メルマガに登録しよう!

ログイン/新規登録

TOKYOLIFETOKYOLIFE

  1. TOKYOlife TOP
  2. BLOG TOKYO
  3. TOKYO Wheels
  4. 【好評につき再UP!】膝にトラブル?解決の糸口は、コイツです

2016.08.02 Tue

TOKYO Wheels

【好評につき再UP!】膝にトラブル?解決の糸口は、コイツです

ここでの登場はお久しぶりなモガワです。

さて、このワタクシ。実は以前まではLOOKというメーカーのペダルとクリートを使用しておりました。
理由は、初めてのロード用ペダルとクリートとして最初に使い始め、特に問題なかったのでそのままずっと使ってた、というただそれだけ。

不満もなく、新しいものに変える理由が見当たらなかったのです。

しかし!転機は訪れます。それは昨年、弊社代表のモリとトライアスリートであるノヅと三人で榎本牧場に行った時のこと。
荒サイを走り出して数キロで私は膝に痛みを覚えたのです。

「これは結構ダメなやつだ・・・」そう感じた私。痛みを感じ始めてから騙し騙し走り、途中で痛みを感じなくなることもありましたが、結局復路でも痛みを感じてしまう始末。その時はLOOKの「KEO」というモデルを使っていましたが、こんな痛みが出たことは初めてでどうすればいいかわからず、実は人知れずかなり悩みました。

そこで、知人に相談。すると、その知人が「もしかしたら、SPEEDPLAY使ったら解消するかもよ?」とのアドバイス。しかもその知人が、お古のものを貸してくれるというじゃないですか!
IMG_8304

というわけで、私がSPEEDPLAYを使い始めたのには、そんな理由があったのです。
IMG_8309
SPEEDPLAY(スピードプレイ)は、膝にトラブルを抱えていたプロ選手が「このペダルを使うようになって膝トラブルが解決した!」なんて話があり、業界的には「両面キャッチ構造」や「路面からのクリアランスが広がり、コーナリングで車体を倒したときでもシューズとペダルが路面にヒットしにくい」といったメリットが評価され、カンチェラーラやバッソが所属していたCSCが使用し始めたことがきっかけで、その使用率は一気にUPしました。シュレック兄弟やコンタドール、あの怪童サガンも使用していましたね(もしかしてリース監督が関係しているのか・・・?)

そのSPEEDPLAY最大の特徴は、なんといってもペダルに対して脚の角度が自由に調整できること。ペダリングには、人それぞれのクセがあり、一番力を発揮できるペダリングというものがあります。その時の踏み込み角度は、人によって違うのです。

例えば、SHIMANOが0、1、3度、LOOKが0、4.5、9度とそれぞれ限定された固定角度であるのに対し、SPEEDPLAYは0~15度まで自由に、細かく角度調整が可能なのです。
IMG_09491
赤い矢印で示しているのがその調整ネジ。+ドライバーで回すだけで、ネジとネジの間の幅(赤線の間隔)を簡単に調整ができます。さらに、ローラー台などを使用していればシューズをペダルから外さなくても、調整が可能なのです。これは非常に大きなポイントですね。

さらに!丸いペダルに覆いかぶさるように嵌めるクリート。クリートには金属のリングが使用されているため、内部に異物が浸入するとクリートをはめることが困難になります。そんなトラブルを未然に防ぐため、
IMG_8311
こんな「蓋」があるのです。こちらの「蓋」は、クリートバディと呼ばれており、新型のクリートセットには必ずついてきます。

ここで、「え?新型?」という方もいると思いますので、新旧の比較画像をば。

まずはクリート単体。左が新型。少しコンパクトになった印象です。金属のプレートやイエローの樹脂パーツも、形状が変更しています。
IMG_0938[1]

シューズに取り付けると、実は使用しているネジなども変更されており、クリートが薄くなったということが実感できます。
IMG_0942[1]

クリートカバーを取り付けると、その差は一目瞭然。旧型に対して新型は明らかに面積が小さくなり、コンパクトになっています。さらに、クリートカバーにはゴルフボールなどにみられる「ディンプル加工」が施され、より空気抵抗を意識した設計に。(滑りにくさもUPしてます)
IMG_0945[1]

セッティングには、他メーカーのものに比べてやや手間はかかりますが、一度使うとその満足感の高さにやめられなくなる人が多いのも納得。事実、私も今となってはSPEEDPLAY以外考えられない!というレベルになってしまってます。

もし膝に悩みを抱えている方がいれば、このSPEEDPLAYを強くオススメします。個人的には、信号スタートでクリートをはめるのがとても楽になったというのも嬉しいポイントです(友人の多くがSPEEDPLAYを使っており、信号待ち→スタートでよく離されてしまっていたからです)。
また、シリアスライダーのみならず、女性ライダーにもオススメ。クリートの嵌めやすさ・外しやすさはロード用クリートデビューに持って来いです。

補助的アドバイスとして、
IMG_10481
赤丸で囲った黒いネジは締め付けすぎると、ペダルにはまる金属のリングが広がらず、クリートがはまりにくくなる原因になるのでご注意を!

>>SPEEDPLAY(スピードプレイ)の商品一覧はこちら

 

ヒルクライムのレース前に例のネジをきつくしめてしまい、スタート後500mくらいクリートがはまらず大苦戦したモガワ

この記事を書いた人

オガワ

TOKYO Wheelsが好きすぎてついにはTOKYO Wheelsで働き始めてしまった自転車バカ。いわゆる坂バカでもある。今ではお店に立つことはほとんどなくレアキャラ化しており、基本的にはWebの中の人。自転車とファッションを融合させ、それをカルチャーとして発信すべく、日々奮闘中。

follow us in feedly

bloggerTOKYOlifeのスタッフたち

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
よくある質問 TOP10
ショッピングガイド
会員サービス
マイページ
About us
FOLLOW TOKYOlife

© Copyright Tokyo Life Inc. All right reserved.