TOKYOlife(東京ライフ)

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. Jedia
  4. LARDINIのニットジャケットはどうしてこんなに魅力的なんだろう?

2019.02.24 Sun

Jedia

LARDINIのニットジャケットはどうしてこんなに魅力的なんだろう?

こんにちはサカムラです。

 

今週は大好物LARDINI(ラルディーニ)の展示会へ。

イタリアンファッション好きならスルーできないが付くほどの重鎮です。19年秋冬も今まで以上にやってくれそうな気しかしません。


メインとなるのはこれら重衣料なわけですが、しっかりとスペースを設けて展開しているのが秀逸ニットウェアたち。



年々バリエーションが増加しており、もはや専業メーカー?というくらいのボリュームになりました。(さすがにJediaで全てはやり切れませんので悪しからず…)

そんな中でも、一番の人気はやはりニットジャケット。

Jediaには春夏の新商品が入荷してきました。


LARDINI(ラルディーニ)ハニカムコットン シングルニットジャケット¥66,960 (税込)

同ブランドのニットジャケットは世界的にもめちゃくちゃ売れているらしいです。で、当然の如く真似するブランドが出てきていますが全然真似できていない(笑)このカタチと素材のクオリティには中々ならないんだな。



そのあたり、ブランドの人間にそっと聞いてみました。仕立ての工夫は勿論のこと、肝となるのはニットファブリックのバランスなんだとか…

伸びにくいしっかりとした組織を選びつつも、通常より敢えて甘めにソフトに仕上げているよう。それでこその唯一無二のシルエットと風合いだったというわけ。

口で言うのは簡単ですが、これは非常に難しいこと。一歩間違えると粗悪な商品に成り下がってしまいますからね…

そのあたり踏まえた上で、着用画像をご覧下さい。


knit:JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)¥35,640 (税込)→¥24,948 (税込)30% OFF

恐ろしいほどエレガント…

着てみると、置きで見るのの数倍良く見えます。ウエストにしっかりとクビレが出ているのが凄いですよね。

そして、さりげなく各部もテーラード仕立て。




うんうん、全てバッチリですな。このあたりを変に端折られると途端に完成度が下がってしまうんです。

あと、個人的にこのワッフルコットンの質感が好み。

↑ ↑ 細かな凹凸を付けたふっくら仕上げの逸品。薄すぎず厚すぎず丁度良いのです。

使用するニット地はシーズン毎にブラッシュアップされていきますので、ワタクシのように気に入った質感を見つけたらすぐにお迎えに上がって頂きたいですね。


まさに一期一会の出会いです…

 

何だか急に春めいてきちゃいましたね。まずはこのあたりからキッチリ押さえていきましょう!

 

サカムラ

この記事を書いた人

サカムラ

幅広いファッションを経験する中でドレスクロージングにどっぷりはまったjediaの新星。まずは“着て見て触って”をモットーとし、これまで培ってきた審美眼をもってして皆様に役立つ情報をお伝えしていきます。

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...