TOKYOlife(東京ライフ)

TOKYO WHEELS TOKYO WHEELS

  1. TOKYOlife
  2. ニュース一覧
  3. 都市は人工のアウトドア・フィールド。縦横無尽に駆け抜けろ。

UPDATE:2019.01.27

TOKYO WHEELS 2019SS collection Vol.2

都市は人工のアウトドア・フィールド。縦横無尽に駆け抜けろ。

先日ご紹介したTOKYO WHEELS  with SHINICHIRO ARAKAWA(トウキョウウィールズウィズシンイチロウアラカワ)ですが、名作となるであろうモデルがもう一つ。それはマウンテンパーカー。

アウトドア由来であるマウンパを街使いする際のポイントは“山仕様からどう離れるか”。これは以前TOKYO WHEELSのOakland(オークランド)というマウンパに関するNEWSで話した通り。

関連NEWS:山ではなく都会向け。マウンパというより“シティパ”です。

Oaklandは細身のシルエットで差別化しましたが、こちらはオールブラックの色味と立体的な作りで差別化。このモードな色合いとハイテクなデザインを生かす装いに身をまとえば、周囲から羨望の目で見られること確実なんです!

モード×ハイテクの傑作。

機能面に関しては以前のNEWSでたっぷりご紹介していますので、そちらをご参考あれ。


関連NEWS:信号待ちだって、好きになりそう。視線を集める”機能美アウター”。

では着こなし方のレクチャーに。まずは最も“らしさ”を表現できるアスリージャーコーデ。

動きやすさ重視の組み合わせにマウンパをオンしアーバン・アウトドアを体現。ロングパンツでも問題ありませんが、ショーツ×レギンスの方がよりアクティブで◎。また色味はモノトーンが無難。変に色を足すと短パン小僧みたいになっちゃいます。

  • ZOOM


ただしドレスっぽい装いならば、落ち着きある色味を足しても問題なし。むしろモノトーンよりも程よく遊び心が効いています。全体のサイジングはタイト目も悪くありませんがイージー感を出すのもグッド。意外とどうとでも着こなせます(笑)。

  • ZOOM


ラストはライドスタイル。同ブランドによる新作カーゴを合わせ、潔くブラックのワントーンに。ポップな街乗り用アイテムが多い中、モードなスタイルってなかなか新鮮かと。ポイントはとにかく徹底すること。細身の黒じゃなければこの雰囲気は出ません。

  • ZOOM


都会を冒険するときの相棒に。

先日ご紹介したステンカラーコートよりもイージー感が増すため、アスリージャー的なニュアンスの演出にぴったりなこのマウンパ。

このアーバン・アウトドアとでもいうべきルックスが、アクティブな街スタイルを更に高い次元へと導いてくれるでしょう。

ひとまず一度試しに袖を通して下さい。今まで見慣れていた街が、“人工のアウトドアフィールド”に思えるハズです。


TOKYO WHEELS with SHINICHIRO ARAKAWA(トウキョウウィールズウィズシンイチロウアラカワ)
エルゴノミックライドマウンテンパーカー
¥52,920 (税込)



TOKYO WHEELS with SHINICHIRO ARAKAWA(トウキョウウィールズウィズシンイチロウアラカワ)
ファッションデザイナー“荒川眞一郎”氏の名を冠したSHINICHIRO ARAKAWAと、TOKYO WHEELSがタッグを組んだカプセルコレクション。



--
TOKYO WHEELSでは、新入荷やお得情報を
TwitterBlogFACEBOOKなどでもつぶやいています。是非フォローしてくださいね!



writer:daigo iima

関連キーワード
TOKYO WHEELS with SHINICHIRO ARAKAWAトウキョウウィールズウィズシンイチロウアラカワ人工のアウトドア・フィールド

ITEM SEARCH

ページトップ
TOKYOlife(東京ライフ)
Loading...