TOKYOlife(東京ライフ)

HUMIDiT HUMIDiT

  1. TOKYOlife
  2. ニュース一覧
  3. 36年目にしてようやく完成した、GRAMICCIの“スタンダード”。

UPDATE:2018.07.23

GRAMICCI(グラミチ)のST-SHORTS

36年目にしてようやく完成した、GRAMICCIの“スタンダード”。

定番はあったが、“標準”はなかった

毎シーズンご好評いただいておりますGRAMICCI(グラミチ)のショーツたち。

これまではNN-SHORTSが一番人気となっておりましたが、今年はニューウェーブが起こりそうな予感。

そのショーツの名前は、まさかの“スタンダード”。

ブランド発足から36年経ったいま、GRAMICCI初の“標準”モデルがお目見えです。


「G」⇒「N」⇒「NN」⇒「“ST”」


グラミチのパンツの変遷は数多くあれど、代表選手を並べると以下の通りとなります。

G(=GRAMICCI)シリーズ
 ┗THE定番であり、ゆったりシルエット

N(=NARROW)シリーズ
 ┗Gシリーズを少し細身にしたシルエット

・NN(=NEW NARROW)シリーズ
 ┗Nシリーズをさらにコンパクトにしたシルエット

素材や丈の違いはありますが、これまでのシルエットはこの3種が定番シリーズでした。

そこに今年新たに加わったのが、“ST(=STANDARD)”シリーズ

シルエットは「G」と「NN」の良いとこどり。

STANDARD(スタンダード)とは言いつつも、一番ベーシックなシルエットに仕上がったんで、きっと適当なネーミングが無かったんだと思います。笑


NN-SHORTSとの違いを徹底解剖


さてさて前置きはこれ位にして、新定番となりそうな“ST-SHORTS”を紐解いていきたいと思います。


ウェストにあるGRAMICCIの代名詞「Webbing Belt(ウェービングベルト)」は、片手で簡単に調節できる優れもの。

また、普段使いしやすいよう、ちゃんと前開き仕様で、バックポケットも両側には2つ完備。


今やアクティビティパンツには当たり前となった、180°開脚を可能にする股下の「ガゼットクロッチ」などなど、ローテクながらも第一線でミンナが真似する機能の先駆者でもあります。


と、ここまではNNとSTに大きな違いはありません。

ただ、この写真をご覧いただければ、NN-SHORTSとのシルエットの違いをお分かりいただけると思います。

上に乗っているブラックのショーツがNN-SHORTS、下にあるオリーブのショーツが新作のST-SHORTS

どちらも同じサイズなのですが、丈感、ワタリ幅、裾幅にこんなにも違いがあるんです。

スタンダードが一番“今っぽい”


これまではコンパクトなショーツがサマースタイルの第一線を駆け抜けておりましたが、今年の夏は少し長がめのちょっぴりワイドが旬なご様子。

実はGRAMICCIに限らず他ブランドもその傾向にありまして、ドメブラのAURALEEやKAPTAIN SUNSHINEなども取り入れているんです。



今っぽいゆったりシルエットのトップスともバランスが良く、背伸びしないで最旬のアイテムをお楽しみいただけます。

ちょっぴり大人っぽく、ジャケットと合わせた秋口スタイルだってお手の物。


もちろんGRAMICCIらしいアクティブなスタイリングもハマります。


プライスもこなれていて、生地も頑丈だから来年も再来年も使えちゃうコスパ最強のショーツ。

そして何より、その使いまわしを許してくれる、時流にとらわれない“スタンダード”シルエットってのが堪らないですよね。



GRAMICCI(グラミチ)の商品一覧


--
HUMIDiTでは、新入荷やお得情報をTwitterFacebookなどでもつぶやいています。是非フォローしてくださいね!



text by yoshizaki 


関連キーワード
GRAMICCIグラミチST-SHORTSスタンダードショーツ

ITEM SEARCH

ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...