TOKYOlife(東京ライフ)

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. TOKYO WHEELS 大阪店
  4. 撮影中に気づいた清涼感。アーバンライドジャージが凄い!

2018.08.04 Sat

TOKYO WHEELS 大阪店

撮影中に気づいた清涼感。アーバンライドジャージが凄い!

こんばんわ。大阪店のキタグチです。

日々のBlogにUPする写真の撮影。店内で撮る事もあれば、自転車にまたがっているカットなんかは、当然店の外で撮影します。

これだけ気温が高いと、ガンガンに自転車を漕ぐ訳ではなくても汗が噴き出してきます。これが結構大変な作業なのですが、この日は何か違いました。

アーバンライドジャージ【Wade】の撮影

ふだん5分もすれば汗ばんできかねない撮影が、TOKYO WHEELSオリジナルアイテムの【Wade】撮影の時はなんだか違う。

炎天下の撮影だったにもかかわらず、いたってドライな状態が続くのです。

撮影の為、止まるようなスピードの自転車に跨っているだけでも【Wade】なら風を感じ清涼感が身体を包みました。

その秘密は採用された生地にあり

なんとアーバンサイクルジャージ【Wade】を構成する生地の60%以上(※1)が”DotAir(ドットエアー)”というメッシュ素地です。
(※1:キタグチの見た目印象調べ)

見たままなので、秘密でもなんでもありませんが、もう目から涼しいジャージなんです。その見た目から想像できるがままに、想像通りに着てみても涼しかったという事なのですが。

やはり、実際に炎天の下で体感して納得がいくもので、これは本当に快適だと太鼓判を押せるのです。

お腹の横から脇下のサイドパネル、背中のほぼ全面に”DotAir(ドットエアー)”が使われています。

こりゃ涼しいですよ!涼しくなけりゃ嘘ですよ!ここまで軽量で通気性に富んでいれば、バッグパックを背負う時にもいいかもしれませんね。

あと、意外と透け感はなく気になりません。

 

アーバンライドジャージ【Wade】とは?

カッコよく快適に街乗りをするためにデザインされたTOKYO WHEELオリジナルのジャージ。

ジャージとは言ってますが、あくまでもアーバンライドに主眼を置いていますので、ピチピチで着るものではなくサラッと羽織るといった感じ。

当然、街中を歩いていても視線を感じるようなこともありませんし、ライドの途中でカフェに入るなんてこともできます。

そのシルエットから、自転車のみならず、アクティブなお出掛けやその他のスポーツにも十分使えるところも強みの一つ。

また、先述した通り、羽織りモノの感覚で着用できますので、インナーを長袖にしたりアームカバーなどと組み合わせれば、少し肌寒さがある時期までは使えます。

セットアップになるショーツもあるのがGood

そしてなんと、このアーバンサイクルジャージ【Wade】には同じ生地で作られたショーツの存在もっ!!

既に上の写真で露出しまっくってますので、今更感もありますが、念のためです。この暑さが続く日にレースジャージ以外で何を着たらいいのか分からないという時は、このライトウェイトショーツ【Carson】と【Wade】とのセットアップで決まりです。

 

アーバンライドジャージ【Wade】¥16,200 (税込)
ライトウェイトショーツ【Carson】¥15,120 (税込)

moca(モカ)TOKYO WHEELS カップホルダー 02¥1,296 (税込)
moca(モカ)タンブラー¥1,728 (税込)

 

大阪店 キタグチ

この記事を書いた人

キタグチ

私の身体は、自転車とファッションとユーモアで出来ています。自転車をファッションの一部と捉え、洋服を身にまとうように自転車に跨ります!自分の力でどこまでも自由に進む自転車は、乗り方もスタイルも全て自由で、縛るものはありません。自分の信じる”カッコいい”で楽しくペダルを回しましょう!!

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...