TOKYOlife(東京ライフ)

TOKYO WHEELS TOKYO WHEELS

APIDURA

シリアスライダーのハートも掴む、レース仕様の防水“中型”サドルバッグ

  • APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】ma APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】ma

  • APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】01l APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】01l

  • APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】02l APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】02l

  • APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】03l APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】03l

  • APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】04l APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】04l

  • APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】05l APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】05l

  • APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】09l APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】09l

  • APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】06l APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】06l

  • APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】07l APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】07l

  • APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】08l APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】08l

  • APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】10l APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】10l

  • APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】11l APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】11l

  • APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】12l APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】12l

  • APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】13l APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】13l

  • APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】14l APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】14l

  • APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】15l APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】15l

  • APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】mb_c0

    ブラック

  • APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】mb_01l
  • APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】mb_02l
  • APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】mb_03l
  • APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】mb_04l
  • APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】mb_05l
  • APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】mb_09l
  • APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】mb_06l
  • APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】mb_07l
  • APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】mb_08l
  • APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】mb_10l
  • APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】mb_11l
  • APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】mb_12l
  • APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】mb_13l
  • APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】mb_14l
  • APIDURAサドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】mb_15l

午前10時までのご注文で最短で当日発送詳しくはこちら

  • 送料無料
  • 返品交換可

サドルバッグ【RACING SADDLE PACK 7L】

商品番号:
060-0159-1233-1922

¥20,166 (税込)
180ポイント還元
カラー&サイズ選択
  • 色・サイズ選択
  • サイズ/詳細
  • ブラック
  • サイズ

    単位:cm

    サイズ 高さ 最大幅 マチ部分幅 マチ
    7L 46 36.5 5 6
    「サイズは実寸を測っておりますが、デザインや生地の材質などにより、若干の誤差はあります。参考としてご覧ください。測り方などの詳細については、「ご利用ガイド>サイズについて」をご参照ください。」

    詳細

    素材 ヘキサロン
    原産国 中国
    重量 209g

サイズについての不安、コーディネイトの相談など、何でもお問合わせください。スタッフが丁寧にご回答いたします。

取り扱い店舗
  • 東京 / 三宿 店
  • 東京 / 東日本橋 店
  • 大阪店

お気軽にご来店ください。
取り扱いサイズ・カラー・在庫状況は、各店にお問合せ下さい。

アイテム説明

カーボンバイクやアルミ等のレーシーなフレームにも馴染むバッグを多数引っさげて彗星の如く登場、バイクパッキングブームも後押しし、瞬く間にその人気を不動のものにしたのがイギリスの自転車バッグ専門ブランドAPIDURA(アピデュラ)。

初期からリリースしているナイロン製のシリーズに、防水性の高いDRYシリーズを加えた盤石のラインナップでサイクリストに支持されてきた同社が、満を持して世に送り出した第三のシリーズ、Racing Packシリーズ。
その中核を担うアイテムがこのRACING SADDLE PACK 7L(レーシングサドルバッグ)です。

従来シリーズから更なる軽量化を図ったこのサドルバッグは、その絶妙なサイズが最大のキモ。
一般に大型サドルバッグと分類される8リットル以上のモデルにくらべ一回り小さい、まさに中型サドルバッグと言うべき手頃なサイズです。

また、APIDURA用に開発された超軽量の防水ラミネート生地をレーザーカット、高熱をかけながらプレスして接着する熱溶着処理で仕立てられ、DRYシリーズと遜色ない防水性も持ち併せます。

そして、ブランドとしては初となるブラックベースのカラーは、同社の他シリーズとのマッチングも良く、あなたのライドスタイルに合わせた組み合わせが可能に。

シャープなボディーカラーに"イエロー×グレー"のブランドを象徴するカラーもデザイン性を感じるポイントです。
ロゴデザインがリフレクション仕様になっておりますので、夜間の視認性も確保しております。

※容量5Lのモデルもございます 『RACING SADDLE PACK 5L』

※装着に際してシートポストの突出し9cm以上、タイヤとシートレールの間に22cmが必要です。

<取り付けに関して>
弊社では、ごく一般的なスローピング形状のフレームを持つロードバイク・クロスバイクを使って検証し、取り付けに必要な長さを割り出しております。
小径車や特殊形状のバイク(フルサスペンションMTBなど)はこの限りではなく、実際に取り付けてみなければ分からない場合も多くあります。

また、一部のマウンテンバイク用タイヤなど、タイヤのハイトが極端に高い場合は、必要な「タイヤとシートレールの間隔」をクリアしていても、バッグとタイヤが接触する場合があります。この場合、実車を用いての検証が必要になります。

続きを表示
アイテム詳細

サイズ

単位:cm

サイズ 高さ 最大幅 マチ部分幅 マチ
7L 46 36.5 5 6
「サイズは実寸を測っておりますが、デザインや生地の材質などにより、若干の誤差はあります。参考としてご覧ください。測り方などの詳細については、「ご利用ガイド>サイズについて」をご参照ください。」

詳 細

素材 ヘキサロン
原産国 中国
重量 209g
ブランド説明

ブランド説明

イギリスで生まれたバイクパックブランドであるAPIDURA(アピデュラ)。 「自転車は自由の象徴である」という独自の見解のもと、今までの伝統的なツーリングには必要不可欠だったラックやパニアを一切排除し、新たなバイクパッキングシステムを提唱するのがAPIDURA(アピデュラ)です。 伝統的な「サイクルツーリング」という文化に、「最先端の技術・素材」を取り込むことで、従来と変わらない運搬量で60%の軽量化に成功したり、装着に際して工具を全く必要としないバッグを開発しています。

ITEM SEARCH

ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...