TOKYOlife(東京ライフ)

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. TOKYOlife STAFF'S NOTE
  4. 【今さら聞けないシリーズ】ダウンとフェザーの違いってなに?

2015.12.01 Tue

TOKYOlife STAFF'S NOTE

【今さら聞けないシリーズ】ダウンとフェザーの違いってなに?

 

12月に入りすっかり寒くなってきました。東京でも日中は陽気なんですが、朝晩は結構冷え込みます。
寒くなってくると、絶対寒くない格好やアウターを求めますが、やはり一番はダウンへの欲求。今年が暖冬であろうと寒いことに変わりはありませんから、やっぱり軽くて暖かいダウン、欲しくなっちゃいますよね!

 

TOKYOlifeでもダウンは多数取り揃えています。
blog01
>TOKYOlifeのダウンジャケット一覧

 

高い買い物だし、長く使うものだし、ポチっとするまで悩みますよね。
通販は実物がご覧いただけないので、TOKYOlifeではできるだけ着用画像も撮影して、商品ページに詳しいサイズ感や素材なども書くようにはしています。それでもご不安であればお気兼ねなくカスタマーサービスまでご相談いただきたいのですが、ここで当たり前にスルーされているのが本日のお題。

 

 

ダウンとフェザーのいろは。

世間一般的な常識なのでしょうか・・・これだけ世の中ダウンダウン!と言われると今さら聞けないのがこれ。ダウンの正体と、フェザーとの違い。ご存知ですか?

 

そもそも”ダウン”と呼ばれているダウンジャケットやダウンベスト、羽毛布団などで使われているのは水鳥の羽毛や羽根です。具体的にはグース(ガチョウ)やダック(アヒル)たち。陸鳥からは取れないそうで、身近でいうとハトとかカラスからは取れません!

 

まずは簡単に用語解説。

出典:羽毛布団リフォームの専門店

ダウン:タンポポの綿毛のような丸い羽毛。芯がなく細くて柔らかくて、そしてとても軽いんです。(ケサランパサランのようでもある・・)

フェザー:一般的にイメージされている羽根です。周りは柔らかいですがしっかりと羽軸がありますので固さがありわりと平面的です。

スモールフェザー:羽軸はありますが、フェザーほど固くなく小さく柔らかい羽根です。くるっと湾曲しているのも特徴。

 

 

ダウンが温かい理由。それにしても何故こんなに高いの?

ダウンは保温性の高さが最大の特徴。それもそのはずで、そもそも水鳥たちは寒冷地で生きているため、寒さから身を守る術が必要だったわけです。ではなぜ温かいのか??

先ほどの画像にあったタンポポ(ケサランパサラン)のような羽毛、ダウンボールと言われていますが、それぞれが非常に絡まりにくいそうで、これが上手いこと重なり合いその間に空気の層ができます。この空気の層が体温などで温められると、外側の冷気を遮断し高い保温効果となるわけです。

 

blog02

ダウンは鳥の身体中から取れるのかと思いきや、ダウンは胸から、フェザーは主に翼から、スモールフェザーはお腹からしか取れません。

ダウンは温かく優秀な素材ですが、1羽の水鳥からわずか5g~15g程度しか取れないんだとか!それほど希少な素材なんです。

タンポポみたいなダウンボールが大きければ、それだけ保温性も高くなり、上質なダウンとされます。通常のダウンでも量が少ないのに、さらに上質なダウンとなると取れる量はもっと少なくなります。(中トロと大トロみたいな)

 

さらに、上質なダウンはきちんと成熟した鳥からしか取れません。孵化してすぐの小鳥からでもダウンは取れますが、ダウンボールが小さい。でも飼育の手間がかかりませんから、安価な製品に使われることが多いです。
逆に、マザーグースダウンと呼ばれる最高品質のものもあります。マザー、つまり産卵を目的に育てられているので飼育期間が数年に渡っているため、タンポポみたいなダウンボールも大きい。だから弾力性や温かさが優れているんです。

 

つまり、ダウンを沢山使っていればお値段はそれなりだし、良いダウンであれば尚更、それなり・・ということです。

 

 

『詰め物:ダウン90%、フェザー10%』から読み解くこと。

対してフェザー。こちらは保温性にはダウンに劣りますが通気性と弾力性に優れています。
翼などから取れる大きなフェザーは固くごわついているものが多いのですが、腹部や胸部などから取れるスモールフェザーは柔らかく、羽軸がくるっと湾曲しているので弾力性があります。

スモールフェザーとダウンを混合させているのは、保温性と弾力性を両立させるため。ダウン製品のふっくら柔らかな質感と、手でつぶしても元通りの弾力性はそのおかげです。

ダウン100%の製品はあまりなく、型崩れを防ぐためにも10~20%程度のフェザーを混合しています。一般的にそのフェザーの混率が低ければ高級品とされていますから、『ダウン90%、フェザー10%』というのはまさに贅沢品!

安物ダウンはフェザーの割合も高く、翼などから取れる大きくてごわつきのあるフェザーを使用していたりもします。そうすると弾力が少ないので、使用する度、膨らみも少なくなってきてしまうのです。

 

 

まとめとお決まりの宣伝文句。

だからと言って、ダウン90%、フェザー10%が全部良い!というわけでもなく。
ダウン80%、フェザー20%となっているものでも、そもそもダウンやフェザーの入っている量が多ければその分温かいのは当たり前。また、デザインや製品の機能に応じて混率が変わってきたりもしますので、安易にそこだけを判断基準にするべきではありませんが・・・あくまで参考までに。

ともあれ、良いダウンは高いんです。
ただ、ダウンはからまったり固まったりしにくいため、長年使用しても製品の膨らみを失いにくいんです。大事に使えば、10年、20年と長持ちします。だから良い物を見極めて、是非とも長く愛用できる1着を!

 

そしてお決まりの。
TOKYOlifeのOUTLETではそんな”良いダウン”が40~60%OFFと超お得です!

質の悪いダウンだから?フェザーばっかりだから?いえいえ違います。
元のお値段、ちゃんと見てください!旧モデル、サイズカラーが残りわずか、そんな理由でお値引き中です。

 

01

TATRAS(タトラス)
シャイニーダウンブルゾン【DIOMEDE/OLIVE】
¥79,920¥47,952 (税込)(40%OFF)

 

03
PEUTEREY(ピューテリー)
フーデッドショートジップダウンジャケット
¥85,320¥51,192 (税込)(40%OFF)

 

04
TATRAS(タトラス)
ウールステンカラーダウンコート
¥113,400¥68,040 (税込)(40%OFF)

 

などなど・・・
寒くなってくると一気にアウターが動き出しますよ。是非乗り遅れなきよう!

>その他OUTLETのダウンはこちらから

 

Comments

この記事を書いた人

キクチ

趣味は食べ歩きと小旅行。美味しいものをチョイチョイ食べて、温泉につかっていれば幸せを感じる“ザ・日本人”です。ニンジンが無いと頑張れない軟弱気質なので、いつも自分に褒美を与えながらがんばってます!現在はCREA webstoreのステキ雑貨を模索中~♪

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2019年9月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...