TOKYOlife(東京ライフ)

HUMIDiT HUMIDiT

  1. TOKYOlife
  2. ニュース一覧
  3. GRAMICCI史上最強、最高のショーツが登場です。

UPDATE:2016.06.10

GRAMICCI(グラミチ)のNN-SHORTS

GRAMICCI史上最強、最高のショーツが登場です。

史上最強、と言い過ぎと思うかもしれませんが、僕はそう思います。GRAMICCIのショーツ。男のド定番であり、毎年かなり人気のアイテムですが、日常使いにはいくつかの課題がありました。その課題を全てクリアしたモディファイ版が、まさか出るとは。

【特集】GRAMICCI with・・・ グラミチと一緒に。

------------------------------

ラミチ史上最高にして、最強のショーツの登場だと確信しています。これは時代を変えるかも。


最強とか最大とか。そんな言葉ばかり今回のニュースでは使ってしまいそうです。先に謝っておきます、すみません。

ただ、今の日本の夏で最も売れているショーツは恐らくGRAMICCI(グラミチ)ショーツだと思います。アウトドアにも通用する動きやすさ、履きやすさ、そしてどんなスタイルにも馴染むデザイン。高いコストパフォーマンスを誇るショーツだからです。

HUMIDiTでも(HUMIDiTが出来る以前から)もう何年にも渡って、売れているGRAMICCI(グラミチ)ですが、お客様の声や自分でも何着も持っていて着ていると、やはりいくつかの課題がありました。メーカーさんにも伝えていましたが、定番的なモデルとして売れているものをモディファイするのは、物凄く勇気がいること。そして、それで価格が上がってしまったら意味が無いですし。

そんな理由を納得して、諦めていました。それでも、毎年、ちょっとずつ定番モデルとは違ったモデルとして、要望のいくつかを叶えたモデルが出てきていました。素材をかえたり、仕様を変えたり。

ところが!

今回、その定番に対する課題を一気に解決したモデル「NN-SHORTS」が突如現れたのです。商品を見て、ちょっと震えました。
「全部の課題がクリアーされてる!」

1.着脱可能なベルトとフロントジッパー

これが一番要望多いものです。定番グラミチの問題点はトイレに行きにくいこと。男性の場合は、パンツを下にずり下げる必要がありました。

また脱ぎ着もちょっとストレスに。以前違うモデルに採用されたことがあるフロントジップが遂に採用されました。同時にグラミチ最大のポイントである片手で長さを調整できるウェイビングベルトはそのままに、着脱も出来る仕様に変更。

2.バックポケットが2つ。

アウトドア仕様だし、コストの削減?と諦めていたバックポケットの片側のみの仕様が変わりました。2つになりました。これはなにげに便利。細かい変更ですが、GRAMICCI(グラミチ)が今回の変更にどれだけリサーチをかけたか、良くわかります。相当悩んだと思います。

3.ストレッチ素材を採用

今回最大の特徴はこれかもしれません。なんとストレッチ素材を採用。耐久性を重視する為か、シーズンモデルでストレッチが出ることがあっても、定番的な形でストレッチ素材が出るのははじめてかも。ポリ2%で一気に快適なストレッチパンツとなりました。

恐らく耐久性のテストも行い、これならいける、という研究開発のフェーズがあったんだろうな、と推察できます。

4.高いコストパフォーマンス
これだけの重要点の変更を行いつつ、定番モデルから約1000円のUPで抑えたのは、すごい、としか言いようがありません。定番モデルは全世界で偉い数量売れているので、あの価格が出せるのだと思うのですが、そことの差が1000円です。Gramicci(グラミチ)の本気を感じます。

シルエットは定番モデルよりも若干細めで、いろいろなスタイリングにはまるところは変わりません。


大人のサーフスタイル。








上品なコットンニットやローファーとあわせてシティカジュアル。



軽めのジャケットスタイルも。



そしてストレッチ付きのショーツと言えば、このスタイル。





自転車乗りにも、“もちろん”オススメです。

こんなシーンにオススメ!
・ジャケットとあわせて、街へお買い物に。
・波乗りの行き帰り、BBQなどアウトドアシーンで。
・フェスで三日間着のみ着のままの人

かなり多めにオーダーしたのですが、夏前に無くなる、と確信しています。早目のご確認を!

GRAMICCI(グラミチ)のページ

--
HUMIDiTでは、新入荷やお得情報をTwitterFacebookなどでもつぶやいています。是非フォローしてくださいね!

text by mori
関連キーワード
GRAMICCIグラミチ

ITEM SEARCH

ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...