TOKYOlife(東京ライフ)

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. Jedia
  4. EMMETIの新型【CALEM】と傑作【JURI】を比べてみました。

2018.08.11 Sat

Jedia

EMMETIの新型【CALEM】と傑作【JURI】を比べてみました。

どーも、オザキです。

感度の高い方ならご存知かと思いますが、JediaではEMMETI(エンメティ)の超人気ライダース【ANDREA/アンドレア】が最速入荷しております。

さらに超限定数量で5月(めっちゃ前・・・)に先行受注を行った春夏ver.JURIのおこぼれ入荷分も10月頃を予定しております。どちらも連日お問い合わせが大量で回線パンク気味で御座います。(盛りすぎ)

さらに!!
我々今年はいつもと違います!!

JURIとANDREAに続き、なんと期待の新型レザーもスタンバイ!!本日はまだまだ多くの謎に包まれた、例の新型について詳しく突っ込んでいきましょう!

コチラ。

EMMETI(エンメティ)
ライトウェイト ラムナッパレザー シングルライダース【CALEM/カレム】
¥129,600 (税込)

EMMETI至高の2トップJURIとANDREAに続くヒットメーカーの予感。フィッティングベースはJURIに近い。



黒光する美しいレザー。全体的な仕上がりは拘りが感じられます。値段もJURIより少し高いところから、どうやらこれは上位互換のような雰囲気。

裏地はコットンなのでJURI同様に春夏メインのオールシーズン向け。
ということは、やはり気になるのは同じ主戦場にいるJURIとの違いですよね。

CALEMは黒、JURIは茶色で比較してみましょう。細部を詳しくチェックです。

 

まずはこの2モデルですが、スタイリングはほぼ同等。どちらも着丈が短くシャープでタイトフィット。

▲左:CALEM 右:JURI

襟元の剣先の形が微妙に違います。JURIは四角でCALEMは尖らせています。

▲奥:CALEM 手前:JURI

ファスナー受けのアリナシも細かいけれど大きな違いですね。

▲CALEM

▲JURI

小さいポイントですが、腰ポケットの作り方も違います。CALEMの方がやや口が広めか?

▲右:CALEM 左:JURI

袖はスナップ式かファスナー式か。

▲下:CALEM 上:JURI

ファスナーに革の引手をつけているかどうか。これもだいぶ細かな違いですね。

▲下:CALEM 上:JURI

そして大きな注目はライトウェト、と称されるCALEMのナッパレザー。

▲左:CALEM 右:JURI
JURIと比べて触ってみましたが、正直気持ちCALEMの方が薄いかな~??くらいな感じ。薄さ云々よりも、どちらかというと黒レザーの黒光する艶感がJURIの黒より強い気がしますね。この艶感はかなりイイ。

 

それでは最後は一番気になるスタイリングです。




相変わらずレザーの荒々しさはなく、スマートなイメージ。非常にエレガンスに着こなせますね。そして本体が結構軽い。

これがライトウェイトレザーの真骨頂でしょうか?気持ち的にもレザーを羽織ってます感が出ないので、使いやすくて良いですね。



結果として、CALEMは各所のディティールを向上しJURIと差別化を図ろうという意図が感じられます。作りこみはしっかりしているので、簡単に言えば上位互換的な立場でしょうか。

EMMETIの中の第三の選択肢としては中々良いところを付いていると思います。

 

それでは本日はこの辺で失礼いたします~。

 

オザキ

 

この記事を書いた人

オザキ

靴、洋服、靴、靴、洋服。あと自転車。四六時中何かしらで頭が一杯なJediaのお喋り野郎。ファッションの幅は無限で人の個性もそれぞれ。皆様に素敵なライフスタイルをご提案出来るように日々修行中。Jedia担当?と思われがちですが、愛車はピストBianchiとロードバイクPINARELLOの2台持ち。通勤は主にロードバイクでゆる~く頑張ってまーす。

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...