TOKYOlife(東京ライフ)

HUMIDiT HUMIDiT

  1. TOKYOlife
  2. ニュース一覧
  3. クリスマスプレゼント最後の切り札登場。男のファッションに時計と靴はかかせないから。

UPDATE:2014.12.14

OUT OF ORDER(アウトオブオーダー)の時計

クリスマスプレゼント最後の切り札登場。男のファッションに時計と靴はかかせないから。

携帯電話の登場で、時計をつける人が減ってきます。それでも、ファッションにおける時計と靴は仕上げとしての重要な位置をいまだにもっています。スタイルによってつける時計を変える、そんな方にOOOです。

2013年にイタリアで誕生し、日本で紹介されるや雑誌などでも取り上げられ(BeginではBB10の一位を飾っていましたし・・。)一気に人気になった時計が、このOUT OF ORDER(アウトオブオーダー)。なにかしらで目にした方も多いのではないでしょうか?HUMIDiTでも、このクリスマスギフト、ぎりぎりのタイミングに合わせて、取り扱い開始です。

携帯電話、スマホの急激な普及で時計をする人は格段に減りました。時間を確認するという意味では、スマホを見れば良いわけですし、いまや時計を自分のステータス代わりに見せびらかす、というカルチャーも過去のものになりつつあります。

それでも、アクセサリとしての時計は重要だと考えています。靴と同じです。ファッションの最後の仕上げは、靴や時計で決まるのです。その為には、何百万もするような時計よりは、手に届きやすい価格のものを、スタイルにあわせて付け替える、というのをお薦めします。

アクセサリという観点からすると、ヴィンテージ時計は個性がでますし、宝石のような美しいものも多く魅力的ですが、いかんせん、メンテナンスが大変、値段が高い。(僕もヴィンテージのオメガを持っていますが、この3年で比率を見ると、修理に出している期間が2年、使っているのは3ヶ月程度です・・。)

そういう意味では、ヴィンテージ欲しいけどなあ、、という人に最適なプロダクトが、このOUT OF ORDER(アウトオブオーダー)ではないでしょうか。男の時計としては安すぎるものは頼りない。価格もちょうど良いと思います。だから、ギフトにも最適ってわけです。

Point
しばらく時計から遠ざかっていた男達にも。
このOUT OF ORDERの最も特徴的なのが、リアルでいて、ナチュラルな仕上がりのエイジング加工。ヴィンテージアクセサリに造形が深いイタリア人デザイナーが監修しているというから、納得です。サビやかすれ、傷などを適度に施し、わざとらしさが皆無の素晴らしい出来栄え。今流行りのインディアンジュエリーとも合いやすく、逆にスーツスタイルの外しにもピッタリです。


こちらのモデルはサブマリーナ【BOTTICELLI】という名前で、その名の通り、サブマリーナ的な風貌に、エイジング加工がしてあります。レザーのストラップはイタリア職人が丁寧につけているという凝った作りになっています。ビジネスでも使えるダークブラウンとブラック、遊びが効いたカモの三色から選べます。

アクセサリに最適、とは言うものの、内部の機構は、名品として名高い日本製MIYOTAムーブメントを採用しています。

JAPANESE MOVEMENT
ITALIAN VEGETABLE TANNED LEATHER
DAMAGED IN ITALY

まさしくブランドコンセプトどおりなのです。しばらく時計から遠ざかっていた、なんて人も魅了する洒落たアクセです。

Point
エイジング加工されても、正確に時を刻む。
一回り大きく、目立つ面構えが魅力のクロノグラフ【CRONOGRAFO】。スーツ姿につけていれば、確実に「それどこの?」と聞かれる事間違いなしの時計です。


防水性もあるので、多少の水かぶりもOK。(といってもストラップがレザーなので、あまり濡れないほうが良いですが。)ただ、ムーブメントの選択、防水性などを見ても、単なるお洒落ウォッチではなく、きちんと使える時計にしあげているのがわかります。

ブランドの名前がOUT OF ORDER、壊れている、とか順番が違う、という意味です。でも、外観のエイジング加工とは裏腹に、中身は全く壊れておらず、正確に時を刻みます。

「時が流れても、私達の愛は変わらないんでしょ?」そんなメッセージとともに送るには、最適なギフトかと思います。

OUT OF ORDER(アウトオブオーダー)のページ


--
HUMIDiTでは、新入荷やお得情報をTwitterFacebookなどでもつぶやいています。是非フォローしてくださいね!

text by mori
関連キーワード
OUT OF ORDERアウトオブオーダーxmas_men

ITEM SEARCH

ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...