TOKYOlife(東京ライフ)

Jedia Jedia

  1. TOKYOlife
  2. ニュース一覧
  3. リブパンはもうこの一本を持てば良い。

UPDATE:2019.09.21

Fashion Holicモリのノンストップ物欲『超度詰めリブパンツが欲しい』

リブパンはもうこの一本を持てば良い。

そろそろ度詰めの季節です。

先日は「スウェットパンツ一つでここまで変わる?大人の休日スタイルとは。」という記事でSTONE ISLANDのスウェットパンツをご紹介しましたが、今回はJediaのトップヒッターであるSOLIDOの超度詰めパンツ。

登場から数年経っていますがいまだ褪せることのない素材の良さにファンも増えるばかり。超度詰めと言えばジャケット+タイドアップスタイルも容易にこなすジャージスラックスが最も売れているモデルですが、昨年はこのリブパンツがよく売れて、人気を二分しました。

ところが何故かブランドで今シーズンはリブパンツはディスコン(廃盤)に・・。そこでTOKYO WHEELSとして別注をかけたのが、このリブパンなのです。

ドレスで使えるリブパンツ。


TOKYO WHEELSで別注、というと自転車用に作ったの?と思われがちですが、そうではありません。そもそもの素材が度詰め(織りをキツくしたもの)なので吸湿速乾性が高く、また膝抜けがしにくい、ということから自転車用でも使えるんじゃない?という事で別注しているのです。

なので、ほら。


普通のJediaな服装でも使えます。(というかこれが実はメイン。笑)

ジャケット合わせも難なくこなすリブパンツ。



超度詰めのジャージ生地は加工をされているわけではないのですが、イメージ的にはマーセライズドコットンのような光沢感があり、ドレスアイテムとの相性も良いのです。

休日スタイルにも艶と色気を。


そしてリブパン本来のカジュアル使いももちろんOK。



スニーカーにちょっとクラシカルなウィンブレとスニーカーとか。

今流行のボアブルゾンとあわせても。



今時期だとSTONE ISLANDのカットソーとさらっと合わせる、なんてのもありですね。



大人の休日スタイル、ここでも作れます。ただものすごいカジュアル感が”でない”のがSOLIDOの魅力です。

今回のリブパンはフルレングスですが、実は丈直しも可能です。



裏から解いてリブを外してカットしてから付け直せば丈がマイサイズになるのです。(リブも結構伸びるので、膝下七分丈ぐらいのクロップドにも調整できそうです。)

オンラインでは1500円でお直しも承っていますので、ぜひ。

海外モノのリブパンだとジャストで履けないという悩みを持つ方も多いはずなので(かくいう私も。)これは小ネタですが嬉しい話ではないでしょうか。

最後に先日モデルさんの撮影で使ったワンショット。



・・・・まあ、こ、これはあくまでもイメージですから。。

ここまで上手くははまらなくとも、艶感がありジャストサイズで履くリブパンは、イケてるお父さんには欠かせないアイテムです。





他にも紹介しきれないネタが沢山あります。サブコラムとしてモリBLOGなどで書いていきたいと思います。またInstagram(Minor5)もやってますので、こちらも是非フォローお願いします!

--
Edit By Minoru Mori

関連キーワード
SOLIDOソリード

ITEM SEARCH

ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...