TOKYOlife(東京ライフ)

Tokyo Motorist Tokyo Motorist

  1. TOKYOlife
  2. ニュース一覧
  3. 余裕ある大人になれるスウェットライダースのススメ。

UPDATE:2019.03.29

Tokyo Motorist(トーキョーモータリスト)のSWEAT RIDERS JACKET

余裕ある大人になれるスウェットライダースのススメ。

バイク乗りを象徴するアイテムと言えばダブルのライダース。ただし溢れんばかりの男クサさゆえ、着こなすには難易度が少々高め。もっと力を抜いた一品があれば良いのに…。

そこで生まれたのがTokyo Motoristのスウェット製ライダースジャケット。

カジュアルな生地感で雄々しさを薄めているため、袖を通すときの心構えも必要なし。また形のベースは永世定番であるSchottのワンスター、そして厚手の生地だから安っぽさも皆無。

…とはいうものの、スウェット×ライダースって新鮮だから着こなし方が想像しづらいのも事実。ということで今回は着こなし方のコツをご紹介したいと思います!

【基本編】まずは落ち着きある配色で。

まずは基本の着こなしから。スウェット生地と特殊な素材ではありますが、色味さえ気を付けたら普通にこなすことは思いの外イージー。要は落ち着きある色味で大人っぽく、ということです。

例えば細身の黒パンと白Tという超シンプルなモノトーン合わせ。ガチガチの革素材ならゴツくなりますが、柔らかい雰囲気のスウェット地なので土クサさが薄まりスタイリッシュに。



お次はオリーブ色の細身ドレスチノと。こちらはより大人っぽさ強めの仕上がりなので、黒パンよりも品や余裕が生まれます。ちょっと色味で遊びたいって時はアースカラーぐらいなら上手くこなせるハズ。



【応用編1】柄&異素材で遊びを加える。

ここからは応用編。とはいっても突飛なアイテムで個性的に、なんてことはありませんのでご安心を。若干の遊びを込めることで華を添えるぐらいの感覚です。

まずは爽やかなネイビーベースのストライプ柄シャツ。元々雄々しさ薄めのアウターですが、ドレッシーな柄で一層拍車がかかっています。ドレスに寄せる場合は足首を見せるなどの方法で軽快にするとすんなりマッチ。



続いてはカモ柄パンツ。ゴリゴリに男っぽいアイテムなので不安を感じるかもしれませんが全く問題ナシ。というのも軍モノってほぼアースカラー。基本編でのコツを生かしつつ遊びもプラスと、意外と相性の良い柄です。



【応用編2】あえてのインナー使い。

ラストはあえてのイン使い。ライダースをインナーにするって相当難易度が高そうですが、これなら大丈夫。だってスウェット素材ですから。ニュアンスのあるスウェットシャツぐらいに捉えましょう。

例えばグレースウェットの上に黒マウンパを羽織りモノトーン、といった感じで。ほら、ライダースの前を閉めると意外とゴチャゴチャしないでしょ。しかも首元にVラインを形成できるし遊びを足せる余地まである。



ブラックも同様に黒スウェット感覚で。扱いに慣れたなら襟を立ててアウターと重ねたりと、ちょっとした遊びも加えてみるのも面白い。スウェットとして着つつライダースの利点も生かす。そう考えると幅がありますね。



その斬新さから難易度高めと思われがちですが、実際は“ライダースジャケット”としても“スウェット”としても使える一石二鳥なアイテム。

これから先のシーズンでもガンガン使えるので、是非チェックしてみてください。


Tokyo Motorist(トーキョー・モータリスト)
SWEAT RIDERS JACKET
¥34,560 (税込)


Tokyo Motorist(トーキョー・モータリスト)
モーターサイクルライフをスタイリッシュに愉しみたいと考える、大人のバイク乗りに向けたファッション&ライフスタイル・ブランド。



-----
TokyoMotoristでは、新入荷やお得情報をTwitterFacebookなどでもつぶやいています。是非フォローしてくださいね!

writer:daigo iima

ITEM SEARCH

ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...