TOKYOlife(東京ライフ)

TOKYO WHEELS TOKYO WHEELS

  1. TOKYOlife
  2. ニュース一覧
  3. なぜ、自転車乗りは冬でも走ることをやめないのか。

UPDATE:2019.12.18

ASSOS(アソス)の極寒期用ジャケット&ビブタイツ

なぜ、自転車乗りは冬でも走ることをやめないのか。


一年の中で最も冷え込みを感じる時期にこそ、「走り納め」や「年越しライド」、「初詣ライド」なんて名目で走りに行くのが”自転車乗り”という生き物。

もちろん、外は寒いですよ。ですがたまには走っておかないと体力も落ち、正月太りも待っています。この年末年始ライドをイベントとして考え、モチベーションにもしていたりするんですよね。

年越しライドと称して美味しいお蕎麦屋さんを目指すのもいい。
絶景スポット付近に宿をとり、持ってきた自転車で初日の出を見に行くのもいい。帰ってきてからは温泉に浸かって体を温めて、お酒を飲む。そんなプランを組むのも楽しいですよね。
≫参考NEWS「自転車乗りのお正月の過ごし方。



しかし、忘れてはいけないのがウェアの準備
場合によっては日が沈んでからの開始となることも。万全な防寒対策が必要となります。今年の元旦は東京大阪でも最低気温が1℃とかでしたからね。

ASSOS(アソス)が誇る、最も温かい防寒ジャケット&ビブタイツを抑えておけば、しっかり防寒しつつも快適なライドを実現。スマートに一年を締めくくり、新しい年を迎えることができるでしょう。


ASSOS、最後の砦。

まずはこちら、ディープウィンタージャケット”MILLE GT Ultraz Winter Jacket”。



強度つけてガンガン走ります!というよりもゆっくりと一定のペースで走る人向き。レギュラーフィットにて、ビギナーさんでも取り入れやすい一枚です。

暖かい理由は表と裏、2種類の生地によるもの。

表にはソフトシェル素材”NEOS(ネオス)”を採用。耐水圧10,000mmと大雨に耐えられる防水性を持ち、マイナスの温度帯でも冷たい外気をしっかりカット。つまりアウターのような役わりを担っている素材です。

これだけ高い耐水性を持ちながら、注目して頂きたいのが透湿性。部分的に生地を変えてはいるのですが、腕部分にはなんと44.500g/m²/24hという驚きの透湿性!同耐水圧のウェアと比べても、これは驚異的な数値...。

だからこそ、全くといっていいほど汗冷えしない。
0℃前後とはいえ、冬のライドでは汗をかくことも。そんな時、スキンフォイルがすぐに肌から汗を引き離し、ジャケットから逃がしてくれるのです。


そして、内側にはASSOSのウィンターウェアに欠かせない”RXフリース”を採用。
このRXフリースとネオスを一枚に貼り付けないことで、二枚の間に断熱層ができます。これが、ウェア内にムレを作らず、高い保温性を保持。

三宿店スタッフの弓座が、べた褒めレビューを書いてくれているので、ぜひこちらもチェックしてくださいね。
≫弓座's BLOG「最近、ULTRAZウィンター着てるのですが。控えめに言って最高な件

もちろん、”Ultraz Winter Jacket”並の温かさを持つジャケットは探せば他にもあることでしょう。
しかし、保温性が高い分ごわつきムレてしまう。逆に軽量を重視したものだと暖かさが物足りなかったり。何かを求めると、何かを得られないのが極寒期用ジャケットでした。

「これで大丈夫なの?」と不安がられることもありますが、心配無用。インナーと合わせるだけで-4℃まで対応し、ごわつかない。それでいて重たくもないのです。


さらにこのジャケットにはネックウォーマーまで付属。ウェアに引っ付いているので暑くなって外しても荷物ならず、急な冷え込みにも対応してくれます。


走り始めが5℃以下なら”Ultraz Winter Jacket”を手にする。年末年始のライドも、これがあれば怖くありませんよ。
≫モガワ's BLOG「朝の気温マイナス。マヂ無理、Ultraz Winter着よ…



ASSOS
ディープウィンタージャケット【MILLE GT Ultraz Winter Jacket】
¥49,390 (税込)




暖かく、ストレスのない穿き心地をお約束します。


こちらもASSOSラインアップにて最も暖かい、ディープウィンタータイツ”LL.milleTights S7”です。



Ultraz Winter Jacketに使用している”RXフリース”よりも、さらに暖かい”RX HEAVYフリース”をメインに採用することで、確かな保温性を確保。

その中でも特に風を受けやすい太もも前面からスネにかけて、さらにはお尻の方にまで生地を二重にしています。だからこそ、防風素材を使わずに-4℃まで対応することができているのです。※黄色い部分が二重になっています。

防風素材を使わずフリース素材のみで作られている分、柔らかい素材感が足を優しく包み込んでくれる。長時間のライドでも疲れにくく、締め付けすぎない穿き心地なんです。シンプルな作りな分コスパが良いのも魅力の一つですよね。

オトナなTOKYO WHEELSユーザーさんの中には、年々寒さに耐えられなくなってきたという方もいるはず。そんなとき、”LL.milleTights S7”は味方になってくれることでしょう。
≫参考NEWS「冬用ビブタイツ、あなたに合うのはどっち?


なんといっても、ASSOSはスイス発祥のブランド。最も寒い時期を想定して作ったウェアが、日本で物足りないわけがないんですよね。

最暖ジャケット&ビブタイツさえあれば、寒い冬が来るたびに安心と、今までになかったワクワクだって感じられるかもしれません。




ASSOS
ディープウィンタータイツ【LL.milleTights S7】
¥35,640 (税込)




ASSOSのアイテム一覧はこちら
--
TOKYO WHEELSでは、新入荷やお得情報を
TwitterBlogFacebookなどでもつぶやいています。是非フォローしてくださいね!


text by sasaki <STAFF PROFILE



関連キーワード
ASSOSアソス極寒ジャケットビブタイツMILLE GTUltrazWinter JacketLL.milleTights S7

ITEM SEARCH

ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...