TOKYOlife(東京ライフ)

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. TOKYO WHEELS 大阪店
  4. なんでこれが2万円切れるんだろう?

2019.07.11 Thu

TOKYO WHEELS 大阪店

なんでこれが2万円切れるんだろう?

角ばった、スクエア型のバックパックの人気未だ衰えず!ですね。
ウチでも↑の黒いのとか、右奥の白いのとかは人気あります。
直線で構成されたデザインってタクティカルでカッコイイんですよね。

学生さん愛用のノース〇ェイスはおいといても、スクエアバッグの流行は、しばらく変化の無かったバックパックシーンに久々に訪れたムーブメントなので、まだしばらくはこの勢いが続きそう。
老舗アウトドアブランドも矢継ぎ早にラインナップに加えてますし。

 

ウチも以前からCHROMEILEなど多数扱ってますけども
実は、スクエアタイプがいちばん多く揃うのが、ドメスティックブランドのberuf(ベルーフ)です。

(berufってどんなブランド?→とってもマジメなモノづくりを行うバッグ専門ブランドです。詳しくはこちらで。)

 

なんと、ウチでラインナップしているバックパックの8割がスクエアタイプという状態。

小粒でスタイリッシュなモデルが揃うRUSH DAYPACKシリーズ
ビジネスシーンにもマッチ!UC BACKPACK&UC 2WAY BACKPACKシリーズ
現在のberufの顔役と言えるURBAN EXPLORERシリーズと、ジョイント可能なポーチ類
ブランド最強の旅バッグ、2×3 WAY BRIEF PACKシリーズ
アーバンバックパックの代名詞!?STROLL BACKPACKシリーズ

選び放題です。今からバッグを探すなら、ここは無視できませんね。

 

そして、最新作であるスクエア デイパック【CF ADAPT SQUARE DAY PACK】は、スクエアタイプにありがちな上フタタイプではなく、イメージをガラリと変えてきました。

スクエア デイパック【CF ADAPT SQUARE DAY PACK】

 

バッグの前面を走る、ユーティリティベルトというか
ハンギングチェーンのようなパーツに、付属のサコッシュを取り付けできるのが、表向きのポイントです。

 

サコッシュは単体で使うのにじゅうぶんなクオリティと機能性があるだけでなく、ストラップを外してバッグインポーチのようにも使えるという、かなりデキルやつです。コインポケットも付属。

 

何よりも、この後付けというのがイマっぽいんですよ。
バッグにポケットを備え付けるんじゃなく、ポーチをプラスしてデイパックのように見せるのが実にカワイイのです。

参考までに、デイパックといったらこれ↓ですよね。バック本体+前面のポケット部という往年のスタイル。

このスタイルを、後付けのポーチで↓表現してるわけです。
しかも、取り外せるから尚の事便利と。

 

でもですよ

個人的には、そこはあまり重要じゃないと思ってます。
このバッグにあって、他のバッグにはない、いわゆるキモは別にふたつあります。

 

と、その前に!
基本的なディテールからどーぞですよ。

男性にも女性にも丁度良いサイズ感(最大20リットル)
そして700グラムを切る、同サイズのデイパックではトップクラスの軽さ。

生地は、高強度のナイロン素材をポリカーボネートでコーティングしたもの。セミマットな質感が個性的ですが、実はかなりの生地強度と雨への耐性を持ちます。

 

両サイドにはポケット×1ずつ。ボトルや折り畳み傘のスペースですね。スマホもここでしょうか。

 

上部にはハンドルがあるので手下げもOK。

 

ファスナーのパーツは、指を軽く引っ掛けられる、比較的新しいものを使用。使うと分かりますが想像以上に優れもの。

 

内部はシンプルで、13インチのノートPCまで入るスリーブが1つです。
シンプル過ぎないか?と思う方もきっと居られると思うのですが・・・

ここがひとつめのキモです。

内部構造がシンプルであること+素材が比較的ソフトなので、バッグをペタっと潰すことができるんですよ。

トランクの中にもじゅうぶん入れられる大きさとボリュームですから、旅行やご出張時のサブバッグとしても優秀、というわけです。

 

で、↑の棒状のパーツは何?

これがふたつめのキモです。

ショルダーハーネスと、背面のパッドにそれぞれ、マジックテープでついている、このパッド。

これが意味するところは、取り外して手洗いが可能ということ。

どうしても汗で汚れる部分なので、これは非常に嬉しいポイントです。
クッション性もプラスされますしね。

 

こういうところがberufなんだと思います。
常にユーザー目線でモノづくりを行い、その姿勢がとっても真面目。ユーザー目線が行き過ぎて、やり過ぎじゃない?って思う部分もあるくらい。

相変わらずのメイドインジャパンで、¥16,500 (税抜)という価格にもご注目。

おすすめです。
スクエア デイパック【CF ADAPT SQUARE DAY PACK】¥16,500 (税抜)

(シゲマツ)

 

<大阪店からのお知らせ!>

1)昨年えらく盛り上がった企画が再始動!!
『勝手にツール・ド・フランス応援フェア』 今年も開催中です。
オンラインでのお買い物、または店舗へのご来店前に必ずこちらをご一読下さい。サイクルジャージが貰えるかも!?
詳しくは⇒ https://www.tokyolife.co.jp/news/5220/

2)100%サングラス BORAカラー緊急入荷!
7/11(木)16時現在、大阪店はSPEEDTRAPの在庫アリです!再入荷の見込みはありません。
この限定モデルについて詳しくは⇒三宿店Blog

この記事を書いた人

シゲマツ

ブロックタイヤの自転車たちとブロンプトンを相棒に、ダートライド・釣り・キャンプ・トレッキング・スノーボードなどお休みのほぼ全てをフィールドでの活動にそそぐチューネン。およびTOKYO WHEELS 大阪店店長。ボクにとって、ブログはご飯を食べるのとおんなじです。執筆頻度が高すぎてウザいことも多々あろうとは思いますが、何卒ご容赦のほどを・・。

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...