TOKYOlife(東京ライフ)

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. Jedia
  4. LAVENHAMなら雪の日でも気兼ねなく羽織れます。

2019.01.12 Sat

Jedia

LAVENHAMなら雪の日でも気兼ねなく羽織れます。

こんにちはサカムラです。

 

予報では夜遅くと聞いておりましたが、早い時間でチラついていましたね。ここのところ暖かい日もあっただけに、余計寒く感じます…

というワケで、コイツの出番ですよ~。

LAVENHAM(ラヴェンハム/ラベンハム)ラブンスター キルティングフードブルゾン【DENSTON S3/デンストンS3】¥52,920→¥37,044 (税込)(30%OFF)

厳冬期の強い味方、軽くて暖かいLAVENHAM(ラヴェンハム/ラベンハム)さんです。


驚くべきはそのお値段。

三万円台じゃないですか?!

今年はアウターを買い足さず油断していた方、必見ですよ!


knit:ZANONE(ザノーネ)¥39,960 (税込)

良いですね、英国らしいクラシカルデザインがコーディネートに落ち着きを与えます。



やはり、お馴染みのダイヤモンドキルトは優秀。すこぶる暖かいです。



しかし、一番感動を覚えるのはその軽さかもしれません。昔はもっと重かったよなぁ…と思われた方、正解です!

実は、日本上陸20周年を迎えた2014年から、ナイロンテキスタイルがリニューアル!“ラブンスター”と呼ばれる極細糸を使った高密度軽量ナイロンに変更されていたんですね。

そして、このタイミングで従来にはなかった撥水加工が施され、より安心感がアップ。水分だけでなく、シミや汚れのバリアにも繋がったようです。

さらに、見えない生地の裏面にも秘密が。ジャケット外部への中綿吹き出しを防ぐ特殊加工までもがプラスされています。かつては、吹き出し防止のためにスクリームと呼ばれる別素材を当てていたわけですが、これが不要に。

全体で生地一枚分省かれたってことですね。そりゃ軽く感じるわ…

つまり、生地だけでなくキルティング構造そのものが進化していたというワケ。トラディショナルなデザインはそのままに、着心地や機能性をアップデートした本当に英国らしいアウターと言えるでしょう。

雨や雪にも負けない最強装備です…

 

こういった定番はトレンド関係なしに着られるのも嬉しいところ。是非この機会をお見逃しなく~。

 

サカムラ

この記事を書いた人

サカムラ

幅広いファッションを経験する中でドレスクロージングにどっぷりはまったjediaの新星。まずは“着て見て触って”をモットーとし、これまで培ってきた審美眼をもってして皆様に役立つ情報をお伝えしていきます。

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...