TOKYOlife(東京ライフ)

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. Jedia
  4. PITTI UOMO95レポート【TAGLIATORE】

2019.01.10 Thu

Jedia

PITTI UOMO95レポート【TAGLIATORE】

どーも、オザキです。

賑わってますね~。

それはオーダーメイドなの?と聞きたくなるような素晴らしい配色で、見ている分にはとっても楽しいですね。

さて、今回のPITTI UOMO95レポートは【TAGLIATORE】にフォーカスしたいと思います。

TAGLIATORE(タリアトーレ)

LARDINIと並んで非常に人気の高いTAGLIATORE。ダークトーンを基調としたモードとクラシカルを組み合わせたようなスタイリングが印象的です。

世間的にはオーナーのピーノ氏のイメージが強く、かつファッション的なプレゼンばかりが注目されるタリアトーレ。


こういった個性を強く打ち出して話題を呼んでいますが、これはコレです。

タリアトーレはピーノ氏を筆頭にパタンナーとしての選美眼を持ち合わせているため、一見すると悪目立ちするコレクションの陰にしっかりとベーシックな部分を守った定番が盤石の態勢を整えています。

攻めの姿勢を貫く提案型の新作と保守的な定番。二つを上手くディレクションしているからこそ、ここまで高い人気を得ています。

これらを加味してバイイングしているJediaのラインナップを見て頂ければそれは一目瞭然。そして担当バイヤーモリ氏の努力もチラリと感じることが出来ると思います。きっと相当大変ですよコレ。秋冬アイテムは一部絶賛SALE中!!

 

ダークトーンを基調としながらも、タリアトーレも例に漏れることなく基本的には大きなトレンドを継続しています。



が、一つ大きな変化があるとすればコレでしょう。


レザーブルゾンの提案です。

どのブランドもレザーの提案やムートン系の提案は少なからず取り入れてきており、あのBARBAやLARDINIもコレクションに入れていました。ちなみにバルバやタリアトーレのクオリティはかなりハイレベルだったので、ブランド名を聞くまでは全く気づきません。



この辺りのマーケットはさらに熱を帯びそうな予感がしています。

もちろんレザーの真打としてJediaではこの2ブランドもしっかりと準備しています。

EMMETI

Valster

目新しい新型はありませんが、素材感やちょっとした”変化”で楽しませてくれます。定番のレザーを一着買ったから安心というよりは、普通のアウター感覚で新しい提案にどんどん袖を通して欲しいところです。

 

タリアトーレからレザーの話へ逸れてしまいましたが、クラシカルにせよカジュアルにせよ、全てが繋がっているということで。

 

ではまた続報をお待ちください!

 

オザキ

この記事を書いた人

オザキ

靴、洋服、靴、靴、洋服。あと自転車。四六時中何かしらで頭が一杯なJediaのお喋り野郎。ファッションの幅は無限で人の個性もそれぞれ。皆様に素敵なライフスタイルをご提案出来るように日々修行中。Jedia担当?と思われがちですが、愛車はピストBianchiとロードバイクPINARELLOの2台持ち。通勤は主にロードバイクでゆる~く頑張ってまーす。

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2019年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...