TOKYOlife(東京ライフ)

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. TOKYO WHEELS 東日本橋店
  4. 幅広甲高の人も履けてコスパ最強!FLRのビンディングシューズ

2021.07.14 Wed

TOKYO WHEELS 東日本橋店

幅広甲高の人も履けてコスパ最強!FLRのビンディングシューズ

現在行われているツール・ド・フランスを見ていると、選手たちはカッコイイし、つい影響されて速く走りたくなりませんか。

これまでフラペで乗っていて「そろそろビンディングデビューしようかな」とか、「SPDタイプで乗っているけど、SLタイプに切り替えようかな」と検討中の方も多いのではないでしょうか。

ただ価格もそれなりにするし、なかなかハードルが高くて手を出しづらいとお悩みの方に、まずは試していただきたいがFLRのビンディングシューズ

7/16(金)から7/25(日)までTOKYO WHEELS東日本橋店で、FLRローンチフェアを開催します!

フェア期間中はFLRのサイズを豊富にご用意し、各モデルの履き比べが出来ます。

もちろんスタッフがお客様に合ったシューズ選びのご相談に乗りますので、ぜひこの機会にFLRの履き心地を体感してみてください!

FLRの魅力とは

2009年発足の開発と技術に特化したイスラエルのシューズブランド。幅広甲高のアジア人にもフィットしやすい足型が特徴です。ヨーロッパの気候とは違うアジア圏の高温多湿の環境に対応するよう、高い耐久性も持ち合わせます。

ワールドツアーに参戦するプロライダーとパートナーシップを組み、厳しいレース環境でのテスト走行をして製品化しているため、高いクオリティを生み出すことができるんです。

これまでアレックス・ハウズベンジャミン・キングといった名立たる選手が実際のレースでFLRを着用し、輝かしい成績を収めているんですよ。

プロ選手が履くハイエンドモデル

レースでプロレーサーが履いているハイエンドモデル【F-XX Ⅱ】。アッパー素材は柔らかいマイクロファイバーを使用し、幅広甲高の方もラクな履き心地です。カーボンアウトソールを使用していながら2万円代というコスパの高いフラッグシップモデルです。

【F-XX Ⅱ】¥27,280 (税込)

同じく【F-XX Ⅱ】のニットモデル。通気性抜群で蒸し暑いサマーライドに最適です。

【F-XX KNIT】¥27,280 (税込)

コスパに優れたミドルグレードモデル

【F-11】はプロのフィードバッグを得たハイエンドモデル【F-XX Ⅱ】のミドルグレードのSLシューズです。

【F-11】¥14,850 (税込)

アッパーにはパンチングが施されたマイクロファイバーを使用し、ボアダイアルとベルクロで調整可能。ナイロンソールで価格を抑えた日常使いしやすいモデルです。

同じく【F-11】のニットモデル。

【F-11 KNIT】¥15,950 (税込)

パフォーマンスと快適性のバランスを求めて開発された、軽量で高通気モデルです。

最も価格を抑えたエントリーモデル

初めてSLタイプのビンディングシューズにトライするビギナーに向けたエントリーモデル。

【F35 KNIT LACE】¥9,900 (税込)

SLタイプで1万円を切る、最もコスパに優れたモデル。アッパーにニットとシューレースを使用したカジュアルなルックスのため、普段着でも違和感なく履けるモデルです。

歩きやすいSPDシューズ

プロのフィードバッグを得たフラッグシップモデルをもとに、よりパフォーマンスと快適性のバランスを求めて開発されたミドルグレードのSPDシューズ【F-70】

【F-70】¥15,400 (税込)

アッパーにはパンチングが施されたマイクロファイバーを使用し、ナイロンソールを使用。適度な剛性と強度でオフロードや街乗りで歩く場面でも快適です。

同じく【F-70】のニットモデル。

【F-70 KNIT】¥16,500 (税込)

ニットのアッパーによるカジュアルなルックスと確かな機能性で、オフロードからカジュアルサイクリングまで活躍する軽量高通気な1足です。

今回ご紹介したFLRはTOKYO WHEELSのYouTubeでもご紹介していますので、詳しく知りたい方はぜひご覧くださいね。

TOKYO WHEELS東日本橋店では実物をお試しいただけます。FLR Launch Fairでお待ちしております!

>FLRの商品一覧


ここからはお知らせです。

7/31(土)TOKYO WHEELS東日本橋店ショップライド【初級編】やりま~す!

ビギナーの方をはじめ女性やご夫婦、カップルでの参加もお待ちしています。走った後に皆んなで食べるご褒美ランチは格別ですよ!

東日本橋店で皆さまのお越しをお待ちしていま~す!

サカモト

この記事を書いた人

サカモト

新卒で記事間違いで就職したのが浅草橋の生地問屋。テキスタイル、インテリア、アパレル畑で育った後、車好きから何故かサイクルウェアを立上げる事に。そして再びご縁ありTOKYO Wheelsがある浅草橋に。入社すぐ付けられたアダ名は肉食獣、破壊王、鬼ごろし、ギアラex…次はいったい…女性らしさを取り戻す為日々奮闘中。

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...