい。

 

明日8/9はバッグの日!

beruf、Bagjack、CHROME、ANONYM CRAFTSMAN DESIGN、narifuri、CODE OF BELLなど、今日ご紹介モノこれ以外にも各種バッグを取り揃えておりますので、ぜひお立ち寄りを。

お盆期間中の営業ですが、8/10(月)は祝日ですので営業させていただき、翌8/11(火)に代休をいただきます!

(シゲマツ)

 


「自転車だって、ファッションだ。」
TOKYO WHEELS 大阪店

◆SHOP INFO
大阪府大阪市西区西本町1-2-1 AXIS本町ビル 1F
OPEN:12:00-20:00(月曜定休/祝日の場合営業、翌火曜日休業)
TEL:06-4400-5070
MAIL : osaka@tokyowheels.jp

MAP

この記事を書いた人

シゲマツ

ブロックタイヤの自転車たちとブロンプトンを相棒に、ダートライド・釣り・キャンプ・トレッキング・スノーボード・カヤック・カメラなどお休みのほぼ全てをフィールドでの活動に捧ぐチューネン。およびTOKYO WHEELS 大阪店店長。某釣具ブランドのフィールドテスターもやってます。

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...