TOKYOlife(東京ライフ)

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. TOKYO WHEELS 東日本橋店
  4. POCのヘルメット比較してみた

2019.07.06 Sat

TOKYO WHEELS 東日本橋店

POCのヘルメット比較してみた

こんにちは。サカモトです。

いよいよ本日からツール・ド・フランスが始まりましたね。

TOKYO WHEELSにも選手たちが実際にレースで着用するアイテムがありますので、ぜひ同じモデルを身に着けて気分アゲアゲで走ってください。

そしてPOCのヘルメットもその一つ。

RaphaがEFエデュケーションファーストとのパートナーシップを結んだことが話題となっていますが、TOKYO WHEELSではガチ乗りじゃなくてもアーバンライドに人気のヘルメットです。

今回は現在取扱いのある3モデルをざっくりと比較してみました。

①OCTAL(オクタル)
②Ventral AIR SPIN(ヴェントラルエアスピン)
③Ventral SPIN(ヴェントラルスピン)

【左前から比較してみた】


OCTAL

Mサイズで195g。3つのモデルの中で最も軽いモデルです。独特なスクエアのフォルムが特徴的。


Ventral AIR SPIN

Mサイズで235g。OCTALよりもコンパクトなフォルムに。ちょうどOCTALとVentral SPINの良いとこ取りをした感じ。


Ventral SPIN

Mサイズで248g。この中で最も空気抵抗を抑えたモデル。エアロヘルメットに通気性をプラスしています。

【右後から比較してみた】


OCTAL

横から見ても直ぐにPOCだと分かるフォルムとデザイン。白字のロゴがポイントに。


Ventral AIR SPIN

後方の出っ張りをカットし、シャープな印象に。空気を多く取り込み、後方に流すクーリング性能がアップしています。


Ventral SPIN

フォルムはVentral AIR SPINとほぼ変わりませんが、エアポケットの大きさや数に違いが。より空気抵抗を抑えています。

【裏から比較してみた】


OCTAL

パッドはシンプルですが、POCは元々スノーモービルのヘルメットやサングラスを手掛けるスウェーデンブランド。安全性を高めるプロテクション性能には定評があります。


Ventral AIR SPIN

内側に張り巡らされているブルーのシリコンパッドがSPIN。POCが独自に開発したもので、事故の衝撃から頭部を守ります。


Ventral SPIN

SPINの量が多いため、その分多少重さは出ますが、SPINは安全性が高まるだけでなくクッションとなり、被り心地も良くなります。

…とご紹介してきましたが、まぁ機能うんぬんは置いといて、レースとかに出ない限り、まずは見た目で選んで良いかと。そこから頭の形にフィットするものが見つかれば、最高じゃないでしょうか。

そうすればヘルメットをするのがきっと嫌ではなくなり、自転車を漕ぐのが楽しみになりますよ。

OCTAL ¥26,000 (税抜)
Ventral AIR SPIN ¥30,000 (税抜)
Ventral SPIN ¥38,000(税抜)

サカモト
東日本橋店Facebookも、ぜひいいね!してくださいね。

この記事を書いた人

サカモト

新卒で記事間違いで就職したのが浅草橋の生地問屋。テキスタイル、インテリア、アパレル畑で育った後、車好きから何故かサイクルウェアを立上げる事に。そして再びご縁ありTOKYO Wheelsがある浅草橋に。入社すぐ付けられたアダ名は肉食獣、破壊王、鬼ごろし、ギアラex…次はいったい…女性らしさを取り戻す為日々奮闘中。

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...