TOKYOlife(東京ライフ)

Tokyo Motorist Tokyo Motorist

  1. TOKYOlife
  2. ニュース一覧
  3. 僕らの求めていることが全て詰まったコスパ最強ガジェット。

UPDATE:2018.12.21

バッグであり高性能プロテクター、そしてファッションアイテムでもある。

僕らの求めていることが全て詰まったコスパ最強ガジェット。

以前ご紹介させていただいたフューチャリスティックなファッションアイテム、BOBLBEE(ボブルビー)。 先進的かつ独創的なデザイン、そして唯一無二のスタイリッシュな雰囲気と、そのルックスに魅力を感じた方も多いハズ。

関連NEWS:バイク乗りのイメージを刷新する先駆的バックパック。

ただ、このアイテムって外面だけじゃなく内面も唯一無二。なぜならバッグの機能を有しつつ、高性能なプロテクターとしての役割をも担っているから。ルックスと性能どちらも未来的なスーパーガジェット。その秘密を解き明かしましょう。

ライダーは常に危険と隣り合わせ。

ボブルビーの性能を知るに当たりまず説明しないといけないのが、ABS樹脂を用いたハードシェル。個性的なルックスのベースにもなっているこの外殻に、モノコック構造なるものを採用しています。


モノコック構造とは自動車や電車、航空機などに利用されているシステマティックな技術のこと。骨組みを使用していないにも関わらず高い耐衝撃性能が持ち味で、中の荷物と背中、どちらもしっかりガード。


そして何より注目してほしいのが背面のタグ。これはヨーロッパの安全規格「EN 1612-2」の認証を取得した証。この企画は脊椎プロテクター用の基準となっており、ボブルビーを背負う=プロテクターを背負うということを意味します。


オートバイって気持ち良いですが、やはり危険性は高い。猛スピードで走っているものの身体は露出していますから。特に背中は重症化しやすい部分だし、下手すると四肢の麻痺になる可能性だってある。安全性を高めるものを身に着けるに越したことはありません。

高次元な三つの要素がたった一つのアイテムに。

堅苦しい話が続いたのでコスパの話も少々。一般的なプロテクターの相場は大体10,000円OVER。そしてボブルビーと同じぐらい堅牢なバッグパックを買うとすると恐らく20,000円前後。

つまりプロテクター+リュックという組み合わせは約30,000円のコストが発生します。「あれ、あんまりコスパ良くない?」と思うかもしれませんが、先進的なデザイン性についてもお忘れなく。



そう、ボブルビーは高性能バッグとプロテクター機能、そしてファッション性まで備わった位一体のアイテム。一般的なバッグだと+αの機能は大体がお飾りレベルですが、これはそのどれもが高次元。

もちろん見た目に関しては選ぶ人の好みに寄りけりですが、このフューチャリスティックなルックスがアリならば買わない理由はないでしょう。僕らの求めている要望を全て叶えてくれる大作。これが賢い選択肢だということは間違いありません。


POINT65(ポイントシックスティファイブ)
バックパック/ボブルビー 20L GTX【BOBLBEE 20L GTX】
¥35,100~¥37,800 (税込)


POINT65(ポイントシックスティファイブ)
2015年よりBOBLBEE(ボブルビー)のライセンスを取得し、POINT 65 ブランド製品として展開を開始しました。



-----
TokyoMotoristでは、新入荷やお得情報をTwitterFacebookなどでもつぶやいています。是非フォローしてくださいね!

writer:daigo iima
関連キーワード
POINT65ポイントシックスティファイブBOBLEBEEボブルビー三位一体

ITEM SEARCH

ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...