TOKYOlife(東京ライフ)

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. TOKYO WHEELS 大阪店
  4. トラッドなテイストを持つ唯一のGIRO製SPDシューズ【SALE】

2020.01.12 Sun

TOKYO WHEELS 大阪店

トラッドなテイストを持つ唯一のGIRO製SPDシューズ【SALE】

GIROの定番にして、街乗り派と観光ロングライダー(※)、そしてツーキニストの強い支持を得る「歩ける」SPDシューズ
“REPUBLIC”

 

ビンディングシューズ【GIRO REPUBLIC】/ GIRO
¥18,000 (税別)→¥14,400 (税別) 20%OFF

ウチではすっかり大定番。来シーズンもフツーに販売しますが、SALEにつられて今お安くなってます。お得です。

※ライドの目的地で歩き回って観光する人

意外と「あんまり売ってないよね~」とお聞きするこのシューズですが、ブラックは見たこと無いって方も多いです。

それもそのはず、ブラックはTOKYO WHEELSエクスクルーシブ。別注です。
最初期にあったカラーを復刻オーダーしたもの。

ちなみに、SPDシューズってマウンテン系が多いですが、こちらは珍しくロードシューズです。
ベルクロやBOAを一切使っていないところがポイント高いですよね。

 

ご覧の通り、街乗りスタイルにしっくり馴染みます。

スニーカータイプを除けばこういうのホント珍しくて、アメリカやEUのマイナーなブランドがひっそりこっそり作っていたりするくらい?
そういうのいって少数生産、お値段も高くなりますから、定価ベースでも税込2万円を切るこのモデル、非常におすすめできます。

片やジャージ+レーパンというスタイルもOK。ロードモデルなので。

 

アウトソールがリニューアルされて以前よりも削れにくくなっているのもポイント高いです。

駆け出しのサイクリストが最初に手にするビンディングシューズとしてもベスト。

ショップのポタイベントなんかに履いていったら自慢できるかもですよ。
ポタリングってフラットペダルな人が多いですしね。

GIROにしては足幅広め

このシューズ、自転車シューズとしては珍しい「外羽根」タイプです。

外羽根のタイプは調整幅が広いのと、同社のSPD-SLタイプと比べてもラスト(足型)がやや広いので、スニーカーに近い感覚で履けます。

シマノさんほどダダ広くはないですけど、程好く広めです。

 

インソールはシューズとしてはスタンダードな厚のものなので、社外品のインソールで微妙なサイズ調整をしてみるのも手かも知れませんね~。

 

 

さて、明日1/13(月)は成人の日。祝日です。
新成人のみなさんおめでとうございます!

本来であれば月曜日は定休日(大阪店&三宿店)ですが、TOKYO WHEELS全店、営業いたします!
翌1/14日にお休みを頂戴します。

(シゲマツ)

この記事を書いた人

シゲマツ

ブロックタイヤの自転車たちとブロンプトンを相棒に、ダートライド・釣り・キャンプ・トレッキング・スノーボードなどお休みのほぼ全てをフィールドでの活動にそそぐチューネン。およびTOKYO WHEELS 大阪店店長。ボクにとって、ブログはご飯を食べるのとおんなじです。執筆頻度が高すぎてウザいことも多々あろうとは思いますが、何卒ご容赦のほどを・・。

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2020年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...