TOKYOlife(東京ライフ)

TOKYO WHEELS TOKYO WHEELS

  1. TOKYOlife
  2. ニュース一覧
  3. 自転車通勤マスターが教える「着替えるジテツウ」スタイルのすすめ。

UPDATE:2019.09.27

ジテツウを始めるあなたに贈る。

自転車通勤マスターが教える「着替えるジテツウ」スタイルのすすめ。

これから自転車通勤(以下:ジテツウ)を始めるあなたにリアルなジテツウスタイルをお教えします。

正直言って、タイドアップにジャケットを羽織ってジテツウしてる人なんてそう多くありませんよね。

実際は、着替えています!!

この記事では、「お勧めの着替えるジテツウスタイル」と「知って安心のジテツウで使える3Tips」をご紹介します。


ライドはパーカー、オフィスはスーツ。


通勤で汗をかいたままの洋服でオフィスワークってのは正直キビシイものです。潔く着替えてさっぱり清潔に仕事に挑むのがスマートで現実的。

少なくとも発汗量の多い上半身の着替えは必須です。上半身だけなら着替えが億劫になることも少ないはずです。

そこでお勧めするスタイルが通勤ライド中は動きやすく汗をかいてもOKなパーカーを着用し、オフィスに到着したらシャツとジャケットを羽織り変身する「着替えるジテツウ」スタイルです。今回、ボトムスは着替えません。

ライド中はこんな感じ。


カジュアルな装いのライドでも人気の高いccpのニンジャパーカーことクイックドライフルフェイスパーカーをセレクト。



その名の通り
速乾性が高くスラックスとの相性もいいので「着替えるジテツウ」には最適なアイテムです。

そして、オフィスではこんな感じ。


オフィスに到着すればスーツスタイルに変身。洋服を着替えるのと同時に自分の気分も
ビジネスモードに切り替えられます。

こちらはパーカー以上に拘りたい!
スラックスはライド中も使いますので、自転車に向いた仕様で扱いやすく耐久性や伸縮性などの機能を備えたものを選ぶのが鉄則です。



今回着用している【Malpensa】は、自転車を漕ぐのに最低限必要なストレッチ性を備えながらだらしなく見えない美しいシルエット。

バッグに入れて持ち運ぶことも前提にしているのでシワも目立ちにくいのがポイントです。

さらに、毎日のジテツーに使用する洋服にとって避けては通れない「洗濯」を家庭でも可能にしたイージーケアスーツなんです。(注:手洗い推奨)

このセットが揃えば、「明日からでもジテツウを楽しめます!」と言いたいところですが、ちょっとお持ちください。

最後に「知って安心のジテツウで使える3Tips」をご紹介します。

自転車通勤マスターの3Tips


1.スーツは畳んでバッグで運ぶべし!
2.スーツに馴染むビンディングシューズをセレクトする!
3.アンクルバンドで気兼ねなく走る!


Tips1:スーツは畳んでバッグで運ぶべし!



「着替えるジテツウ」のセットアップを揃えても問題となるのが、ライド中のジャケットの居場所です。結論から言いますと、畳んでバッグに収納し持ち運ぶのですが、これからオフィスで使うジャケットをシワくちゃにする訳にはいきませんよね。
そこで重要になるのがジャケットの畳み方。以下で画像と共にご紹介します。

ジャケットの内側からから両肩に手を入れて半分に折りたたみます。



裏地が外側に向くように片側をひっくり返しながらもう片側へ折り合わせます。(この時、肩の丸みを崩さないように両肩をはめ込む様なイメージで)


襟を揃えて丸めるように1~2折り畳んで完成です。これでジャケットにシワを作らず持ち運べます。



Tips2:スーツに馴染むビンディングシューズをセレクトする!
革靴で自転車を漕ぐというのも現実的ではありません!ライド中はビンディングシューズか硬めのラバーソールシューズがお勧めです。

ビンディングを選ぶなら機能も然ることながらスラックスに合う見た目も重要です。
メカメカしいラチェットタイプはどうしてもチグハグになりがちです。この細部の拘りがあるか無いかで印象が大きく変わるんです。
シューレースタイプでどんなスラックスにもハマるブラック基調を選びましょう!



こちらは今やTOKYO WHEELSでしか手に入らない限定の【GIRO REPUBLIC】。復刻カラーモデルです。


Tips3:アンクルバンドで気兼ねなく走る!
今回の「着替えるジテツウ」においてジャケトは着替えるけれどもスラックスはそのままです。そんな時、注意する必要があるのがチェーンによる裾汚れ。

スっと漕ぎ始め「細身のスラックスだから大丈夫」と走り出すのは禁物です!

静かに漕いでいる時は全く当たっていない様に見えていても、いざ力強く漕ぎ続づけ目的地に到着する時には汚れてる事が良くあります。

このジテツウの七不思議とも言える「まさかの裾汚れ」。ベテランのライダーなら「あるある」とうなずいて頂けると思いますが入門者は要注意です。リスクを取るよりも必ずアンクルバンドを装着してください。



当然こちらも何でもいいわけではありません!ここまでくればアクセサリーまで抜かりなく。
おすすめはmocaのバングル&パンツガード。レザー製でスラックスにもなじみが良く、使用しない時はバングルとして手首のお洒落にも使えます。



これだけ揃えばあなたもジテツウマスターです!
是非「着替えるジテツウ」を楽しんで下さい。

ウォッシャブルウール ジャケット&スラックス【Malpensa】
クイックドライフルフェイスパーカー【TOKYO WHEELS別注】



TOKYO WHEELSでは、新入荷やお得情報を
TwitterBlogFacebookなどでもつぶやいています。必ずフォローしてくださいね!


 text by kitaguchi <STAFF PROFILE


関連キーワード
自転車通勤ジテツウMalpensaバイシクルスーツニンジャパーカーフルフェイスパーカー

ITEM SEARCH

ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...