TOKYOlife(東京ライフ)

TOKYO WHEELS TOKYO WHEELS

  1. TOKYOlife
  2. ニュース一覧
  3. 乗る時も、乗らない時も、サイクルパンツ。 ​

UPDATE:2019.01.17

rin project(リンプロジェクト)ストレッチサイクルロングパンツ

乗る時も、乗らない時も、サイクルパンツ。 ​

一般的なチノパンで自転車に乗ると、直ぐにダメになってしまったり、漕ぎにくかったりした経験はありませんか。

それを解決するのが、rin project(リンプロジェクト)のストレッチサイクルロングパンツ。

自転車での着用を前提とした高機能パンツなのに、見た目は普通のチノパンと変わりません。

普段穿いて歩いていても、自転車用のパンツだとは全く気付かれないでしょう。この1本で、乗る時と、乗らない時と使い分けずに済んでしまいます。


10年以上愛される理由


10年以上愛され続けているこの定番パンツは、自転車に乗る時に干渉しないよう、全体的にやや細めにできています。ただ自転車に乗る場合、これまでの細さでは太もも周りに窮屈さを感じる方も。

そこで今季、多くのご要望にお応えし、太もものサイズ感をやや大きめに変更。ブラッシュアップすることで、より多くの方に穿いて頂けるようになりました。

  • ZOOM


普通のチノパンに見えて、実はペダルを漕ぎやすい工夫があらゆる箇所に施されています。

■漕ぎやすいパターン
自転車に乗ると、ウエストがお腹を圧迫して苦しくなったり、背中が出てしまったりすることがあります。

下の画像のように、前の股上を極端に下げることで、前傾姿勢になった時でもお腹の圧迫感がありません。さらに後ろの股上を高くすることで、下着や肌の露出を防いでくれます。



さらに足の付け根や膝裏の切り替えによって、生地がたるまず、膝を曲げやすいようにアシスト。ちょっとしたひと手間が、あるとないでは変わってくるポイントに。

■裾が汚れる心配なし
裾には裾止めクリップを内蔵。必要な時に引っ張り出して、裾を絞ることができます。これで裾が巻き込んだり、チェーンオイルで汚れる心配もありません。


左:クリップを隠した状態 右:クリップで絞った状態

ライド中はしっかり絞って、降りたらコッソリと隠しておけますよ。

■お尻部分が破けにくい

普通のチノパンでガシガシ漕ぐと、サドルに触れる部分が薄くなったり、破けてしまったりすることも。

そこでサドルに触れるお尻部分の生地を2重に補強し、簡単に破けないよう丈夫な作りにしています。




■ペダリングがスムーズ
見た目はチノパンで使われている生地と何ら変わりませんが、横糸にポリウレタンを使用することで、伸縮性を持たせています。

コットンの風合でありながらストレッチが効いているので、サドルにまたがる時やペダリングもスムーズに行えます。


素材:コットン98%、ポリウレタン2%


自転車乗りのチノパンコーデ


普通のチノパンに見えるということは、いつものスタイルを変えずに走り出すことができるということ。

カラーは定番ながらも、しっかりツボを押さえた3色展開です。

チノパンは、それ程トップスを選びは難しくありませんが、初めて買う1本としてオススメするのは、鉄板のブラック。手持ちのトップスとも合わせやすく、最も着回し力の高いカラーと言えるでしょう。

  • ZOOM

2本目以降に狙うなら、大人のワードローブにハマりやすいカーキが活躍します。

冬場に欠かせないウィンブレなどのアウターは、どうしても暗い色が多くなりがち。そこでカーキのチノパンを合わせれば、自転車に乗る時のおしゃれの幅も広がります。

  • ZOOM

1本は持っておいて損はない、チノパンの王道ベージュ。重たくなりがちなコーデを明るい印象に変えてくれます。少し春めいてきたら、さっそく出番がやってくるでしょう。

  • ZOOM


一見気付かないようなちょっとしたところも、実際にペダルを漕いでみると、改めてその良さを実感できるはず。

税込み13,000円を切るお求めやすい価格も魅力ですが、お値段以上の価値を充分感じられる1本に仕上がっています。



rin project(リンプロジェクト)
ストレッチサイクルロングパンツ
¥12,960 (税込)



rin project(リンプロジェクト)
「自転車とする旅」をテーマに活動するブランド。




TOKYO WHEELSでは、新入荷やお得情報をTwitterBlogFACEBOOKで発信しています。ぜひ、シェアしてくださいね!

  text by sakamoto


関連キーワード
rin projectリンプロジェクトストレッチサイクルロングパンツ

ITEM SEARCH

ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...