TOKYOlife(東京ライフ)

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. Ordinary Things
  4. ”お皿”で料理は美味しくなる。

2019.04.10 Wed

Ordinary Things

”お皿”で料理は美味しくなる。

お皿で料理の味は変わる。
ちょっと大げさに言っていますが、あながち嘘ではないなと思っています。

コンビニに並べられたパウチタイプのお惣菜だって、けろけろけろっぴのお皿に盛り付けるのと、洒落たお皿に盛り付けるのとでは見栄えが全然違ったりするもの。
※決してけろっぴを否定しているわけではありません!小学生の時はサンリオが大好きでした~。

お皿や盛り付け方による見栄えで、テーブルの雰囲気がガラっと変わる。いつもと変わらないメニューでも、喜んで食べてくれる。そんなことができるのもお皿の力なんですよね。

おもてなしの心や、日々の生活をちょっぴりいいモノに。そんな時にお皿が活躍するからこそ、お祝い事にも選ばれているんだなと感じます。

そんなお皿たちが、Ordinary Thingsに登場しました。名前は「KURA(クラ)」。

北欧の暖かみあるデザイン。職人による最高ランクの品質、耐久性、安全性をお届けできるよう、日本のものづくりにこだわった正真正銘日本ブランド。

料理が美しく盛り付けられる形
食欲がそそられる色
手持ちの食器とも相性が良いか
などといった、さまざまな角度から考えられて作られています。

お皿にしては珍しく、ツヤツヤを抑えた質感が雰囲気あるんですよね。そしてグレーの柔らかい色味、料理とのコントラストがきつくない分、いろんなジャンルの料理とも合いやすい。

お皿は3種類に、色味はスレートグレー/マットと、クールグレー/マットの二色。

プレートMサイズは副菜やパンをのせたり、取り皿としても。

プレートLサイズはメイン皿やちょっとした大皿に。朝食ではワンプレート使いするのもおすすめですよ。

パスタ皿は少し深めなつくりになっているので、カレーやシチューなどにもちょうどいい。

 

そんなKURAと相性の良いお箸が、こちらのSTIIK(スティック)。実はKURAの開発に関わっているブランドゆえに、色味が合わないわけがないんですけどね。


お皿同様、シンプルながらも洗練された繊細さ。そして飽きのこないデザイン。箸置きとセットでギフトにするのもいいですね。

 

コンビニの惣菜も冷凍食品も、盛りつけただけで”お洒落な一皿”に。
KURAのお皿なら、たまの手抜きも見逃してくれますよ。

この記事を書いた人

ササキ

お店の裏に潜んで、パソコンと向き合う日々。最近の悩みは肩こりで、毎日の小さな楽しみは晩酌。美容情報が入るとすぐに試したくなるアラサーちゃんです。

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...