TOKYOlife(東京ライフ)

Tokyo Motorist Tokyo Motorist

  1. TOKYOlife
  2. ニュース一覧
  3. せっかく背負うならバイク乗り“専用”にしましょう。

UPDATE:2019.03.08

街使い用が似合うワケないんです。

せっかく背負うならバイク乗り“専用”にしましょう。

カジュアルコーデはもちろんスーツにもと、かなり生活に浸透しているバックパック。容量は大きいし両手を自由に使えたりと、他のバッグに比べてみてもその利便性は随一です。

ただしバイク乗りが背負うと考えた場合、素材やデザインによっては相性が悪いモノも。例えば超シンプルなデイパック。「あのバイカー、後ろ姿は少し可愛いな…」なんて思われてたとしたら相当心えぐられますもん(笑)。

バイク乗りである以上、ライド中に背負っていても様になる一品を背負いたい。そう考えているならばSHINICHIRO ARAKAWA(シンイチロウアラカワ)Giriniを選んでみましょう。

普段使いできないぐらい特化しています。


モデル名のGiriniとはイタリア語で「オタマジャクシ」の意。光沢があり丸みを帯びた独特の外見を見ると、なるほど言い得て妙です。

SHINICHIRO ARAKAWA(シンイチロウアラカワ)/エナメルバックパック【Girini】¥19,980 (税込)

皆さん目が釘付けになったであろうテカテカのエナメル地。難しそうに見えますがご安心あれ。カウルの質感に近いため違和感ないどころか、これ以上ないってぐらいマッチ。バイク乗り専用と言っても良いぐらいのレベルです。


サイズ感は大き過ぎず小さ過ぎず、厚過ぎず薄過ぎずの絶妙な塩梅。変に強調されることもなく、かといって目立たないワケでもない。この辺りのサジ加減はご自身もバイク乗りである荒川氏だからこそなせるワザ。


また開口部の広いコンパートメントや、


アクセスしやすいサイドポケットなど機能面もお墨付き。定番のツーリングバッグと同じ機能も有しているので使い勝手も良い。


ちなみにですが、SHINICHIRO ARAKAWAといえば同じくエナメル素材で作られたタンクバッグも。似合わないとされるスーパースポーツなどの車種にも違和感なくマッチします。

SHINICHIRO ARAKAWA(シンイチロウアラカワ)/タンクバッグ【TANK BAG】¥22,680 (税込)

またマグネットではなく吸盤式なので、アルミタンクや樹脂製のタンクカバーでも大丈夫。バックパックと併用してみるのもオススメです。

他にないというのは紛れもない事実です。

これでもかってぐらいバイク乗りに寄せ切ったリュックって、正直ほとんど見つかりません。

恐らく他で言うとBOBLBEE(ボブルビー)ぐらい。※ちなみにBOBLBEEは媒体によって自転車用として紹介されていたりも。

関連NEWS:バイク乗りのイメージを刷新する先駆的バックパック。

世界中探しても他に類を見ないであろう“バイク乗り専用”のバックパック。逃すと後悔するかもしれません。


SHINICHIRO ARAKAWA(シンイチロウアラカワ)
エナメルバックパック【Girini】
¥19,980 (税込)


SHINICHIRO ARAKAWA(シンイチロウアラカワ)
パリコレクションにも参加したファッションデザイナー・荒川眞一郎氏のブランド。



-----
TokyoMotoristでは、新入荷やお得情報をTwitterFacebookなどでもつぶやいています。是非フォローしてくださいね!

writer:daigo iima
関連キーワード
SHINICHIRO ARAKAWAシンイチロウアラカワバイク乗り専用エナメル素材

ITEM SEARCH

ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...