TOKYOlife(東京ライフ)

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. TOKYO WHEELS 大阪店
  4. 【コラム】アンダーシャツ1枚で変わる冬。

2014.12.22 Mon

TOKYO WHEELS 大阪店

【コラム】アンダーシャツ1枚で変わる冬。

今日は実店舗は定休日です。なので、ブログもコラム的なものに。普段はあまり書かない(時間が足りないとも言います・・)ちょっとツッ込んだことを書かせて下さい!

お題は『冬のアンダーウェア』いわゆるファーストレイヤーについてです。機能的な部分のはおはなしなのでどうしても文面長くなります!良かったら読んでやって下さい。

 

 

写真

今日も寒いですね。

寒さ対策を考える上で、アウターの次に重要なのが、アンダーウェアです。体に一番近い服であり、寒さをしのぐ最後の砦でもあるので。
しかし、ぼくたちのように日頃から自転車に跨る人種は、汗をうまく「いなす」ということも意識しなくてはならず、これが結構ムズかしいのです。

 

11l6

アンダーウェアの種類を、おさらいしてみましょう。

◎吸汗&速乾系
「自転車」「アンダー」というワードから、みなさんの頭にまず浮かぶのが、吸汗&速乾系のものではないでしょうか。ポリエステルをメインに、様々な化繊のブレンドで機能性を追及したハイテク系。

自転車用のものは基本的に暖かくないものが大半ですが、アウトドア用のものに限っては、探せば結構「使える」ものがあります。

ただ、着る人を選ばない「最大公約数」的なシルエットのものがやや多いのが弱点。サイクルジャージの下に着てみたらしっくりこなかったり、とか。また輸入品も多くそういったものは当然外国人向きのシルエット。シルエットは暖かさに直結する部分なので、Tシャツのようなシルエットや、特定の部位がやたら長かったり緩かったりではもったいないのですが。

それと、このジャンルのアンダーに暖かさを期待するのは、ちょっと酷かも。

 

◎綿
いわゆるコットン。いわゆるTシャツ。汗を一番吸う素材ですが、その汗の処理が実に上手くない。吸いっぱなしで渇きが悪い。ウインタースポーツではご法度と言われるくらい、冬に汗をかくスポーツには向いてません。速乾性を持たせたものも登場していますがまだまだごく一部。ただ、これらは将来有望株ではあります。

 

◎発熱系
体から出る湿度に反応して暖める、発熱系アンダー。冬の定番、ヒートテ○ク等ですね。これはなんとなく、自転車との相性が良さそうですが、実は良くないんです。ウェアの機能面では自転車業界よりもはるかに進んでいる山業界でもそのことが段々と知られてきています。

詳しいメカニズムまで書くと長くなりますのでかいつまんでいきますが、発熱系のアンダーは、通気性が良いと発熱しない仕組みになっています。なのである程度、通気性を遮断するようになっているんですが、通気性が悪い=汗が出て行かないので汗冷えに直結、です。
ヒートテ○クを着て運動した後に変な寒気を感じたことはありませんか?その正体はこれです。

で、その汗に対する弱さを、細かい繊維を使うことで「毛細管現象」を促進させ乾燥力を補っているんですが、自転車やランなど汗をかき続けるスポー ツでは、それでは追いつかないんです。日常生活では良いアイテムなんですが。

 

◎ウール系
ウールとひと口に言っても種類は様々ですが、総じて『吸着熱』と呼ばれる発熱メカニズムを持ちます。繊維が水蒸気を吸うときに発する熱エネルギーなんですが、ウールはこの点が特に優れています。また、繊維の間に多くの空気を抱き込んでいます。だからウールは暖かいんです。

でも、肌触りや静電気はいかんともしがたい。洗濯にも弱い。

だから特別なウールであるメリノウール、それも自転車向けのシルエットのものを弊社ではオススメしているわけです。

ma7
▲メリノウールインナー【長袖】/TOKYO Wheels(トウキョウウィールズ)¥7,560 (税込)

 

ma1
▲メリノウールインナー【半袖】/TOKYO Wheels(トウキョウウィールズ)¥6,480 (税込)

 

メリノ種という羊は、昼夜の寒暖差の激しいところで進化を遂げてきた種です。そのためウール繊維も特殊な進化をしていて、例えば気温35℃を超すようなところでも彼らは平気で暮らしています。ウール繊維が天然のエアコンの役目を担っているわけです。

それに繊維が極端に細くソフト。それが複雑に絡み合っているので保温効果が高く伸縮性に富み天然の抗菌・防臭効果も持ちます。しかも繊維のつぶれに対して復元力が高い性質も(化繊は大抵弱い)。丈夫なんです。

また、汗は弾きますが、汗よりも細かい水蒸気は吸収&細かい繊維で気化させます。それも自動的に、です。繊維の表面がウロコ状になっていて、このウロコが温度や湿度によって勝手に閉じたり開いたりして調整。スゴイでしょ?そのおかげで、撥水性と保水性という、矛盾したふたつの性能を持ち合わせられているっているわけです。

暖かさという点では発熱系のものに及びませんが、オールマイティーで長寿命。そして抜群のムレ処理能力を持つ。それがメリノ。そして弊社のメリノインナーは、表面にスムーズ加工を施してサラサラにし「きっちりタイト」「襟ぐり広め」「腕チョット長め」「後チョット長め」「ラグラン」という、完全自転車向けの仕立てでご好評いただいてます。

 

ぜひ一度は体験してみて下さい。胸を張ってオススメします。

 

(shige)

※TOKYO Wheelsのお得情報や新入荷情報をTwitterやFacebookをフォローしてGETしよう!
【Twitter】 @TOKYOWheels
【Facebook】 http://www.facebook.com/tokyowheels

【TOKYO Wheels 大阪店】
★OPEN / 12:00-20:00(月定休、月祝日は営業、翌火曜休)
★TEL / 06-4400-5070
★MAIL / osaka@tokyowheels.jp
★HP / http://www.tokyowheels.jp/
★ACCESS:大阪府大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館 102
(心斎橋・長堀橋より徒歩5分)


大きな地図で見る

【TOKYO Wheels 東日本橋店】
★OPEN / 12:00-20:00(月定休、月祝日は営業、翌火曜休)
★TEL / 03-5820-0042
★MAIL / info@tokyowheels.jp
★HP / http://www.tokyowheels.jp/
★ACCESS:東京都中央区東日本橋2-27-2 日機会館ビル 1F
(東日本橋・浅草橋・馬喰町より徒歩5分)


大きな地図で見る

この記事を書いた人

TOKYO WHEELS 大阪店

TOKYO WHEELS 大阪店のスタッフがお店の情報や最新入荷情報、日々の出来事をつづっています。 ※TOKYO WHEELSのお得情報や新入荷情報をTwitterやFacebookをフォローしてGETしよう!

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

<<2013年12月以前の記事はこちら

ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...